お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

【楽ちん】【安全】介助! 介助者自身の身体を守るのは正しい介助方法です。無茶して身体を痛めるのは残念なこと。ましてそのせいで仕事が出来なくなったら… 楽ちんで安全な介助方法を身につけて、まずご自身を守ってください。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。おじぎしてお尻が浮いてから上方に引きあげ介助をします。おじぎが不十分なまま引き上げ介助をしてしまうと、腕力だけで持ち上げるような形になり介助者の身体への負担が多くなります。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。介助者は相手のおじぎと同時に後下方へさがります。介助者が突っ立っていると邪魔で相手がおじぎ出来ず、介助をしているのに逆に立ちにくくさせてしまいます。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。おじぎをする際に足もとを見るようにします(顎を引く)。目線が上がっている(顎が上がっている)とおじぎが浅くなり、重心の足部への移動が不十分になります。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。介助で難しいのはおじぎの部分です。介助者がおじぎを邪魔していることがよくあります。相手の顔の前に介助者の顔や肩があれば、邪魔でおじぎ出来ませんよね。ポジションを考え直しましょう。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。手引きでの介助を書きます。前方から相手の両手を持ち介助をします。相手がおじぎをする時に両手を引き上げてしまうと、おじぎの邪魔になるので注意してください。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。介助者のポジションは相手の前方にたち、足を肩幅で少し前後に開きます。そして骨盤を立てたまま膝を曲げ、腰を落として構えます。猫背にならないように気をつけましょう。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。重心を前方へ移動させるために「おじぎ」が必要になります。まずは身体を起こしておいて(背もたれから身体を起こして)、そこからおじぎするようにします。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。介助量の多さで 口頭指示<手引き<腋窩<膝ロック と介助方法が変わります。膝ロックは重度~全介助であり、説明しずらいので詳しくはセミナーでお願いします。百聞は一見にしかずです。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

【楽ちん】【安全】介助! 立ち上がり。テーブルなどを引っ張って立つことはなるべく避けましょう。引っ張ってしまうのは、おじぎによる重心の前方移動不足が原因です。これが癖づくと引っ張るものがないと立てなくなります。 #岸和田 #泉州 #介助 #介護 #セミナー #立ち上がり

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#立ち上がりの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(1:00時点)

この検索結果をシェア