自動更新

並べ替え:新着順

ベストツイート
メニューを開く

"フッサールの直弟子にして共同研究者であったE・フィンクに師事し、日本の現象学を切り拓いた新田義弘。その先駆的な哲学を解き明かし、来たるべき現象学の多様な展開像を示す": 河本英夫, 武内大 編著『現象学 未来からの光芒 新田義弘追悼論文集』 hanmoto.com/bd/isbn/978490…

悪漢と密偵 @BaddieBeagle

メニューを開く

もし記憶された言語というものがなく、すべての言語がその時の意味付与と直結している音声言語だったら、すべての言語は時間上の私的言語である今的言語になってしまう――これはJ・デリダが『声と現象』においてフッサールを批判した際の主要論点であった。『私今神』

永井均bot @N1951_bot

メニューを開く

フッサールの仕事は彼的にはデカルト2.0 デカルトがやってた「ホントに自分に認識できてるものってなあに」問題をもっと厳密に扱いたかったので、その為の足掛かりにしていたものが「現象学」。だからすべての学の「厳密学としての哲学」だとも彼は息巻いてた。

語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum

メニューを開く

「どうして見詰められるんだよ」と言われると回答に困るんだけど、それがなぜフッサールが出来るとおもったのか、と言うのは恐らく、「数学の絶対性を現実の諸経験にも適用したいと思ったから」だと思う

語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum

メニューを開く

何故そうするか、フッサール曰く 「意識は、常になにものかについての意識である」から。

語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum

メニューを開く

元ネタ会話もフォロワーに見せて貰ったけど、元ネタの元ネタは、哲学者「エドムント・フッサール」が考え出した手法の「現象学」。 twitter.com/Yur1isBest/sta…

紅茶の民@Yur1isBest

ローランくんのこのセリフに反論できない……誰かラオル現象学クラスタ(???)の人助けて……

pic.twitter.com/zsEJtRzPJ8

語られざるもの、悉若無@ベイクベリー専業農家(🌳)(💧) @L_O_Nihilum

メニューを開く

小松左京は学生のときにフッサールの「ヨーロッパ諸学の危機と超越論的現象学」をノートに丸写ししてたらしいし、ガチ独学で勉強する人は、どの分野に対してもこれくらいの熱量はないといけないのかもしれない。

こべこべ @kobe_kohbe

メニューを開く

9時。また寝る。起きる。12時過ぎ。あるとぱん買ったのをまるまる。大学。暖かい。前庭。ささくれ。フッサール。わかりやすい比喩。逆に困る。サイゼ。20時閉店のはず。急かされない。急かさない。徒歩。深夜徘徊。今となっては深夜。あれは南大阪線。もう深夜。まだ早い。

ゆた @Utah0703

メニューを開く

日記 1.町田健『ソシュールと言語学』 ・アナグラムに重点置いた丸山圭三郎の著書とはまた違う印象 2.大学へ ・久々に学情地下 3.サンスクリット語 ・曲用よりも先に音論を 4.フッサール ・今日は具体例も多めでわかりやすい →らしくないじゃん ・ギリギリサイゼ ・杉本町〜南海堺まで歩く →約1時間

よっしーof 木戸 @yoshi_tubugumi

メニューを開く

フッサール著、浜渦辰二訳『デカルト的省察』の第5省察も、ようやっと残り僅かとなった。 しかしまだその次に、結論が控えている。 どうしようもない読書の遅さ。 連日大雪が続き、除雪に追われていたこともあるが、それにしても読書の速度が遅い。除雪は言い訳に成らない。 フッサール自体難しいが。

白砂一樹 @zinruishimetsu

メニューを開く

西洋にそびえる巨大思想山脈に取り組んでみた:『現象学の理念』(フッサール著)/『存在と時間』 (ハイデッガー著) tech-dialoge.hatenablog.com/entry/2018/04/… #bk_it

三津田治夫@『ゼロから理解するITテクノロジー図鑑』 @HM_heroes

メニューを開く

『現象学とは何か 哲学と学問を刷新する』 #竹田青嗣 #西研 フッサール現象学の核心を改めて問い、これまでの理解を批判的に検討した上で、教育学・社会学・医学・心理学への応用可能性を拓く… 買う : hb.afl.rakuten.co.jp/hgc/g00q0728.9… 借りる : lib.city.minato.tokyo.jp/licsxp-opac/WO… 港区立図書館 所蔵館 : 港南

