自動更新

並べ替え:新着順

ベストツイート
メニューを開く

返信先:@thiennaqua他1人「虫」と「蟲」は元来違う字で 虫→①マムシの別名、②小さな生き物の総称 蟲→有足の蟲 の違いがあったようです(『説文解字』)

沖春城@漢詩vtuber @oki_shunjou

メニューを開く

【六書】(りくしょ)漢字の由来と用字法による伝統的分類方法。象形・指示・会意・形声・転注・仮借からなり、1世紀ごろ説文解字で説明された。 thinglink.com/scene/62971010… pic.twitter.com/s3feXA9trm

世界の文字BOT @sekainomoji_bot

メニューを開く

返信先:@Kon2ba他2人漢辞海の解字は、こうなっています。これは説文解字を踏襲しているので、漢代の中国人の理解です。 pic.twitter.com/KlXjkH7S4A

Mock_Hatter @Mock_Hatter

メニューを開く

説文解字】 後漢の許慎が編纂したとされる、中国最古の字書(漢字を分類した辞典)。辞書の祖ともいわれている。

💃世界史bot💃 @bmy1031y

メニューを開く

返信先:@sumirekameそもそも“部首”というのは、AC100年頃の『説文解字』という本で使われ始め、その頃の部首には“男”がありました。ただ、その後明代の『字彙』で、“男部”は3文字しか無かった為削られて、それから日本に伝わり“漢和辞典”として成立したそうです。 まぁ、元々は調べ易くする為の“分類法”ですからねぇ。🤔

ちゃいなタカシ @chaitaka_knight

メニューを開く

説文解字の特徴は、六書に基づいて漢字の構造分析が行われている点にある。その目的は漢字の本義を究明するためと言われてきたが、はたしてそうだろうか。実際にこれで正しい字義を導き出せるだろうか。むしろ許慎が正しいと考える字義の正当性を裏付けるために、上述の構造分析を行ったのではないか。

説文解字と六書と転注、漢字 @setsumonn

メニューを開く

説文解字】 後漢の許慎が編纂したとされる、中国最古の字書(漢字を分類した辞典)。辞書の祖ともいわれている。

💃世界史bot💃 @bmy1031y

メニューを開く

いい知らせがあります! 中国語のもっと古い辞書である『説文解字』によると、「老」は70歳になってからのことです。 pic.twitter.com/dnCTYwipej

林松涛@語林中国語教室 @tao1tao

メニューを開く

説文解字】 後漢の許慎が編纂したとされる、中国最古の字書(漢字を分類した辞典)。辞書の祖ともいわれている。

💃世界史bot💃 @bmy1031y

メニューを開く

「朏」という字があるわ。説文解字には「月未盛之朙也。」、訓読みすると「月未だ盛んならざるの明なり。」、とある。 これ、何のことかわかるかしら? 「朏」は月の満ち欠けによる暦法で使われるもので、「みかづき」を表すわ。干支でいうと「丙午」よ。

漢字たん @kanjitan

メニューを開く

あと天照大神(中世以降) ではなく、 正式名の大日靈女尊で 祀られている古社(延喜式外社、内社)がほとんど。 元々は、 その名前も オオゲツヒメだったんではないか。 説文解字ではなく 楚辞章句を使えば 大日靈女=(女)王日巫女と、 因数分解できる。 阿波の阿は、説文解字で 大陵(天子陵)

高天原(邪馬臺/壹国)は、阿波だ。@fumihiko1214

他県の人は知らないが、 ドイツも認める国内最古の墓碑は 徳島県(石井町)にある。中王子神社だったかな。 それだけでなく民間戸籍の 板野田上郷も国内最古のもので 一覧すれば京都の姓(かばね屍)のようなのがズラズラと記載されている。 ウチはないけども万葉集なんか見ると 仰藤が語源かなと。

