お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

ベストツイート

本地垂迹本説】菩薩が人々を救うため、仮に日本の神の姿をとって現れることです。本地垂迹とは、仏教が本質であり、神道が仮の姿であるという思想です。

Twitter rinritest 倫理_bot

返信 リツイート 1:17

本地垂迹本説】菩薩が人々を救うため、仮に日本の神の姿をとって現れることです。本地垂迹とは、仏教が本質であり、神道が仮の姿であるという思想です。

Twitter rinritest 倫理_bot

返信 リツイート 1:17

神道のこととか覚えて誰得なのこれ。20年間で本地垂迹説とか一度もきいたことないよ。

返信先:@capricen24他1人 天照大神の本地(本体)が大日如来であるとする本地垂迹説を、江戸時代までの民衆は信じていました。応神天皇と同一視される八幡神も、本地は阿弥陀如来とされました。徳川家康は東照大権現で、本地は薬師如来とされました。皇室の菩提寺は泉涌寺でしたし。ペリーの親書では徳川家慶が日本皇帝でした。

返信先:@subject_hyosube 日本での民間への浸透という側面で見ると本地垂迹説の方が神本仏迹説より強いんじゃないかなぁと思うんですよね。 大乗仏教(と派生した鎌倉仏教)が強すぎる……。

仏が本来の姿(本地)であり、神が我々に見える姿になって(垂迹して)出現してくるという 、本地垂迹説、神仏習合を補説 なので、一神教を理解できない我们

本地垂迹説でいきまっしょーい

本地垂迹本説】仏・菩薩が人々を救うため、仮に日本の神の姿をとって現れることです。本地垂迹=仏教が本質>神道が仮の姿、という思想です。

返信先:@liyonyon他1人 今第2章まで読んだところです。読みやすいです。聖徳太子の時代に儒教でなく仏教を選んだ理由、本地垂迹説の意味、吉田神道の意味など分かりやすく理解できました。今までのモヤモヤ感が晴れつつあります。これから続きを読みます。

22.A.奈良時代には,神宮寺の建立や神前読経など,仏教と神々の信仰との習合が生じ,平安時代には仏と神々を同体とする思想をもとに,神々を仏の化身とみなす本地垂迹説が生まれた。

Twitter nihonshi_topicA 日本史論述のトピック解答編

返信 リツイート 昨日 18:04

国風文化(10〜11世紀) かな文字 和歌の発達 紀貫之の古今和歌集、土佐日記 竹取物語、伊勢物語、源氏物語、枕草子 神は仏の仮の姿とする本地垂迹説 御霊会 #平安時代

Twitter bzliker10316 日本史B教科Bot

返信 リツイート 昨日 14:13

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

本地垂迹の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(2:35時点)

この検索結果をシェア