お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

夫婦間でそうしたことが起こるのは、やはり夫婦間、大人間の問題ですよね。 これらは、正確には離婚後の親子の交流を妨げる理由でも何でもなくて、単に大人の「会わせたくない」理由でしかありません。 こうして引き離された子どもは喜ぶのでしょうか? #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート1 19:01

こうして、強い大人の権利が、弱い子どもの権利の上にかぶさるのです。 しかし、これらは、決して子どもの「両親から愛される権利」の犠牲の上に成り立って良いものではないのです。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 38分前

よく、「子どもとの平穏な生活を脅かさないで…」と言われますが、それで平穏なのは大人でしょう。 正確には、「私の平穏な生活を…」で、それではエゴ丸出しなので、子どもを出汁にしている場合が引き離しのほとんどでしょう。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 22:01

今の日本の現状のように、子どもと同居する親の一存で、一方的に、子どもが両親と交流する機会を奪われてしまうことは、子どもの権利の侵害以外のなにものでもないのです。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 21:01

私たちは、この機運は、相思相愛の親子が自由に交流できない現状を変えること。 つまり、子どもが両親の手によって育まれる機会を奪われないようにするものとしてとらえています。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 20:01

夫婦間でそうしたことが起こるのは、やはり夫婦間、大人間の問題ですよね。 これらは、正確には離婚後の親子の交流を妨げる理由でも何でもなくて、単に大人の「会わせたくない」理由でしかありません。 こうして引き離された子どもは喜ぶのでしょうか? #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート1 19:01

しかし、高葛藤なのは、元夫婦であって親子ではない。 そもそも、ほとんどは耐え難い高葛藤だからこそ離婚をするんですよね。。 そして、引き離しは新たな葛藤を生む。 引き離しができる環境である限り、高葛藤の理由は減りはしません。 DVも、夫婦間のみのも #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 18:01

それに対して、交流を妨げても良いとする言い訳に、 離婚をした後も強い緊張状態を続けている葛藤の激しい夫婦や、夫婦間でのDVを引き合いに出します。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 17:01

「離婚後の親子の交流を保障するための法整備の必要性は言うまでもない。離婚と子どもをめぐる法の整備が必要であることも同様。」と言います。 これは否定のしようがないところです。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 16:01

多くの人が、子どもと非監護親との面会交流について 「子どもにとって、離婚後も父・母ともに親であることに変わりなく、離れて暮らすことになる親子が交流を続けること、両親の愛情を思う存分受けることのできる環境を整えるのは、とても大事なことだ。」と言いま #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 15:01

子どもから両親の手によって育まれる機会を奪わないようにするものとしてとらえています。 #oyakonetnagano

Twitter親子ネットNAGANO@oyakonetNAGANO

返信 リツイート 14:01

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#oyakonetnaganoの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(23:39時点)

この検索結果をシェア