お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

さらに翻って最近では SPLYZA Teams のようなツールを使って、有志メンバーが様々な試みを実施するなど、高い熱、能力をもっている人たちもいるのでぜひそのパワーは活用すべきだと。アナライジングサポーター制度に通じるところがあるけど上手くスポーツ界とリンクすると嬉しい未来がありそう。 #jsaa

一方でプロの世界では Perfomance Analyst の学位は必須だし、ただデータの分析結果を出せば良いのではなく、それを現場にどう伝えるか、どう文化として根付かせるかというところまでできるかが鍵だと。 #jsaa pic.twitter.com/5xtpr4y4Cb

JSAA OPEN SEMINAR もう一つのセッション。SNS等の浸透によって個人が試合のスタッツを手に入れたりその分析を共有することができるようになり、その中で特に秀でた人はプロチームに採用される流れも昨今はできて来ていると。ポイントは「データの持つ意味、価値をどのように解釈するか」 #jsaa pic.twitter.com/r4KGz998Oc

協力してもらい、彼らに代表チームの映像を提供した上でそれにタグ付けを行う作業を担ってもらう。代表チームは作業コストをアウトソーシングでき、AS メンバーは代表選手の映像をトコトン観ることができる。Win-Win な関係。さらに代表選手と AS メンバーはチャット(LINE)を使って(続 #jsaa

密にコミュニケーションを取ることで互いのモチベーションを上げていくという仕組みもある。全てのスポーツに当てはまるかどうかはケースバイケースかもしれないが自前で分析のコストを割けないチームはぜひ取り入れるべき手法だと思う。AS という形でチームに参画したいファンは多いはず。 #jsaa

今更ながら先日参加した JSAA OPEN SEMINAR の模様を。特に感銘を受けたのが男子ラクロス日本代表チームのアナライジングサポーター(AS)制度。現状スポーツの動画分析は人による地道な作業が必要で、多くの競技で人手が足りていない。そこで日本中のチーム(主に大学チーム)の選手たちに(続 #jsaa pic.twitter.com/BDr6gXFdM5

RT @fmanmajk: テストチームの取り組み、 そしてとりさわさん(@torifoot8 )とやらせて頂いているKemariFC(@KFC_fifaclub )の活動を #JSAA@JSAAorg)にて紹介して頂きました。 興味ある方はどなたでもテストチームに招待します…

RT @fmanmajk: テストチームの取り組み、 そしてとりさわさん(@torifoot8 )とやらせて頂いているKemariFC(@KFC_fifaclub )の活動を #JSAA@JSAAorg)にて紹介して頂きました。 興味ある方はどなたでもテストチームに招待します…

#日本スポーツアナリスト協会#JSAA)のページにサンゴリアスの須藤惇アナリストの記事が掲載されました! jsaa.org/pick-up-analys… pic.twitter.com/fa7Y0F7qXv

スマホ時代の分析チームの作り方。 参考になる話が非常に多く、たくさんの再会もあり、刺激受けまくり、新しいアイデアが浮かびまくりでした! アウトプット、発信力の時代ですね。 ただ、渋谷は僕の雰囲気には合わないですね。笑 #JSAA #オープンセミナー #学び pic.twitter.com/rjez3PHoU6

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#jsaaの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(23:21時点)

この検索結果をシェア