お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

【第337条】 「【不動産…先取特権】の効力を保存するためには…登記」が必要 【第338条】 Ⅰ「不動産の【工事の先取特権】の効力を保存するためには…登記」が必要 【第339条】 「【前二条の】規定に従って【登記をした先取特権】は、【抵当権に先立っ】て行使…できる」 #担物

【第337条】 「【不動産…先取特権】の効力を保存するためには…登記」が必要 【第338条】 Ⅰ「不動産の【工事の先取特権】の効力を保存するためには…登記」が必要 【第339条】 「【前二条の】規定に従って【登記をした先取特権】は、【抵当権に先立っ】て行使…できる」 #担物

Q BがAに対して有する甲債権を被担保債権として、A所有の土地に抵当権を設定した。甲債権をCが全額弁済した場合、付従性により抵当権は消滅する →× 【第三者弁済】(474)の場合は【代位】(499、500)により弁済者は抵当権を行使できるから(501)消滅しない #担物

Q AはBに対する債権を回収するため、BのCに対する債権の取立委任を受けたが、BのCに対する債権に譲渡禁止特約がある場合、取立委任は無効になる(旧13-40) →× 代理受領により、Aは債権の【受領権を取得するのみ】であり、債権譲渡を受けるわけでないため無効にならない #担物

Q 根抵当権の一部譲渡とは、根抵当権を2個の根抵当権に分割して、その一方を譲り渡すことをいう →× 根抵当権の【一部譲渡】とは「譲渡人が譲受人と根抵当権を【共有するため、これを分割しないで】譲り渡すことをいう」(398の13)。2個に分割して譲る方法は,単に譲渡である #担物

Q 金銭債権の取立委任を受けた債権者は、当該債権を差押さえた委託者の債権者に対し、優先弁済を受ける権利がある事を主張できる →× 代理受領により、受託者が取得する権利は債権の受領権のみであり、第三債務者に対する債権者としての地位を有するのは委託者であるから主張できない #担物

Q 売主Bに所有権が留保された自動車が、買主Cにより、A所有の甲土地上に無断駐車されているとき、Aは弁済期の前後を問わず、Bに自動車の撤去を請求できる →× 弁済期が到来するまでは動産の交換価値を把握するだけだから撤去義務を負わないが、経過後は処分権を有するから負う #担物

Q 根抵当権の一部譲渡とは、根抵当権を2個の根抵当権に分割して、その一方を譲り渡すことをいう →× 根抵当権の【一部譲渡】とは「譲渡人が譲受人と根抵当権を【共有するため、これを分割しないで】譲り渡すことをいう」(398の13)。2個に分割して譲る方法は,単に譲渡である #担物

Q 譲渡担保権によって担保されるべき債権の範囲は、設定契約の当事者間において元本、利息及び遅延損害金について自由に定めることができ、抵当権の場合におけるような制限はない(新23-16) →◯ 375条又は398条の3の規定に準ずる制約を受けない(最判昭61.7.15) #担物

Q 設定者は被担保債権の弁済期経過した後に、目的物の受戻権を放棄し、譲渡担保権者に対し、清算金を請求できる →× 譲渡担保権者が、清算金の支払ないし清算金がない旨の通知もしない間に、受戻権を放棄しても、清算金の請求はできない(最判平8.11.22) #担物

Q 債権譲渡担保の実行は、譲渡された債権を確定的に譲渡担保権者に帰属させ、清算金を譲渡担保の設定者に支払うという方法によらなければならない(旧13-37) →× 帰属清算方法のほか、処分清算方法も認められる #担物

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#担物の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(1:08時点)

この検索結果をシェア