お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み
すべてのサイト»
更新日時順»

ベストツイート

過去に死なずして、いかにして純真さの再生があり得るだろうか? 死ぬことは刻々である。死ぬことは蓄積しないことだ。経験者は、経験に対して死なねばならない。(クリシュナムルティ

Twitter thanatology_bot thanatology - 21:09

1RT リツイート 返信

気分悪くなる。 私だって残業して疲れてるのに、電話口のオットが、やたら機嫌が悪くて怒りっぱなし。 どんだけクリシュナムルティ読んだって、この程度だよϵ( 'Θ' )϶ 影響受けたくないから、さっさと切った。

Facebook 森山 佳代 - 21:47

過去に死なずして、いかにして純真さの再生があり得るだろうか? 死ぬことは刻々である。死ぬことは蓄積しないことだ。経験者は、経験に対して死なねばならない。(クリシュナムルティ

Twitter thanatology_bot thanatology - 21:09

1RT リツイート 返信

あなたが注意深く見守るなら、反応や動きはかなり速いように見えますが、思考の間にはとぎれや間隔があるのが見えるでしょう。二つの思考の間には、思考過程とは関係のない沈黙の期間があるのです。その間隔の発見やその間隔を十分に体験することがあなたを条件づけから解放する…/クリシュナムルティ

Twitter naga3 なが3 - 13:50

1RT リツイート 返信

こだまが谷間を満たし、そして沈黙がそれらを受け入れた。その日の終わりは、あらゆる昨日の死であった。そしてこの死の中に、過去の悲哀のない再生があった。沈黙の広大無辺際の中で、生は新ただった。(クリシュナムルティ

Twitter thanatology_bot thanatology - 13:09

1RT リツイート 返信

昨日の経験と今日の感覚に対して死ぬことが絶対に必要である。さもなければ反復が生ずるからだ。そして行為の、儀式の、言葉の反復は空虚である。反復には何の再生もあり得ない。経験の死が、創造である。(クリシュナムルティ

Twitter thanatology_bot thanatology - 9:09

1RT リツイート 返信

『英知へのターニングポイント―思考のネットワークを超えて』 ジッドゥ・クリシュナムルティ

Twitter favoritebooks_ 好きな本bot - 8:12

リツイート 返信

...知識や正しい言語の調子と美しさを持たなくてはならないでしょう。しかし、はるかに重要なのは感情そのものであり、美しいものの深い堪能からくる忘我です」。 (クリシュナムルティ「子供たちとの対話」より) ここにある「忘我」という言葉。クリシュナムルティが、講話において実際はどう言ったのかはわかりませんが、実に腑に落ちる言葉です...

Facebook 高橋 昭代 - 6:19

日々死ぬこと、あらゆるものに対して毎分ごとに死ぬことがいかに必要であることか! 死無しにはいかなる更新(リニューアル)もなく、死無しにはいかなる創造もない。過去の重荷はそれ自体の連続性を生じさせ、そして昨日の心配事は今日の心配事に新たな活力を与える。(クリシュナムルティ

Twitter thanatology_bot thanatology - 5:39

1RT リツイート 返信

私たちは、絶えず求め続け、次から次へと新しいリーダー、宗教、精神的指導者を探し廻っているのです。 クリシュナムルティ

Twitter BlakeTollison_ 田中和正 - 2:09

リツイート 返信

理解というものは、私たち-私とあなたが、同時に、同じレベルで出会う時に生まれてきます。 クリシュナムルティ

お知らせ:
表示件数の上限に達しました。これ以上の検索結果は表示できません。再読み込み

クリシュナムルティの分析グラフ

ツイート数の推移

感情の推移

感情の割合

話題なう(23:16時点)

この検索結果をシェア