お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

坂井孝一著「承久の乱」(中公新書)読了。まず乱勃発に至るまでを白河院政確立から語って京と鎌倉の動きを跡付け、後鳥羽院と将軍実朝の蜜月を詳述。そして乱後の公武の力の変化。目配りが利いて材料豊富、冷静平易な筆致の好著。鎌倉右大臣横死から執権義時追討院宣への院の心。有力史料不在が残念。

坂井孝一著「承久の乱」(中公新書)読了。まず乱勃発に至るまでを白河院政確立から語って京と鎌倉の動きを跡付け、後鳥羽院と将軍実朝の蜜月を詳述。そして乱後の公武の力の変化。目配りが利いて材料豊富、冷静平易な筆致の好著。鎌倉右大臣横死から執権義時追討院宣への院の心。有力史料不在が残念。

朝間、前の大将より示し送らるる事有り。秀衡・助職等の事なり。相次いで院宣到来す。子細同前。 太政官謹奏、(中略)越後国 守従五位下平朝臣助職(城長茂) 養和元年八月十五日 親房は、基親息、前の近江の守なり。秀衡・助職の事人以て嗟歎す。 『吉記』 養和元年八月十五日条

頼朝は義経の死後、朝廷に藤原泰衡追討の院宣を求める。後白河は「もういいじゃんそこまでしなくて」と渋るが、頼朝は藤原絶対潰すマン。部下からも「もう院宣とかなくていいんじゃないすか」と言われ、頼朝は奥羽を征伐。院宣が届いたのは泰衡の死後。頼朝が朝廷を圧倒していたことが象徴される。

Twitter源義経 史料に基づきbot@shijituyoshitun

返信 リツイート 昨日 20:18

RT @quiriu_pino: 南北朝期くらいから、地方の武士とか寺社に宛ててダイレクトに院宣・綸旨が出るようになる。これは王権の強化策ともいえるし、逆に天皇とか上皇が「安っぽくなった」ともいえる、とかとか。

Twitter谷 慶彦 たによしひこ屋号いなばや@94E1tT2TMZTZO0w

返信 リツイート 昨日 18:08

あと10分で月曜日じゃ。にいと以外は早く寝るのじゃ。さもなくば討伐の院宣を下すぞ。

1 2 2 1 いつ着いたの?承久の乱 1221年 承久の乱。 後鳥羽上皇が北条義時追討の院宣を発し、挙兵したが、北条泰時・時房に敗れた。 この対戦の前には、前天台座主慈円が愚管抄を表して上皇を諌めていたが、効果はなかった。

Twitter受験!日本史暗記bot@jyuken_ankibot

返信 リツイート 1/20(日) 16:00

私は執権になる前は六波羅探題北方四代目だったんだ。京の守護や公武の間を取り持つ役割だね。院(後嵯峨院)もお優しかったし、そんなに大きな事件はなくて平和だったよ。宝治2年(1248)の7月に院を呪詛した大和の僧を捕まえたり、8月に院宣で南都興福寺で起こった騒ぎを止めたくらい?

回りくどいことをなさったものですな。院宣を出したかどうか調べたければ、院にお尋ねすればそれで済んだはず。それをなさらなかったは?

鎌倉時代の戦い、承久の乱 武士対朝廷のこの戦いのヒーローは北条政子  後鳥羽上皇が出した北条義時追討の院宣に動揺する 東国武士団に向かって、 「頼朝の恩に報いるのは今ではないか」 と大演説。東国武士をまとめあげた へえーと思ったらRTしてね!

Twitter面白・歴史雑学教室@rekishi555

返信 リツイート 1/19(土) 14:28

10 8 6 当店病む、院政の準備に 1086年 白河上皇が堀河天皇に譲位して院政を開始 仕組みとしては、院庁を置き治天の君として権力を振るう。院庁の職員は院司、院の命令は公的な院庁下文と私的な院宣がある。また、白河上皇は北面の武士も作った。

Twitter受験!日本史暗記bot@jyuken_ankibot

返信 リツイート 1/19(土) 12:00

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

院宣の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(14:21時点)

この検索結果をシェア