お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

【居住用建物の賃貸借の承継】 【借地借家法36条】 「建物の賃借人が相続人なしに死亡した場合…その当時婚姻…届出をしていないが、建物の賃借人と【事実上夫婦…関係にあった同居者が】あるときは、その同居者は、建物の賃借人の権利義務を【承継する】」 #債各

【居住用建物の賃貸借の承継】 【借地借家法36条】 「建物の賃借人が相続人なしに死亡した場合…その当時婚姻…届出をしていないが、建物の賃借人と【事実上夫婦…関係にあった同居者が】あるときは、その同居者は、建物の賃借人の権利義務を【承継する】」 #債各

【費用償還請求権の存続期間】 ┳ ┃【必要費償還請求権】 ┃【 費用投下時から10年】 ┃ ┃ ┃ ┣┓【有益費償還請求権】 ┃┃【契約終了時から10年】 ┻┃  ┃  ┣┓【除斥期間】  ┃┃【引渡受けてから1年】  ┃┃  ┃┃  ┻┃   ┃   ┃   ┻ #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 9:28

Q 用法違反による損害賠償及び使用借主・賃借人が支出した 費用の償還は、使用貸主・賃貸人が目的物の返還を受けたと きから1年以内に請求しなければならない →◯ 621、600条「損害の賠償及び借主が支出した費用の償還は、貸主が返還を受けた時から一年以内に請求」する #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 8:28

Q 請負の担保責任について、瑕疵の修補が可能な場合には、注文者は、まず修補を請求しなければならず、修補請求をすることなく直ちに損害賠償請求をすることは許されない →× 「注文者は、瑕疵の修補に代えて、又はその修補とともに、損害賠償の請求をすることができる」(634Ⅱ) #債各

Q Aを貸主、Bを借主とする使用貸借契約は、Aの死亡によってその効力を失う(新23-27) →× 使用貸借は無償であり、貸主借主の個人的な対人関係に基づくことが一般であるから、借主の死亡によっては、相続が生じずに消滅するが、貸主の死亡は契約の消滅原因とされていない #債各

【返還時期】 579条 Ⅰ【契約で定めた時期】 ↓時期の定めなし Ⅱ本【使用収益の目的達成時】 ↓未達成でも Ⅱ但【使用収益に足りる期間を経過時】 ↓目的も定めなし Ⅲ【いつでも返還を請求可】 ※599条「使用貸借は、【借主の】死亡によって…効力を失う」 #債各

Q 使用貸借契約の目的不動産に瑕疵があり、貸主がそれを知らなかったことについて過失がある場合、貸主は担保責任を負う →× 596条が贈与に関する551条を準用するから、瑕疵を知りながら告げなかったときに限って責任を負う(551Ⅰ但書)。過失の有無は問わない #債各

Q 使用貸借の借主は、目的物について支出した通常の必要費及び有益費については、その償還を請求できない(旧22-27) →× 無償性ゆえ通常の必要費はできないが、特別の必要費や有益費を借主が負担したときは、196条の規定にしたがい、償還請求できる(595Ⅱ、583Ⅱ) #債各

595Ⅰ「借主は…通常の必要費を負担」 同Ⅱ「583Ⅱの規定は」それ以外の費用に準用 583Ⅱ「(借主)が費用を支出したときは、(貸主)は、196条の規定に従い…償還」 196Ⅰ「必要費を…償還」 同Ⅱ「有益費は…回復者の選択に従い…支出した金額又は増価額を償還」 #債各

Q 甲建物の使用貸借契約において、甲建物内の蛍光灯が切れたので、使用借主Bが新しいものに交換した場合、Bは使用貸主Aに対して蛍光灯の代金を請求できる(新23-27) →× 595条「借主は、借用物の通常の必要費を負担する」。無償で使用・収益できることと均衡を図る #債各

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#債各の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(10:54時点)

この検索結果をシェア