お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

旧東海道・藤沢宿。江戸時代には遊行寺の門前町として栄え、東海道、大山道、江の島道、八王子道の分岐点として賑わった。歌川広重にも描かれた大鋸橋(遊行寺橋)は、朱塗りにして復元されている。 #相模観光 pic.twitter.com/SNyVyPdw9z

清浄光寺銅鐘。永正十年(1513年)、伊勢宗瑞によって小田原へ持ち去られ、陣鐘として使用された。取り戻されたのが寛政三年(1626年)の事だという。 #相模観光 pic.twitter.com/3WIqbYKoS8

清浄光寺は、永正10年(1513年)の伊勢宗瑞(北条早雲)と三浦道寸・太田資康(道灌の子)との戦いで全焼したという。三浦道寸に味方した為復興が許されず、再興されたのは94年後の慶長12年(1607年)だった。 #相模観光 pic.twitter.com/6wHsxPwGK0

二伝寺から西へ2キロ程の、時宗清浄光寺。近世になって「遊行寺」と称され、そちらの方が有名。 #相模観光 pic.twitter.com/OWyj5vSezV

続いて、藤沢市大鋸。北条氏好きならば、藤沢と聞いてまず思い浮かべるのが、逆井城主・北条氏繁が呼び寄せたという、大鋸引のはずだ(そんなはずはない?)。大鋸の地名は、鋸曳きの職人が多く住んでいた事に由来するようだ。玉縄城からも近い。 #相模観光 pic.twitter.com/BcYxe72tMN

続いて、村岡城跡から1キロ程北東にある、浄土宗二伝寺。永正二年(1505年)、北条氏時開祖と伝わり、境内一帯が砦跡だと伝わる。北条氏時は、伊勢宗瑞の次男で初代玉縄城主。1キロ北東が玉縄城主郭なので、尾根続きのこの場所に砦を築いたのだろうか。 #相模観光 pic.twitter.com/rdtGlolW0q

まず、今日の村岡城跡。藤沢市と鎌倉市の境近くにある。実は現地について初めて知った城跡なので、詳細は良くわからない。桓武平氏の一族の、平良文関連の城なのだろうか。普通の児童公園になっていて、遺構らしきものは無さげだった。 #相模観光 pic.twitter.com/ozjmi2JWzQ

今週末は、藤沢市を観光。 #相模観光 pic.twitter.com/nHT3rDAx6D

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#相模観光の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(21:41時点)

この検索結果をシェア