Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

ヒナカマキリ分布 で検索した結果 1~10件目 / 約1,170件 - 0.36秒
お知らせ:
ヒメカマキリ分布ではありませんか?

ウェブ

  1. ヒナカマキリ
    Data. 和名, ヒナカマキリ. 体長, 18~21mm. 分布, 本州,四国,九州,対馬. 出現期, 8 ~10月. 餌, 小型昆虫. 解説, 日本最小のカマキリ。 多くが♀で、♂の数は少ない。 ♀ だけで繁殖し、♂は稀に現れるところはトビナナフシ(Micadina phluctaenoides)と似て いる。 ♂には翅があるが、♀では翅は退化している。 「野山の昆虫」(山と渓谷社)による と♀は単為生殖をしているということでそのように紹介していたが、誤りではないかとの メールを頂いたので今のところ詳細は不明。 雑木林やマツ林の下草に生息している。
    mushinavi.com/navi-insect/data-kamakiri_hina.htm
  2. ヒナカマキリ - Wikipedia
    分布[編集]. 日本(本州、四国、九州、対馬、奄美大島)、台湾、韓国。
    ja.wikipedia.org/wiki/ヒナカマキリ
  3. CiNii 論文 - 日本産ヒナカマキリについて〔英文〕 (富士・箱根・伊豆の自然 ...
    原記載における種名 nawai は有効名であるから, 結局日本産のヒナカマキリの学名は Amantis nawai とするのが正しいことになる。台湾産のものと異って, 日本産の雄は雌 同様に微翅型であって, 雌よりやや体が小さいものの, 雌に大変よく似ている。これが おそらく今まで雄個体がみられないという説の起った原因であると考えられる。よく探せ ば, どこでもその分布地では雄は見つかるものと思う。ヒナカマキリ分布は, 本州では 北限地と考えられる山形県の吹浦から日本海側に沿って南西へ, また太平洋側では 東京都の ...
    ci.nii.ac.jp/naid/110004312943/
  4. 森で生きる最小カマキリ ヒナカマキリ (カマキリ科) Amantis nawai ...
    西日本を中心とした日本列島のほか、台湾、韓国の済州島に分布しています。 福江島 では、これまで複数の林で数回出会っています。 昼夜区別なしに活動しているのか、夜 の林で見つけたこともあります(下)。 この時は、枯れ木の上を歩いている姿がたまたま ライトに照らされて気がつきました。 (2015.8.28:玉之浦町). 林の中にいる超小型の カマキリというだけでも十分おもしろいと思いますが、このヒナカマキリには、ある点で 長年誤解されてきたことがあります。 それは、日本のヒナカマキリはメスだけで「単為 生殖」して ...
    fukuejima.la.coocan.jp/mishi-batta/hina-kamakiri.html
  5. その62 ヒナカマキリ - さくちゃんの生きもの便り
    同じ雄として・・・「あんまりじゃ~ないの~」 とも、「カマキリの雄に生まれてこなくって よかったなー」とも思ってしまうのです。 そのようなカマキリの中でも小さくて変わった 生態のカマキリもいます。 それはヒナカマキリ(Amanthis nawai)です。 ヒナカマキリは、 山形県以南の本州、四国、九州、対馬、南西諸島、伊豆諸島等に分布しており、主に 照葉樹林の林床に生息している好地性種です。 日本最小種で、成虫の体長は1.5~2.0 cm程度。体は褐色で落葉に同化しており、しかもその行動は他種にみられないほど 敏捷のため、 ...
    www.ikimono.net/sono62/index.html
  6. ヒナカマキリ採集 10月22日 in 福岡市 : くわがた散歩道
    ヒナカマキリ♀ 福岡県福岡市 産 そう、ヒナカマキリです。意外とヤフオクで購入いただい た方からも、「どういった場所を探したらいいですか?」と質問されます。 分布は西日本 の多くにいるようだけど、見つからないというか、局所分布なのか・・・普通のカマキリを 探す感覚だとまず無理です。 ただ実際、居るところにはそれなりに居るのは間違いなく、 本やネットで間違った部分もありますので、僕なりの採集して感じたヒナカマキリの生態 を紹介します。(採集の参考に) □ ヒナカマキリ サイズ:♂12mm前後 ...
    kuwabaka.exblog.jp/20657358/
  7. ヒナカマキリ
    カマキリ目 カマキリ科 ヒナカマキリ. Amantis nawai. 本州から奄美大島まで分布して いる。薄茶色をしたごく小型のカマキリで、 成虫でも翅はなく、低い山地や平地の地面や 草にいる。体が小さいため、よく探さないと見つからない。 壁面を歩いていたヒナカマキリ. 壁面を歩いていたヒ ナカマキリ。 - 2005.10.28 長崎市野母崎町樺島 - ...
    www.g-hopper.ne.jp/free/fukuda/.../pz_hinakamakiri-01.htm
  8. カマキリ図鑑 - 昆虫エクスプローラ
    種 名/見つけやすさ(☆~), 大きさ (mm), 時期 (月). カマキリ目. ハナカマキリ科 Hymenopodidae. ヒメカマキリ亜科 Acromantinae. ヒメカマキリ. Acromantis japonica, 25-32, 9-11. <分布> 本州・四国・九州. カマキリ科 Mantidae. ヒナカマキリ 亜科 Amelinae. ヒナカマキリ. Amantis nawai ☆, 12-18, 8-11. <分布> 本州・四国・ 九州・沖縄. カマキリ亜科 Mantinae. ウスバカマキリ. Mantis religiosa ☆, 47-65, 8-11. <分布> 北海道・本州・四国・九州・沖縄. コカマキリ. Statilia maculata, 40-65 ...
    www.insects.jp > 昆虫エクスプローラ > 昆虫図鑑 分類からさがす
  9. カマキリ科_カマキリ亜科_ヒナカマキリ - Biglobe
    分布, 国内:, 本州(関東以南)、四国、九州。 低山地~山地を中心に分布するがやや局地 的。島嶼では佐渡、隠岐、対馬、五島列島、屋久島、奄美大島 、徳之島、沖永良部、沖縄 本島、久米島、石垣、西表、波照間、与那国で記録されている。 県内:, 房総丘陵地域を 中心に棲息し、県央以北では極めて稀。 国外:, 台湾に分布する。 変異, 形態:, 地理的 変異は知られていない。色調と斑紋に個体変異が大きいが、褐色型のみ。日本産は♂♀ 共にすべて短翅型だが、台湾産には長翅型♂が知られる。 季節:, -.
    www5f.biglobe.ne.jp/~escargot/.../1_47010_01_01.html
  10. ヒナカマキリ - 日本のレッドデータ検索システム
    ヒナカマキリ. 学名:, Amantis nawai. 分類:, カマキリ目 カマキリ科. 登録別名:. 環境省 カテゴリ:, なし. 都道府県のRDB指定状況:. ヒナカマキリ分布図. rdb凡例. ※埼玉県 ・東京都・神奈川県では、季節や地域により指定カテゴリが異なりますが、本システム では埼玉県では全県のカテゴリ、東京都・神奈川県では最も危惧度の高いカテゴリーを 表示しています。 免責事項について | サイトのご利用について | お問い合わせ. copyright©2007 このサイトはNPO法人 野生生物調査協会 と NPO法人 Envision 環境保全事務 ...
    jpnrdb.com/search.php?mode=map&q=07070010261
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.