高天原(邪馬臺/壹国)は、阿波だ。 @fumihiko1214

メニューを開く

同じ『字統』の「亡」の項目ではこの字を死者の肢を曲げている形であると解し、『説文解字繋伝』に「魯の昭公、斉に逃れて亡人と称す。」とあるのを引き、ここでの「亡」は逃亡の意ではなく、自らを死者とみなしその礼を用いた、としているのがしっくりきます。

植田清吉GX-T @shakeeach

メニューを開く

【「よもやま日記」更新しました】 「「独」ってそういう意味!?」 yomo.shumpu.com/?p=16746   朝、コーヒーを淹れるときの隙間時間を利用し、 いまは、 白川静先生の『漢字の体系』を少しずつ読んでいますが、 本家の中国における最初の漢字字書『説文解字』と ことごとく違って (と言っていいでし…

春風社 @shumpusha

メニューを開く

倭は何と読む?(烏禾切) by ぐ一たら気延氏より #阿房宮(安房宮) #始皇帝 goutara.blogspot.com/2015/09/blog-p… 古代中国辞書(発音込み) を時系列に整理すると、 (参考・康熙字典など) 西暦100年の 説文解字(上古音)では 倭=委(イ)の音。 その後、 切韻・集韻・広韻では、 烏(鴉)禾=烏戈の音。 pic.twitter.com/4WkM9HJXoL

高天原(邪馬臺/壹国)は、阿波だ。 @fumihiko1214

メニューを開く

説文解字』(前100年/中)…最古の漢字辞典、許慎による。

うっかり世界史bot @aimai_sekaishi

メニューを開く

説文解字を渡そう

林萌🍋(🐦🈲) @A_Meng2

メニューを開く

返信先:@kotofanatic説文解字』だと 「劒珥鼻也」で玉製の柄の意ですね。 ただ『漢書』韓延寿伝に剣に似て小さい武器と言う意味での用例があってそれだと短剣の意になりましょうか... あと日本語の「ツバ」は刃を挟む意の「ツミハ(バ)」が詰まったものだと言い、和名抄に用例がありますが...

雨音村雲@藤浪永理嘉 @amane_murakumo

メニューを開く

説文解字】 後漢の許慎が編纂したとされる、中国最古の字書(漢字を分類した辞典)。辞書の祖ともいわれている。

💃世界史bot💃 @bmy1031y

メニューを開く

さすがに説文解字を読まれるだけあって、性格が段玉裁を連想させますね()

メニューを開く

#言娯 【器の蓋を合わせる】の部分は、goushuさんの指摘通り、段注が説文解字のどの箇所へ説明を加えているか認識が足りなかったtwitter.com/goushuouji/sta…。以下は白川静『字統』普及版より「会」項。関係のある字に卿' (本当は卯の内部に合。カイと読む)があり、これが山口氏の説の元になっている? pic.twitter.com/oFhWmiZSq4

goushu@goushuouji

まず、段玉裁が「器の蓋を合わせる意」だと言ってるのは、字源・語源とは関係ないのは先述の通り。 漢語多功能字庫は會を「合」の間に「𡆧」が挟まった形としていて、更に「合」の字が器物の蓋「亼」と器物の身「口」に分解され、器物の身(口)に物(𡆧)が盛られ、蓋(亼)をかぶせているとする。

天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

メニューを開く

段注入りの説文解字は画像の通り。 漢語多功能字庫にあるのは、甲骨文字の研究が始まって以降の中国における定説だろうかhumanum.arts.cuhk.edu.hk/Lexis/lexi-mf/…。【 甲金文從「合」從◎,象用蓋子把盛有東西的器物蓋起來(羅振玉、李孝定、朱芳圃、沈培),本義是相合。 】容器の蓋を象ったものが字源と。 pic.twitter.com/oIpVysaVIg

天むす名古屋 Temmus 𓃠 @temmusu_n

メニューを開く

では段玉裁はどう考えていたかというと『説文解字』通り「亼」と「曽の省体」の会意で「曽」は「増」の仮借字。つまり「あつまる(亼)」と「増える(曽)」の会意としている。

