お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
更新日時順»

ベストツイート

破壊力のあるコメント。笑う気力もなし。「大統領からは24時間いつでも何かあったら電話をして欲しいと。『テル』『テル』と、そういうことで一致した」(菅首相) / “菅外交”始動、初の日米電話首脳会談 (TBS NEWS) #NewsPicks news.tbs.co.jp/newseye/tbs_ne…

「世話になった竹中平蔵さんの影響を受けていることに加え、『俺は努力して競争に勝ってきた』という自負もあるのではないでしょうか。」 / 菅首相は「地方に優しくない」 潜む新自由主義と翼賛の危機 「左遷」された元官僚が伝えたいこと (毎日新聞) #NewsPicks mainichi.jp/articles/20200…

RT @pe_comaru: 日蝕で芥川をとりいきなり文壇に躍り出た平野啓一郎さん、実は初めて読んだ。 途中苦しくなって、自分にもある墓場まで持ってく秘密をえぐられるからだろうなと何度も挫折したくなるのにめくる手が止まらない内容でした。 そろそろ日蝕、読むか。 https://…

RT @chibimariko_: 登場人物の誰もが主人公になり得るから、ある男=A MANなのかな? 何気にカバーを外したらめちゃくちゃシンプルでカッコいい装丁。 #ある男 pic.twitter.com/GI1Kunn8h6

RT @MtPaddyField: 時代の抵抗者たち :青木 理|河出書房新社 今という時代を考えさせる、興味深い対談集だった。同世代である平野啓一郎の「僕らの世代はある種の恥の世代として歴史に記憶される」という言葉が重く響く。 kawade.co.jp/np/isbn/978430…

『天人五衰』は、1975年で終わる設定。脱稿時、というか、三島の死は1970年なので、ちょっとウエルベック的。僕自身が1975年生まれなので、ふしぎな感じがする。三島は、僕が生まれる前に死んだ作家だとずっと思ってきたが、作品を通じて思いがけず手が触れるような。

RT @EcoG20: コメディー番組で、黒人ミュージシャンとイスラム系コメディアンが「朝起きたら白人に生まれ変わっていた。何をする?」というお題でトークしていた。 黒人:警官の目の前でマイナーな交通違反をする イスラム系:空港の中で走る どちらも私は普通にやってきたこと。…

京都は主催者がとってくれたnodeというアートをコンセプトにしたホテルに泊まったけど、各部屋に飾られてる作品だけでなく、ロビーラウンジにも、倉俣史朗の花器やガウディの椅子などがあった。 pic.twitter.com/5cn0ORk6a2

京都で見つけたメガネ屋さん。ちょっと怖い? pic.twitter.com/D5VuudK2Iv

大邱名物ヤキウドンルーツは? 北九州とのつながり探る (西日本新聞) #NewsPicks nishinippon.co.jp/item/n/646856/

IOC委員息子側へ37万ドル 東京五輪招致のコンサル (朝日新聞デジタル) #NewsPicks asahi.com/articles/ASN9N…

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
リアルタイム検索

ID:hiranokの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

トレンド(23:15時点)

この検索結果をシェア