お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

[肝臓]黄疸ではなく疲れ果てて顔色がどす黒くなった時は、疲労を取り力をつける十全大補湯や、腎の弱りを補う八味丸など、時には補中益気湯など、脈証・血や気の虚実から決めます。=細野史郎= #kanpo

[肝臓]黄疸ではなく疲れ果てて顔色がどす黒くなった時は、疲労を取り力をつける十全大補湯や、腎の弱りを補う八味丸など、時には補中益気湯など、脈証・血や気の虚実から決めます。=細野史郎= #kanpo

[肝臓]慢性の黄疸が続くと顔色がどす黒くなります。柴苓等湯に茵蔯、山梔子を入れて長い間服用すると、おいおい色も薄れ良くなります。=細野史郎= #kanpo

RT @miyahiroshi: 漢方つぶやき。[熱・寒] すべての熱は[心]につながる すべての寒は[腎]につながる #kanpo

[餅]3 特に子供の場合は、喘息、湿疹、吹き出物などがおきやすくなります。=細野八郎= #kanpo

[餅]2 リウマチの人、神経痛のある人、胃下垂の人は食べ過ぎると、治りにくくなります。また、餅は糖分代謝に異常をおこすので、皮膚病の悪化、疲労増強、抵抗力の減退などをおこします。糖尿病の方は、症状の悪化を招くことがあります。 #kanpo

[餅]1 餅は栄養学的に害はあれども益はなしというやっかいな代物です。餅は水分代謝と糖分代謝に影響を及ぼします。大便を硬くし下痢を止めたり、子供の夜尿症や老人の頻尿に効くのはこのためです。多食すると、水毒症状になります。=細野八郎= #kanpo

[気]3 持って生まれた遺伝的な元気もありますが、後天的な元気は、胃腸の働きから生まれてきます。体を鍛える方法は、いくつもありますが、つきつめていくと、胃腸の働きを強化することにつながります。=細野八郎= #kanpo

[気]2 病気は大部分は不注意からおこりますが、気が体中にみなぎっている間は少しの不養生でも病気になりません。 #kanpo

[気]1 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)は、読んで字の如く「中を補う」処方です。体の真ん中、一番大切な胃腸の働きを強め、気の力を増す薬です。気が充実していると、病気にかかりにくくなります。気の張りは、胃腸の働き如何によります。=細野八郎= #kanpo

[足のほてり]1 手足のほてりは、体の弱っている時によくみられます。夏バテに伴う場合などもそうです。夏バテは、消化機能の弱い人や、大病をした後などにも起こりやすいものですが、下半身の疲れやすい人(腎虚の人)にもよく起こります。=細野八郎= #kanpo

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#kanpoの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(15:32時点)

この検索結果をシェア