メニューを開く

ところで、説文解字は字の意味の解説について、許慎が本義だと考える物について挙げるに留まって、必ずしも派生義や仮借義について詳しく解説してくれるわけでは無い。 そこで、段玉裁は説文が挙げる本義以外の用法についても補説することがあって、それが「フタ」の用法と、「會計」の用法

メニューを開く

【許慎】 2C前、後漢の文字学者。河南省漯河出身。経書に通じ「五経無双」と呼ばれた。主著は最古の部首別漢字字典「説文解字」。篆書体漢字1万字を540の部首に分けて体系付けた。王莽政権の反動で後漢政府が訓詁学を軽視したことに抗して編纂した。他に「淮南子」の注釈書「淮南鴻烈間詁」。

世界史マイナー人物bot(古代史編) @whoswhobot2

メニューを開く

『新撰漢和辞典』前半が説文解字、後半が白川静という「そういうキメラみたいな語釈アリかよ」というようなやつだった。

すんすけ(松平俊介) @MmpPX7AogW2SeyJ

メニューを開く

しかし字通は一度出すとしまうのがめんどくさいよな。あと、 一番はじめに引いた『新撰漢和辞典』、これ語釈がモロに説文解字だった。なんでわからんかな。うーん… やっぱりスペースを考えず『大漢和』買っとけばよかったかね?

すんすけ(松平俊介) @MmpPX7AogW2SeyJ

メニューを開く

説文解字……

ぼたん@かたつむり審神者転校生 @mirrored_button

メニューを開く

既に指摘が付いているが、山口教授は段玉裁の説に基づいて述べているようで、「米を炊く」は敷衍とは思うが、「創作」「誤り」は勇み足じゃないの… 「會、合也。見釋詁。禮經。器之葢曰會。爲其上下相合也。凡曰會計者,謂合計之也。」(段玉裁『説文解字注』)

字源(漢字の成り立ち)を呟くアカウント@kanji_jigen

4月1日に放送されたNHKのテレビ番組『日本人のおなまえっ!』で、大東文化大学の山口謠司氏が「會」について「米を炊く様子を表す」「ごはんをみんなで食べるというのがもともとの意味」などと説明していましたが、これは誤りで、実際にはそのような意味はありません(山口氏の創作と思われます)。→

pic.twitter.com/X9oeNl8aLh

すんすけ(松平俊介) @MmpPX7AogW2SeyJ

メニューを開く

返信先:@ishiwinozomu他1人確かに説文解字注に「合也。見釋詁。禮經。器之葢曰會。爲其上下相合也。」とありますね。

すんすけ(松平俊介) @MmpPX7AogW2SeyJ

メニューを開く

子音連結は中国語の資料にも反映されている場合があり、例えば『説文解字』に「語では筆を″不律″と呼ぶ」と記述されていることから、*br->b- という音韻変化を想定できる pic.twitter.com/Bs4L9RP97Y

をくつ✨@Woctus

また、子音連結は古ベトナム語の資料にも反映されていて、上古中国語の子音連結はその古ベトナム語資料に含まれる借用語からも再建できるみたい degruyter.com/document/doi/1…

をくつ✨ @Woctus

メニューを開く

漢文は何を軸にするのがいいかずっと悩んでいるのですが(史書は分量が多すぎるし、諸子百家は細部が雑になってしまうのが難点です)、『説文解字』とか、そっちの方面を軸にして教えるということができないか、そんなことを考えています。『文心雕龍』などもいいのですが、テクスト自体が難しい💦

八神夕歌(やがみ ゆうか) @kotonoha_yakata

メニューを開く

説文解字を一つの変換プロセスとして捉えてみる。説文解字という変換プロセスにどのようなインプットをすれば、六書の統一的理解というアプトプットが出てくるのか。そういう視点から「説文解字」とその理論的根拠としての六書の定義を検討してみるというのはどうだろうか。

説文解字と六書と転注、漢字 @setsumonn

メニューを開く

説文解字には六書の定義が並べられている。六つの原則が等価なものとして、且つワンセットとして記載されていたら、それら六原則を統一的に解釈しようとするのは常識的な感覚ではないだろうか。これまではそれがやりたくてもできないから、造字法と用字法の組み合わせとして理解されてきたのだと思う。

