お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

Q 委任契約が受任者の利益のためにも締結された場合、委任者は651Ⅰにより解除できない →× 原則できない(大判大9.4.24)が、受任者が著しく不誠実な行為に出た場合(最判昭43.9.20)や、委任者が解除権を放棄したとは解されない場合(最判昭56.1.1)はできる #債各

Q 委任契約が受任者の利益のためにも締結された場合、委任者は651Ⅰにより解除できない →× 原則できない(大判大9.4.24)が、受任者が著しく不誠実な行為に出た場合(最判昭43.9.20)や、委任者が解除権を放棄したとは解されない場合(最判昭56.1.1)はできる #債各

Q 有償の委任契約を締結するためには、書面によることを要する →× 委任契約は、諾成・不要式契約である #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 17:28

Q 注文者が死亡したときは、請負契約は終了する(新24-27) →× 請負契約特有の終了原因として、【任意解除】(641条)と【注文者の破産手続の開始による解除】(642条)があり、委任契約の場合(653①)とは異なり、注文者の死亡は、終了原因として、規定されていない #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 16:28

Q 注文者が、元請人との間の請負契約を債務不履行を理由に解除し、その旨下請人に通知した場合、その通知した時に、元請人と下請人との間の下請契約は終了する →× 元請負契約と下請負契約は別個の契約であるから、元請契約の解除の影響は受けず、当然に終了するわけではない #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 15:28

Q 注文者は、請負人が仕事を完成しない間であれば、賠償金の現実の提供をせずに、単に解除の意思を通知するだけで解除できる →◯ 任意解除において、賠償は解除の要件ではなく、まず解除して、その後に請負人に損害があれば、賠償の責めに任ずるものとされる(大判明37.10.1) #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 14:28

Q 請負契約において、請負人は仕事の完成するまでの間いつでも、注文者の受ける損害を賠償すれば、その契約を解除できる(旧58-5) →× 641条文「請負人が仕事を完成しない間は、【注文者は】、いつでも損害を賠償して契約の解除をすることができる」 #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 13:28

Q 建物の瑕疵担保責任追求期間は、注文者が引渡しを受けた時から、1年以内に行使する →× 638Ⅰ「建物…の瑕疵について、【引渡しの後5年】」が原則であり、同Ⅱ「瑕疵によって…損傷したときは…【損傷の時から】1年以内」となる。 #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 12:28

Q 仕事を完成して目的物を引渡すことを内容とする請負において、注文者による瑕疵修補の請求は、目的物を引き渡した時から1年以内にしなければならない(新24-27) →◯ 637「瑕疵の修補又は損害賠償の請求及び契約の解除は、仕事の目的物を引き渡した時から一年以内に」する #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 11:28

Q 建物の建築請負契約において、仕事の目的物である建物に瑕疵があり、そのために契約した目的を達できな いときは、注文者はそのことを理由として契約の解除できる →× 635「注文者は、契約の解除…できる。ただし、【建物その他の土地の工作物】については、この限りでない」 #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 10:28

Q 注文者が請負目的物を第三者に譲渡した後は、注文者は目的物の瑕疵の修補の請求や瑕疵の修補に代わる損害賠償を請求できない →× 瑕疵担保責任追及権は、注文者たる契約上の地位に基づいて認められるものだから、第三者に譲渡した後も、追及できる(大判大4.12.28) #債各

Twitter債権各論択一bot@TakuitsuBot_CD

返信 リツイート 9:28

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#債各の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(21:16時点)

この検索結果をシェア