お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

「リトミック」と「ソルフェージュ」は、それぞれ独立したものではなく一貫したものなのです。ダルクローズ教育では、これらを総合して音楽を体験していくのです。 #eurhythmics

「リトミック」と「ソルフェージュ」は、それぞれ独立したものではなく一貫したものなのです。ダルクローズ教育では、これらを総合して音楽を体験していくのです。 #eurhythmics

リトミック】日本に於いては幼児教育の分野に精通している。 #eurhythmics

ジュネーブで生まれた「ダルクローズ教育」ですが、今では世界規模のものです。日本に於いては、大正時代に教育者である小林宗作がダルクローズから直接学び、その後、教育の現場に導入しました。 #eurhythmics

動く事で音楽を感じ、学んでいくリトミック。筋肉の感覚が聴覚以上に音楽を理解出来るから。 #eurhythmics

「リトミック」と「ソルフェージュ」は、それぞれ独立したものではなく一貫したものなのです。ダルクローズ教育では、これらを総合して音楽を体験していくのです。 #eurhythmics

ダルクローズのリトミックは「動き」によるレッスンが特徴。全身の動きから音楽を理解していく事が目的。 #eurhythmics

「筋肉感覚」が繰り返し経験した事を記憶し、それがリズムを「知覚・表現する」。もっと端的な言い方をすれば、「リズム=動き」といえます。 #eurhythmics

動きを通して音楽を学ぶ、という「リトミック」の目的は、「動き」の要素を身体(筋肉感覚)で経験することで、「音楽」の要素(リズムの他に、メロディーやダイナミクス、ハーモニー等)を知覚、表現することを発達させることなのです。 #eurhythmics

乳児期の子どもは自分で出来る事が限られるため、親子リトミックでは一緒にいる大人が率先して動いて、音楽を子どもに伝えていくと効果的。 #eurhythmics

【ダルクローズ関連の本】「リトミック教育のための原理と指針 ダルクローズのリトミック」エリザベス・バンドゥレスパー著/石丸由理 訳 出版社: ドレミ楽譜出版社 ISBN-13: 978-4285122343 #eurhythmics

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#eurhythmicsの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(17:21時点)

この検索結果をシェア