お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

【仏ログ】飛騨国分寺で住職ご説明で平安時代の仏像を参拝させていただいた。中央の薬師如来坐像は昭和まで秘仏であったためとても綺麗な姿。右隣の聖観音立像は非常に大きな観音像で同じ岐阜の願興寺の諸像が思い浮かんだ。国分寺はやはりすごい! pic.twitter.com/nzSXy3MJDh

兼山の隣・御嵩町にある願興寺。 最澄が建てたとされているが、奈良時代の瓦が見つかっており歴史は相当古いと思われます。 兵火で焼失したりしたものの、地元住民の力により再興されました。 ある少年がここで幼少期を過ごし、後に『笹の才蔵』と恐れられる猛将になるのはまた別の話。 pic.twitter.com/xvlCAOvItC

Twitter kamata810 森長可(武蔵守)@生誕460年!

返信 リツイート3 7/14(土) 7:02

【仏ログ】蟹薬師の開帳で訪問した岐阜県御嵩町の願興寺はなぜこんなところにこんな仏像が?!という、開いた口がふさがらない収蔵庫がある。本尊の薬師如来は12年に1度の開帳だけれども収蔵庫の仏像たちは予約すればいつでも拝観できるよ★ pic.twitter.com/YXurOFqUk5

【仏ログ】岐阜県御嵩町の願興寺の本尊は大量の蟹の背中に乗って現れたという伝承が残る薬師如来。胎内には金色の胎内仏がいらっしゃるそうだ。仏像の心と身体。それを大事に護るお寺や地域の方々、参拝の人々を嬉しそうに迎える表情が忘れられない。 pic.twitter.com/irgqUUl1NZ

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

願興寺の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(15:19時点)

この検索結果をシェア