港区立図書館新着資料 @LibraryMinato

メニューを開く

→ 記号の可能性は、この死への関係であって、声が基盤の形而上学における記号の規定の消去は、それにも関わらず意味作用を生み出していた「死への関係の隠蔽なのである。 (デリダ「声と現象」は「フッサール現象学批判」です

houzou1947 @houzou1947

メニューを開く

だから、カントとフッサールをやり直さなきゃいけないなと感じている。わけわからん。

@dfuz4

メニューを開く

いわゆる自明な構造形式といったものを、確実なものとして前もって承認することはできない。なぜなら……結局、論理学全体を学問の理論として前提することになるが、ところがその論理学もまた、すべての学問の改革の中へ組み入れられるべきものだからだ。(フッサール

tetsugaku @tetsugaku1

メニューを開く

→つまり、フッサールの「射映」概念自身がすでにひとつの「客観化」あるいは「理念化」をもたらす図式だということになる。 色彩の哲学37〜38

勉強用BOT0 @harukaka0

メニューを開く

立松 弘孝 フッサール・セレクション (平凡社ライブラリー659) amzn.to/3iwaJQA 「第一人者による最上のアンソロジー。哲学とは何か、学問の基本理念が動揺した時代にフッサールはいかに対処したか。「哲学および学問の性格」以下、フッサールのエッセンスを収録する」

こんぷら @shopping_365

メニューを開く

「私だってかつては14年間の私講師生活を送ったのです」フッサール 1931年11月13日付、インガルデン宛書簡

偉人の(どうでもいい)言葉 @ijinkotoba

メニューを開く

→しかしながら、明らかに、フッサールの世界の方が、メルロ=ポンティの世界に比べて、(同一の)対象構成、及びそれと結びついた空間構成という点に関してはより高次の段階にあるように思われる。→

勉強用BOT0 @harukaka0

メニューを開く

返信先:@Ruivuitton_2525先週お休みだったからワイも早くフッサールやりたE

イッチ(おにぎり氏) @onigili_fighter

メニューを開く

地平とは、あらかじめ描かれた潜在性である。それゆえわれわれは、それぞれの地平を、その中に含まれているものに関して問い、解明し、こうして意識生命のそのつどの潜在性をあらわにすることができる。(フッサール

tetsugaku @tetsugaku1

メニューを開く

これまで発見されていなかったフッサールの1913年の書簡がBrentano Studien最新号に掲載されるらしい。これは読んでおきたいな。brentanostudien.com/volume-17-2019…

植村玄輝(UEMURA, Genki) @GenkiUemura

メニューを開く

レポート代行からいいね来たけどレポート代行ってフッサールの自我論についてのレポートもカバーしてくれるんですか????

𝕁𝕠𝕠𝕁 @JooJ_wall

メニューを開く

返信先:@tkmpkm1_mkkrヴィトゲンシュタインと同年生まれのハイデガーが奇しくもそういう区分をされてますね 有名どころだと、あとはフッサールでしょうか 奇しくも緩やかに繋がりのある三人です twitter.com/moroQma/status…

諸隈元シュタイン@moroQma

体系的哲学者:建設的で、議論を提起 啓発的哲学者:反抗的で、諷刺や箴言を提示 ローティが"革命的"哲学者を選び、それを更に二分した比較が面白い 前者は(デカルトとカントのような)フッサールとラッセル 後者は(キルケゴールとニーチェのような)後期ヴィトゲンシュタインと後期ハイデガー

pic.twitter.com/8qNhD0Vr1j

諸隈元シュタイン @moroQma

メニューを開く

→このように考えてくるなら、フッサールの射映概念を色彩現象に適応しうる範囲は、表面色(あるいは空間色)という色彩のあり方に限定されることになるだろう。 色彩の哲学30〜32

勉強用BOT0 @harukaka0

メニューを開く

ルプレザンタシオンとしての再現が、言いかえれば…「端的な現前」であるのは、フッサールが「過去把持」を知覚の現在との「連続的和合(kontinuierliche Vermittlung)」として理解することに基づいているのである。

