お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

対烏賀陽訴訟、烏賀陽側から準備書面が届き、8月8日に大阪地裁で出された、橋下徹vs有田芳生・名誉毀損訴訟での判断、危険の引き受けの法理を主張してきました。書面に当該事件番号は無く、当該判決の証拠としての添付も無く、「」書きで判決の一部を引用。 #烏賀陽弘道ツイッター名誉毀損訴訟

元請負人が書面による契約で下請負人に補償を引き受けさせた場合においては、その下請負人もまた使用者とする。但し、二以上の下請負人に、同一の事業について重複して補償を引き受けさせてはならない。

Twitterダンダリン@労働基準法bot@worldorders2012

返信 リツイート 10/18(木) 23:55

額予定なし2割以上請求可、解約は手付けのみ、知った時から1年有効、 無効の場合知った時から1年、契約予約は締結可能、業者でないからどうか、クーリングオフは自宅と事務所、起算日から8日、代金引き渡しかつ引受、支払義務なし、書面発行のみ、移転登記あれば手付けなし、保険期間は引き渡しま

Twitter宅建士合格するマン@pp14616811

返信 リツイート 10/18(木) 16:37

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

引き受け 書面の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(4:07時点)

この検索結果をシェア