お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

ARCHICAD BIM事例レポート アーネストアーキテクツ株式会社 | グラフィソフトジャパン - BIM/建築3D CADソリューション graphisoft.co.jp/users/designfi… #ARCHICAD BIM事例レポート アーネストアーキテクツ株式会社 @GraphisoftJAPANさんから

【BIMで生産性向上を目指すシンガポールIDD戦略に対応したワークフローやソフト開発を行います】IDD対応を目指す!グラフィソフトがシンガポールの設計事務所と提携/建設ITワールド ieiri-lab.jp/it/2018/09/sur… #BIM #iConstruction #Graphisoft #ARCHICAD pic.twitter.com/VgfOXYNSEz

Twitter家入龍太 建設ITジャーナリスト@ieiri_lab

返信 リツイート 9/5(水) 9:42

とは言うものの、1オブジェクト1製品が、必ずいいとは限らない その辺のさじ加減はなんともわからない いっそ切り替えられるようになればいいのか アウトラインというか、ツリー構造というか 何かそんな感じで、うまいこと #ArchiCAD #BIM

現場に入れば、製作物がどんどん細かくなっていく 本来なら、1製品1オブジェクトが理想のはず そのオブジェクトに表現密度(デフォルメ度)を色々埋め込んで、目的に合わせて切り替えれればいいのになぁ #ArchiCAD #BIM

あと、もどかしいのは、1オブジェクトの単位がうまく設定できない事 ACは特にそう 少しでも複雑な形状は、複数のオブジェクトで作らざるを得ない この辺はRevitのが圧倒的に強いはず GDLは結構なハードルがあるし (その分使いこなせたら夢は広がりそうだけど) #ArchiCAD #BIM

ArchiCADで施工図書きにくいのは、デフォルメとか任意の切断面ってのが苦手だからなんだろうなと 逆に、施工図の世界に来てみて感じたのは、データ(2D含む)上でのコミニュケーションが全く出来てない(する必要がない?) #ArchiCAD #BIM

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#ARCHICADの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(9:24時点)

この検索結果をシェア