Zeit der Bücher @ZeitDerBucher

メニューを開く

返信先:@_Unterschiedそうですね。ただ、フッサールとなると、哲学をある程度学んでいない方にとってはちょっとハードルが高くなってしまうかもしれませんね…今までは誰でも参加出来るをコンセプトにしていたのでその点悩みどころです

@dfuz4

メニューを開く

→これは典型的な色彩の恒常性と呼ばれる現象であり、また、フッサールのいう「射映」現象の典型例であると考えられる。→

勉強用BOT0 @harukaka0

メニューを開く

「私が絶対的な明証の中に留まる事ができるのは、私が一切の肯定を差し控える場合や、フッサールが望んだ様に私が世界を前にして驚き、世界との共犯関係をやめて、むしろ私をその関係に縛り付けている動機付けの流れを出現させて私の生を完全に目覚めさせ顕在化させる場合だけである(ポンティbot)」

共和制の魂・メモ @inakanoaoisora

メニューを開く

私が絶対的な明証の中に留まる事ができるのは、私が一切の肯定を差し控える場合や、フッサールが望んだように私が世界を前にして驚き、世界との共犯関係をやめて、むしろ私をその関係に縛り付けている動機付けの流れを出現させて私の生を完全に目覚めさせ顕在化させる場合だけである。『知覚の現象学』

メルロ゠ポンティbot @merleaupontybot

メニューを開く

次、読書会やるならフッサールがいいな

@dfuz4

メニューを開く

【先学の難点】デカルトであれフッサールであれ、認識の根拠を求めて「意識」をその出発点に取ると、意識にともなう主観的性質がどこまでも前景化してしまい、この世界には他者の心や他者の意識が登場する余地がまったくないように見えてきてしまう、ということである。(p.161)

田中彰吾『生きられた〈私〉をもとめて』bot @ikiraretawa_bot

メニューを開く

[新刊発見] 2021-02-16 フッサールの他者論から倫理学へ 鈴木 崇志 [単行本] sinkan.net/?action_item=t… #sinkan

中間小説研究会 @intermoebius

メニューを開く

具体的体験こそ、まさしく注視のまなざしが向けられるものであり、ただ哲学的自我である注視する字がは、直観されたものに対して態度を決定することをさし控えるのである。(フッサール

tetsugaku @tetsugaku1

メニューを開く

「私が哲学史上の偉大な人々、特にフッサールから学んだものは、無益で脆弱な経験的言説の内部にとどまらないためには超越論的な問いを提起しなければならないこと、したがって経験論、実証主義、心理主義を避けるためには、超越論的な問いを果てしなく革新する必要があるということでした。(156頁)」

一色@本垢 @onecolor_book

メニューを開く

フッサール・セレクション、小さいフが使われている pic.twitter.com/QF3Sf0QEWW

d酒う @d_sake_u

メニューを開く

【朝カル新宿(@asakaruko)「現象学の根本問題へ」第4期「自然の現象学」】最終期第1回目の今夜は、古代から現代までの自然観を辿ったうえで、フッサール・ハイデガー・メルロの「自然の現象学」の基本的な意図を究明。今回も質疑はやはり刺激的でした。次回2/2(火)です! asahiculture.jp/course/shinjuk… pic.twitter.com/lgJ45bqH64

Motoki Saito @eksistenz

メニューを開く

フッサールは自由意思や決定論などの問題から、時間概念を因果関係や理性に還元するような線形時間の概念を否定してる。仏教哲学のヴァスヴァンドゥも初期仏教のリアリズムやカルマ(因果関係)決定論を否定する過程で線形時間の概念を否定してる。ここの関係に目をつけてトピックの質問に答えていく!

メニューを開く

今日教授と卒論に関しての一回目のミーティングをしてついに卒論のトピックとメソドロジーが決まりました!トピックは "How to think about time in non-linear way?"で現象学のフッサールと仏教哲学のヴァスヴァンドゥ(世親)の比較をします。

メニューを開く

フッサールの間主観性における超越論的論理学の可能性について」とかの方がウケはよかったんじゃないかと。😅 知らんけど。

中山 高広zz @TAKAHIRO_NAKA_

もっと見る

電車遅延(在来線、私鉄、地下鉄)

北海道東北関東中部近畿中国四国九州
全国の運行情報(Yahoo!路線情報)
よく使う路線を登録すると遅延情報をお知らせ Yahoo!リアルタイム検索アプリ