お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

RT @masahoo11: @Che_SYoung 嘗て筋金入りの「反共」国家だった大韓民国も変わったものです。田中明『韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか』に掲載されていた昔の記事を読むと、昔と今の変化を思い知らされます。

は日本丸という船に乗船していた。反戦の士も、日本の命運を憂え、命がけで行動したのだ。それはいまの安穏なニヤケた”反戦平和運動゛とは違っていた。日本がどうなるのか、と誰しもが思っていた時代との差である。 と田中明氏は書いている。古谷何某には持ちえない視点だよ。

何度でも書くけど、元慰安婦だった婆さんを、韓国社会はどうみて来たのか、田中明氏や武藤元大使のように古くから、韓国に関わって来た人は知っているんだよ。韓国は元慰安婦を出汁にすることは、結局のところ自分たちの民度を他国に知らしめている面だってあるんじゃないか。

田中明隣店 (@ セブンイレブン 水戸渡里町西店 - @711sej in 水戸市, 茨城県) swarmapp.com/c/2xHqZt4YSL0

返信先:@Che_SYoung 嘗て筋金入りの「反共」国家だった大韓民国も変わったものです。田中明『韓国はなぜ北朝鮮に弱いのか』に掲載されていた昔の記事を読むと、昔と今の変化を思い知らされます。

RT @masahoo11: 日本丸という船に乗船していた。反戦の士も、日本の命運を憂え、命がけで行動したのだ。それはいまの安穏なニヤケた”反戦平和運動゛とは違っていた。日本がどうなるのか、と誰しもが思っていた時代との差である。 と田中明氏はかいている。

Twitterヤナコーナ・アクリャ@kurakacacique

返信 リツイート 6/5(水) 17:51

RT @masahoo11: ことで、朴正煕大統領はそのことが民と国家を結びつける紐帯となり、国に対する信頼を得られるだろうと考えていたと田中明氏は書いていた。そしてそれは一定程度の実績を残したのだが、大統領の死後、それはその定着がまだまだだったことが露呈する。

Twitterヤナコーナ・アクリャ@kurakacacique

返信 リツイート 6/5(水) 17:34

RT @masahoo11: 宗族利己主義が跋扈しているのは、田中明氏に言わせると誰も守護者がいないために血族と言うものでもって団結して、自分たちを守ってきた。それだと近代化の障害になると考えたのが、朴正煕大統領だと古田先生は書いていた。また経済発展によって国が富強になり、民が…

Twitterヤナコーナ・アクリャ@kurakacacique

返信 リツイート 6/5(水) 17:33

昔昔、田中明氏が相互批判できるオープンな関係を築くべきだというようなことを書いていた。「嫌韓」という一言で片づけるのは雑な論議だろう。韓国の現状や歴史に鑑みての批判はあれど、韓国が同様の視点で日本を批判することはほとんどないのが現状で、あるのは中傷がほとんどじゃないの。>RT

ことで、朴正煕大統領はそのことが民と国家を結びつける紐帯となり、国に対する信頼を得られるだろうと考えていたと田中明氏は書いていた。そしてそれは一定程度の実績を残したのだが、大統領の死後、それはその定着がまだまだだったことが露呈する。

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

田中明の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(10:49時点)

この検索結果をシェア