お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

Q 甲乙丙の各200万円の債権を被担保債権として甲に1番、乙に2番、丙に3番の各抵当権が設定された不動産が300万円で競売された。甲丙間で抵当権の順位の放棄がされていた場合、丙は150万円の配当を受ける →× 放棄当事者間で債権額に比例して平等に配分されるから100万 #担物

Q 甲乙丙の各200万円の債権を被担保債権として甲に1番、乙に2番、丙に3番の各抵当権が設定された不動産が300万円で競売された。甲丙間で抵当権の順位の放棄がされていた場合、丙は150万円の配当を受ける →× 放棄当事者間で債権額に比例して平等に配分されるから100万 #担物

Q 抵当権の順位に変更は、順位変更登記をしなければ第三者に対抗することはできないが、登記は成立要件ではないため、登記をしなくても順位変更の効力は生じる →× 374Ⅱ「順位の変更は、その登記をしなければ、その【効力を生じない】」 #担物

Q 抵当権者は、抵当不動産の不法占有者に対し、抵当権に基づいて、所有者の妨害排除請求権代位行使として自己に明渡しを求めれる →◯ 抵当権自体の妨害排除請求権行使と異なり、所有権者の妨排権の【代位行使の効果】として、直接自己への明渡しを認める(最大判平11.11.24) #担物

Q 根抵当権の一部譲渡とは、根抵当権を2個の根抵当権に分割して、その一方を譲り渡すことをいう →× 根抵当権の【一部譲渡】とは「譲渡人が譲受人と根抵当権を【共有するため、これを分割しないで】譲り渡すことをいう」(398の13)。2個に分割して譲る方法は,単に譲渡である #担物

Q 抵当権者は、抵当不動産の不法占有者に対し、抵当権に基づいて、妨害排除請求権の行使として自己に明渡しを求めれる →× 所有権者の妨害排除請求権の【代位行使と異なり】、抵当権自体の妨害排除請求権行使の効果として、直接自己への明渡しを認めるかについては、判示されていない #担物

Q 抵当目的物の建物の賃借人Cが、賃貸借が終了したため、抵当建物に設置したCの造作を運びだそうとした。抵当権者はCに対して搬出差止請求できる →× 従物も「不可一体物」だが、従物といえるためには、【主物と同一の所有者】に属することが必要である(大判昭19.2.20) #担物

Q 物上保証人が、抵当目的である自己所有の建物を壊してしまった場合、抵当権者は弁済期以後であれば、抵当権実行前でも、物上保証人に損害賠償請求できる →◯ 弁済期以後であれば抵当権を実行可能であり、訴訟時の目的物の価額を基準に、損害発生を確定できる(大判昭7.5.27) #担物

Q 根抵当権の一部譲渡とは、根抵当権を2個の根抵当権に分割して、その一方を譲り渡すことをいう →× 根抵当権の【一部譲渡】とは「譲渡人が譲受人と根抵当権を【共有するため、これを分割しないで】譲り渡すことをいう」(398の13)。2個に分割して譲る方法は,単に譲渡である #担物

Q 設定者が、抵当地を農地から宅地に変更した場合、抵当目的物の交換価値を侵害された抵当権者は、抵当権に基づいて損害賠償を請求できる(旧43-35) →× 農地を宅地に変更することは一般に土地の価値を高めるものといえ、交換価値を侵害したことにはならず損害賠償請求できない #担物

Q 山林が抵当権の目的である場合において、抵当権設定者がその地上の立木を不当に伐採しようとするときは、抵当権者は抵当権設定者に対してその禁止を請求できる(旧57-29) →◯ 抵当権の交換価値を侵害するおそれのある行為といえるから、妨害予防請求権としての伐採禁止請求可 #担物

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#担物の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(2:51時点)

この検索結果をシェア