説文解字と六書と転注、漢字 @setsumonn

メニューを開く

「朏」という字があるわ。説文解字には「月未盛之朙也。」、訓読みすると「月未だ盛んならざるの明なり。」、とある。 これ、何のことかわかるかしら? 「朏」は月の満ち欠けによる暦法で使われるもので、「みかづき」を表すわ。干支でいうと「丙午」よ。

漢字たん @kanjitan

メニューを開く

康熙部首を美少女化した部首娘 ネタが切れてくると説文解字の部首が出る

觝觸つきしろう @Kanji_Kong

メニューを開く

許慎 きよ しん ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A8%B1… 許 慎(きょ しん、、58年? - 147年?)は、後漢時代の儒学者・文字学者。許沖の父。最古の部首別漢字字典『説文解字』の作者として知られる。

Wikipedia日本語版しりとりbot @jawp_shiritori

メニューを開く

説文解字】 後漢の許慎が編纂したとされる、中国最古の字書(漢字を分類した辞典)。辞書の祖ともいわれている。

💃世界史bot💃 @bmy1031y

メニューを開く

雑な図で申し訳ないですが、補足すると、説文解字には「白」は二つあります。「白日」の白(図の白2)は、説文解字によれば自と同じ、つまり別字です。説文解字では皆、者などが白2に従うとされています。楷書ではどちらも同じ形なので混同はありますよね。 字形統一のためですかね。 pic.twitter.com/J6zn1tkhxb

小谷由果@cotaniyuca

King Gnuの「白日」を聴きつつふとジャケ写を見たら、「白日」の字が白舟篆書らしきフォントだったのだけど、字源からすると明らかに誤字で、これだと「自日」になってしまう…白舟篆書は説文解字に基づいてないのか。。白の上部両端は突き出ない。

pic.twitter.com/44dLtMgmQ4

マラスタ @maramiru_star

メニューを開く

sekinan-read.webnode.com 西順蔵先生からは私の勉強の基盤となる中国哲学等のご教示を受けた。特に群馬県の霧積温泉への二度の旅夕食後先生と二人で話した折り、私が当時少しずつ参照していた段玉裁の『説文解字注』について尋ねたとき、先生が即座に「あんな難しい本、読めるかいな」とおっしゃった

Sekinan Library @SekinanLibrary

メニューを開く

【篆書について1(文・綿引滔天)】「説文解字[せつもんかいじ]」:字書類の紹介に入る前に、古文字を研究する上で欠かせない『説文解字』という書物について… nigensha.co.jp/tensho/tensho0…

篆書を学ぶ @unkaido_tensho

もっと見る

トレンド12:26更新

  1. 1

    エンタメ

    今日はなんの日

    • 38周年
    • 東京ディズニーランド
    • 東京ディズニーリゾート
    • 記念日
  2. 2

    生活

    うささんバッグ

  3. 3

    エンタメ

    鎌倉殿の13人

    • 新垣結衣
    • NHK大河ドラマ
    • 鎌倉幕府
    • 伊豆の国市
  4. 4

    アニメ・ゲーム

    シェルミー

    • KOF
    • トレーラー
    • スクリーンショット
  5. 5

    アニメ・ゲーム

    Hades

    • ハデス
  6. 6

    エンタメ

    エターナルズ

    • マーベル
  7. 7

    アニメ・ゲーム

    インディー

    • Indie World
  8. 8

    エンタメ

    コナンくん

    • 令和ロマン
    • 真実はいつもひとつ
  9. 9

    エンタメ

    佐藤流司

    • miu
  10. 10

    アニメ・ゲーム

    源平討魔伝

20位まで見る

電車遅延(在来線、私鉄、地下鉄)

北海道東北関東中部近畿中国四国九州
全国の運行情報(Yahoo!路線情報)
よく使う路線を登録すると遅延情報をお知らせ Yahoo!リアルタイム検索アプリ