お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

一度に大勢が自動車で避難することにより渋滞の発生、停電による信号機の停止等混乱を招く可能性もあります。水害では道路上の自動車が押し流される場合、救急車での移送の妨げになることもあります。災害時の自動車による避難は制限されることも想定される問題でもあります。#防仁学 #キボッチャ pic.twitter.com/6mQf8ndLCs

都市は公共交通機関が充実していますが、自動車がなければ買い物や病院に行けない場所もあります。避難所までの徒歩移動は困難を伴うこともあり、洪水や土砂災害で避難勧告が発令された場合、在宅避難は危険です。その場合、自動車による避難が体力的苦労もなく移動が楽です。#防仁学 #キボッチャ pic.twitter.com/WFVcnJfOGs

11月5日は「世界津波の日」。災害時の避難方法として推奨されているのは、徒歩による避難です。災害が起こると殆どの公共交通機関は瞬く間に機能を失ってしまいます。徒歩や自転車以外の移動手段として最も有力候補として残るのは自動車です。#防仁学 #キボッチャ pic.twitter.com/NE89XRGoU1

子どもにとっては優しく声をかけてくれる大人は怪しい人ではないということもあります。保護者に許可をもらわない状態で、だれかについていくことがないようにと教えてください。行き先と帰る時間、誰と遊ぶかを親に伝えるようにし、子どもの行動を共有していることが大切です。#防仁学 #キボッチャ pic.twitter.com/XlYw0H5YnY

「防仁学」では地震、津波などの災害から身を守ることを皆様にお伝えしています。物は壊れるもの、想定を超える事象は起こるものです。最後に自分と家族を救うのは、自分自身の知識と経験からくる瞬時の判断であることを常に考えていくことをお勧めいたします。#防仁学 #キボッチャ pic.twitter.com/d6ys9LFs4N

山岳遭難者和は昭和36年にはわずか500名程度でしたが平成28年には3000名近くにまで登っています。負傷者数は平成28年のデータで1133名で、死者・行方不明者の数は319名となっています。都道府県別に見た場合、長野県が最多の272件、次いで北海道の206件です。#キボッチャ #防災 #防仁学 #暮らし pic.twitter.com/huHEQPl2Xm

登山だけでなく山菜、キノコ採りで遭難する人の割合は13%も。自分自身のいる位置、方角を知るためコンパス、地図を必ず持っていきましょう。登山計画書も登山前に必ず作成してください。遭難事故が発生した場合も、救援隊が状況を把握しやすくなります。#キボッチャ #防災 #防仁学 #暮らし pic.twitter.com/9Tx4umnPsn

こども110番の家を有効活用するため、家庭で指導し駆け込めるようにすることが大切です。怖いことがあった時はこども110番の家に駆けこんでね、と子供に伝え、通学路にあるこども110番の家を定期的に確認し、役割を子どもが理解しているかを確かめるのも有効。#キボッチャ #防災 #防仁学 #暮らし pic.twitter.com/QQUWotpc63

家族がバラバラの時間帯に大地震が発生した場合、連絡の取合い方も重要。日常から連絡の取り方を決めておくことも大切です。通話やメールは回線がつながりにくいため、地震直後は控え、代わりに家族でLINEグループを作っておくなど、SNSをうまく利用することも有効。#防仁学 #キボッチャ pic.twitter.com/TPeMYfXyQs

山の天候は不安定で体温を急激に奪っていく危険性も含んでおり、防寒対策の不備があった場合、「山の風」によって凍死にいたる危険性すらあります。強い山の風は登山者の体を疲れさせ、疲れは登山を断念させ、無理をすることでまた事故を招くこともあります。#キボッチャ #防災 #防仁学 #暮らし pic.twitter.com/Ha6yrcDpxq

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

#防仁学の分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

0%
0%

トレンド(18:48時点)

この検索結果をシェア