Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

偏イータ2乗 で検索した結果 1~10件目 / 約2,990件 - 0.28秒

ウェブ

  1. 研究論文における効果量の報告のために ―基礎的 ... - Atsushi Mizumoto
    (correlation ratio,η)を用い,η2(eta squared,イータ2乗)で効果量が表されることが 多 .... めに,他の変数の要因を統制した上で,ある 1 つの独立変数の影響の効果量を 計. 算するのが,partial η2 (偏イータ 2 乗,偏相関比)である。partial η2( 2 p η と.
    www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  2. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般化効果量. このところ,論文を投稿する際には“効果量を記載するように”という声を 聞くことが多くなったように思います。 一般的によく用いられる分散分析の効果量の指標 としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2(偏オメガ二乗)があります。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?...
  3. 分散分析 効果量:イータ2乗、偏イータ2乗 - Gooブログ
    効果量η^2について効果量に関してはAPAも論文投稿に際して言及することを求めて いるが、分散分析の場合、偏η^2η^2の区別が必要。SPSSでは偏η^2を算出するが、 その説明はη^2になっている。一般に論文に効果量として付記するなら ...
    blog.goo.ne.jp/.../7301425ab7ea8ab7dd1173a701ba9e...
  4. 分散分析と効果量 - 教育認知心理学講座
    2. 発表のアウトライン. ・「平均値の差の検定には分散分析を用いる」. ・効果量って何? ・「効果量はメタ分析に用いられる」 .... SS partial. +. =2 η. イータと読む. とてもおお ざっぱに言えば、. 要因の効果を誤差(それ以外の効果). で割ったもの ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../nakayama.pdf
  5. 効果量effect size:η^2イータ二乗)の計算方法 - いつものこと
    SPSS出力 被験者間効果の検定 従属変数: SCORE ソース タイプ III 平方和 自由度 平均平方 F 値 有意確率 偏イータ 2 乗 修正モデル 268.667(a) 5 53.733 25.453 .000 .914 切片 1352.000 1 1352.000 640.421 .000 .982 A 149.333 2 ...
    lotusland.hatenablog.com/entry/20080530/1212129953
  6. 4-1 分散分析とは
    2. ② 分散分析の前提. ⇒分散分析は F 分布を使用して行うパラメトリック検定(母集団 の特定の分布の仮説を設ける. 検定)であり、間隔尺度 .... 偏イータ 2 乗(partial eta squared: ηp2) 他の独立変数の個数やそれらの有. 意性による影響を ...
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../20140514Ch4_1.pdf
  7. Title 研究論文における効果量の報告のために - 関西大学学術リポジトリ
    どれほど効果があるのかが分かりづらくなってしまう。そのような欠点を補うた. Hの変数 の要因を統制した上で、ある1つの独立変数の影響の効果量を計. 算するのが, partial n2 (偏イータ2乗,偏相関比)である。partial n2 (nと. も書く)は,SS ...
    kuir.jm.kansai-u.ac.jp/.../KU-1100-20080321-01.pdf
  8. 効果量
    15, ↓これを報告する, 効果量の目安, ・これで求めた効果量(r)を二乗したものはη2(eta squared)とも言われます。(Hatch ..... ・partial η2偏イータ2乗,偏相関比)はSPSSの 【オプション】→【効果サイズの推定値】を指定すればアウトプットで表示されます。 20.
    www.chubu-gu.ac.jp/~miyamoto/effectsize.xls
  9. 検定力分析 - scratch-R
    f, f2, h2 (イータ二乗) , hp2 (偏イータ二乗) がある。h2, hp2 は標本からの推定値。 f2 = f^2 = sigma.effect / sigma.error # 群間分散 / 誤差分散。もしくは群間平方和 / 誤差の 平均平方 (mse) * サンプルサイズ。通常の分散分析表で報告される“誤差平方和” ...
    eau.uijin.com/stats/power.html
  10. BioTechnicalフォーラム [偏イータ2乗の解析]
    先日投稿した論文が major revision で戻ってきて、実験の例数が少ないので、実験し て例数を増やすのではなく、偏イータ2乗値を示すように指示されました。当方、統計は 初心者レベルで、この偏イータ2乗の解析は経験が無く、google で ...
    www.kenkyuu2.net/cgi-biotech2012/biotechforum.cgi?...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.