お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

#S_HSK  穏やかなこの町に雨が降る 「外はどんなところなんやろ」なんてことは考え付かないほどに、この町の空気に一体化するかのように ドロドロと空気に溶けて、溶けて 溶けて

RT @kikakusrk: #S_HSK  描きたいものメモ  朝のおはよう 水色  猫の集会 紫  飴玉密売 緑  お昼休みのお弁当 薄水  麻雀ジャンキー 紅葉  先生と放課後 夕焼け  駄菓子屋の君と僕 オレンジ

#S_HSK  描きたいものメモ  朝のおはよう 水色  猫の集会 紫  飴玉密売 緑  お昼休みのお弁当 薄水  麻雀ジャンキー 紅葉  先生と放課後 夕焼け  駄菓子屋の君と僕 オレンジ

#S_HSK  眠れない夜はなんとなく線香や煙草を炊いて寝る。頭がクラクラとする感覚はあるが眠気に繋がる。

#S_HSK 香りというのは人物を、また何が記憶を持つものだ。 例えば薫るメビウスの香りに人物を連想させることがあるだろう。今はこの学校の教員ではなく事務員である彼の話なのだが。入学時は場所との温度差に違和感を感じたものであったとしても、今はこの香りを彼の足跡と思うことにする。

#S_HSK 教室が橙色に染まる夕暮れの校舎。 人の静かな息遣いと、サラサラペンを走らせるこそばゆい音が支配する世界。 目の前の人物は僕が書いた暗号だらけの様な数字の羅列に目を落とし、ふぅ、と息をつく。 「だめやった?せんせぇ」 その言葉と彼のグラスの奥を除けば、あいも変わらず…

#S_HSK ニコチン特有の深い深い匂いの中眠れば、浅い夢を見る。 もう暫く見ていない、見慣れてたはずの両親の背中。その背中はしっかりと覚えているのに、顔だけは子供の頃にもらったクレパスの黒で塗り殴った様に真っ黒で。 もっと良く見せて、その顔を、安心させて。 そう思えば思うほど遠くなる。

#S_HSK 心臓の深く深くでは人に怯えることもあるだろう。 人を信じるというのはシンプルではあるがそうそうできることではなく、いつでも怯えが付き纏う行為だ。 人が恋しいという心を持ち合わせる人間にとってその二つは二律背反に近しいワードになるかもしれないが、案外そうではないらしい。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#S_HSKの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(5:42時点)

この検索結果をシェア