お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

2012以前上限無 2013年1500万円超→上限245万円 2016年1200万円超→上限230万円 2017年1000万円超→上限220万円 2020年850万円超→ 上限195万円 給与所得控除の縮小は段階的に実施。 今年~年850万円超の人も対象。 今後も"確実に"縮小が進む。 給与所得者は興味を持て。 10年前迄は上限無だぞ?

RT @7thclouds: #自民党 #安倍政権 #格差解消 #ワーキングプア 解消 へ本気で富裕層応分増税で #給与 #雇用 上昇可処分所得維持拡大消費維持景気拡大税収増化 #貧富の差 縮め>中低収入の会社員は、給与所得控除の縮小分と基礎控除の引き上げ分が同じになるようにし…

Twitter冨田麻里(7thclouds公式ツィート@7thclouds

返信 リツイート 12/31(火) 3:58

新しい記事が投稿されました: 所得税改正案、誰が得をする?基礎控除拡大と給与所得控除の縮小 #軽減税率 #消費税 #キャッシュレス keigenzeiritsu.info/article/15645

Twitter消費税・軽減税率情報Cafe@keigenzei

返信 リツイート 12/27(金) 14:59

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

給与所得控除の縮小の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(4:36時点)

この検索結果をシェア