お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

ベストツイート

鍵RT> 清水克行さんの『戦国大名と分国法』、「分国法を作って公正な裁判をやろうとした戦国大名よりも、戦争が強くて気前良く恩賞を与えた戦国大名の方が勝ち残った」という身も蓋もないこと書いていて、この構図どこかで見たことあるなと思ったら『観応の擾乱』ですね…

ここ最近の、改変された時間軸の考察を読んでて思った…そうか、擾乱に足りないのは、改変された後のもだもだだ

返信先:@fujinasubi わー!強烈な辛味のコンボ! それはあれだけ苦しむはずですね(^^;; 姫さま、強い! そしてイケズ師直さん、あんまり意地悪すると観応の擾乱になっちゃいますよ♬

一見いかに現在の道徳観を擾乱するように思われるものであっても、一見いかに病的な情緒に満ちたものであっても、それが多数の健全なる理性の所有者にとっていわゆる芸術的価値を多少なりとも認め得られるとすれば、それはただその作品の中に「記録」と「予言」が含まれているに過ぎない(科学と文学)

しかし、兄上に軍事指揮権を温存した二頭政治は必然的に幕府内に派閥を発生させ、それが観応の擾乱という悲劇を生むことになってしまった。

【一色義範(1300-1369)】足利家臣。公深の次男。建武の新政から離反した足利尊氏が九州で再起すると、九州探題に任じられて現地の北朝勢力をまとめた。観応の擾乱では尊氏派に属したが、義直派や南朝方の攻勢の前に針擦原の戦いをはじめ各地で連戦連敗。大宰府を追われて京で隠遁した。

Twitterだいたい南北朝紹介bot@sanrakudog

返信 リツイート 8:44

【芳賀高名(1291-1372)】宇都宮家臣。高久の子。宇都宮公綱に仕えて倒幕戦を戦うが、南北朝対立後は南朝を支持した公綱に対して、その子の氏綱を擁立して北朝に属した。観応の擾乱では尊氏派に属して薩埵峠の戦いなどに活躍したが、主家が上杉憲顕との政争に敗れると責任を負って引退した。

Twitterだいたい南北朝紹介bot@sanrakudog

返信 リツイート 2:44

RT @ksuke813: 今日は11月11日の第4回今川トークセッションの準備。義元、氏真、氏親と来て、今回は今川発祥から南北朝・観応の擾乱と錯綜する時代の今川を見てみたいと思います。同じ現在の静岡市内で争った南朝方の狩野氏と北朝方の今川氏、狩野貞長の名前は今も狩野橋や貞長橋…

Twitter上野 良樹@規制解除@letssaga3

返信 リツイート 1:18

文書の内容や擾乱後の背景を思うと悲しくなるけど、パパ名入りの息子宛て花押文書はなんだか和む。何もかも丁寧なんだよね。 twitter.com/prunusjam/stat…

袋を開けたら買ったパンと違うパンが入っていた。大いなるパン違いだが、こんな誤配がシステム全体を揺るがすわけがない。システムは擾乱要素くらいではビクともしない。命を削って正面から対決するしかないのだ。

擾乱の夜の花盛り 牛若丸とは我のこと」 pic.twitter.com/is6xk5ZAQx

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

擾乱の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(15:26時点)

この検索結果をシェア