お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

病気の診断で言う陰陽とは生体が病気に対して激しく抵抗している時期を「陽証」とし、病気に対して反応する力が衰えている状態を「陰証」とします。=中田敬吾= #kanpo

RT @miyahiroshi: 漢方つぶやき。こんな寒い日は桂皮(シナモン)を食事に取り入れて体を温めるようにしています。パウダーも市販されていて、手に入りやすく、使いやすい。シナモン紅茶イイですよ。 #kanpo

RT @miyahiroshi: 漢方つぶやき。[補陽]cf [補陽]…陽気量をup [通陽]…陽気を体の各部にめぐらす cf [附子]…補陽+通陽 [桂枝]…通陽 #kanpo

東洋哲学では自然界のあらゆるものを陰陽の二つに分けてとらえます。漢方医学も陰陽論に基づいています。解剖、病理、生理、病気の診断すべてに陰陽の考えが入ります。多くの要素を含むため、混乱と誤解を招く事もありますが、病気の現状と予後を判定する上で重要です。=中田敬吾= #kanpo

西洋医学では、咳の患者さんには誰にでも同じような咳止め薬を出します。しかし、漢方では全身の状態を診て、いろいろな内臓の状態や抵抗力の有無が組み合わさり、咳という症状が引き出されていると考えます。したがって、同じ咳の症状でも処方が変わって来きます。=中田敬吾= #kanpo

日本の漢方は「随証治療」とよび、患者さんの示す病態がどの処方の適応症に相当するかを診断することを主としています。中医学ほど理論的で厳密ではありませんが、日本の場合は診断イコール治療処方決定となるため、臨床的には非常に便利といえます。=中田敬吾= #kanpo

もっとも基本的な証の区別に虚証、実証という区別があります。炎症が強く、症状も激しいときは「実証」であり、病気に対して攻撃的な治療をします。一方、身体が衰弱して病気に対する抵抗力が衰えているときは「虚証」として、身体の弱っている所を補う治療法を選択します。=中田敬吾= #kanpo

もっとも基本的な証の区別に虚証、実証という区別があります。炎症が強く、症状も激しいときは「実証」であり、病気に対して攻撃的な治療をします。一方、身体が衰弱して病気に対する抵抗力が衰えているときは「虚証」として、身体の弱っている所を補う治療法を選択します。=中田敬吾= #kanpo

RT @miyahiroshi: 漢方つぶやき。肝火犯胃の胃酸過多には左金丸がgood。 黄連…心火↓→肝火↓。胃火↓。苦寒。 呉茱萸…下気。制酸作用強。辛温。 この組合せにより辛開苦降→気機調節。 #kanpo

もっとも基本的な証の区別に虚証、実証という区別があります。炎症が強く、症状も激しいときは「実証」であり、病気に対して攻撃的な治療をします。一方、身体が衰弱して病気に対する抵抗力が衰えているときは「虚証」として、身体の弱っている所を補う治療法を選択します。=中田敬吾= #kanpo

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#kanpoの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(6:44時点)

この検索結果をシェア