Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

クローン病 で検索した結果 1~10件目 / 約2,010,000件 - 0.25秒

ウェブ

  1. クローン病の症状 | 知っトクカフェ クローン病
    クローン病は消化管全体で起きますが、回腸末端に好発し、病変が連続していないのが 特徴です。腹痛や下痢の他、発熱や体重減少がみられることもあります。
    www.remicare-cd.jp/about/lesion/index.html
  2. クローン病とは | 知っトクカフェ クローン病
    クローン病は、口から肛門までの消化管に慢性の炎症が起こる炎症性腸疾患のひとつ で、全身にさまざまな合併症が発生することもあります。寛解と再発・再燃を繰り返します 。
    www.remicare-cd.jp/about/what/index.html
  3. クローン病 - Wikipedia
    クローン病(クローンびょう、英: Crohn's disease、略: CD)は、主として口腔から肛門 までの全消化管に、非連続性の慢性肉芽腫性炎症を生じる原因不明の炎症性疾患で、 厚生労働省より特定疾患に指定されている。 潰瘍性大腸炎とともに炎症性腸疾患(IBD: Inflammatory bowel disease)に分類される。 目次. [非表示]. 1 歴史; 2 疫学; 3 病因; 4 部位. 4.1 症状; 4.2 合併症. 5 検査. 5.1 検体検査; 5.2 内視鏡検査; 5.3 造影検査; 5.4 CT・MRI検査. 6 病理; 7 診断; 8 治療. 8.1 栄養療法; 8.2 薬物治療; 8.3 外科治療; 8.4  ...
    ja.wikipedia.org/wiki/クローン病
  4. 難病情報センター | クローン病(指定難病96)
    クローン病Crohn病)の理解に必要な情報. 【消化管とは】 私たちは食物を消化し栄養 を吸収することで生命を維持するために必要なエネルギーを得ています。食物を体内に 取り込み、消化、吸収し、最終的には不要物を排泄するまでの役割をになう器官が消化 器です。消化器は、胃や腸はもちろん、食物を取り込む口(口腔)や栄養素を貯蔵・加工 する肝臓なども消化器に含まれます。消化器のうち、食物や水分の通り道となる部分が 消化管です。 消化管は口腔にはじまり、咽頭、食道、胃、小腸( ...
    www.nanbyou.or.jp/entry/81
  5. クローン病ってどんな病気? - クローン病の新しい検査 カプセル内視鏡 ...
    クローン病の特徴. クローン病は主に若い人に好発する病気です。 口から肛門まで、全 消化管に炎症性の潰瘍などの病変ができます。 現在のところ原因不明のため根治療法 はまだ確立されていませんので、慢性に寛解と再燃を繰り返し、継続的な治療を必要 とします。 人に感染したり遺伝する病気ではありません。
    www.nomudake.com/cd/crohn/
  6. クローン病|患者さん・ご家族の皆さま|田辺三菱製薬株式会社
    クローン病の基礎知識. クローン病は主に、小腸や大腸などの腸管壁に炎症を伴う びらんや潰瘍などができる、慢性の炎症性疾患です。また、寛解(症状が落ち着いている 状態)と、再発・再燃(症状が悪化した状態)を繰り返し、長い経過のなかで徐々に病気 が進行し、消化管だけでなく全身にさまざまな合併症が発生することもあります。 クローン病の治療には腸管の炎症を抑える薬剤を使用しますが、それでもコントロール できないひどい病変や内科的治療で改善しない狭窄(腸管が狭くなり通過障害が起こる 状態)などの ...
    www.mt-pharma.co.jp/shared/show.php?url=/.../crohn...
  7. クローン病とは|クローン病|ドクター's コラム|eo健康
    eo健康 ドクター's コラム:クローン病とは、おもに10~30代の若い人に見られる病気で、 口腔から肛門に至るまでの消化管のあらゆる場所(主に小腸や大腸)に、炎症や潰瘍を 引き起こす病気です。クローン病を発症すると、腹痛、下痢、体重の減少といった症状が 出るほか、大出血を引き起こすことがあります。
    eonet.jp > eonet.jp > 健康
  8. クローン病|オリンパス おなかの健康ドットコム
    クローン病. 口から肛門までの全消化管を侵す、原因不明の慢性炎症性疾患です。消化 器のどの部位にもおこり、特に小腸と大腸に起こることが最も多く、主に若年者に発症し ます。 <症状>. 腹痛、下痢、栄養障害とそれに伴う体重減少、発熱が最も多い症状 です。 血便や、痔、肛門周囲腫瘍、裂肛(れっこう)などの肛門に病変が見られるのが 大きな特徴です。腸内細菌が異常に増殖して小腸・大腸の異常な運動がおこるため、 腹痛、下痢がおこります。そのため消化・吸収力の低下から栄養障害となり、体重減少、 貧血が ...
    www.onaka-kenko.com > ホーム > 病気・がん > 大腸
  9. クローン病(CD)とは|IBD(炎症性腸疾患)基本情報|IBD LIFE
    クローン病は炎症性腸疾患のひとつで、主に小腸や大腸などの消化管に炎症が起きる ことによりびらんや潰瘍ができる原因不明の慢性の病気です。主な症状としては、腹痛、 下痢、血便、発熱、肛門付近の痛みや腫れ、体重減少などがあります。また、さまざまな 合併症が発現することがあります。 クローン病は、厚生労働省から難病に指定されてい ますが、適切な治療をして症状を抑えることができれば、健康な人とほとんど変わらない 日常生活を続けることが可能です。 コラム ...
    www.ibd-life.jp > ホーム > IBD基本情報
  10. クローン病について - 慶應義塾大学病院IBD(炎症性腸疾患)センター
    クローン病とは. ニューヨークのマウントサイナイ病院のクローン医師らが1932年に 最初に報告されたことからクローン病と呼ばれています。 クローン病は口から肛門まで の全消化管に炎症が起こる可能性がある病気で、炎症が起きた部分では粘膜が赤く なることや、剥がれて潰瘍を形成することもあります。さらに増悪すると瘻孔や狭窄 といった合併症も起こします。炎症の起こりやすい部位として、小腸や大腸があります。 炎症の起こった範囲により小腸型、小腸大腸型、大腸型に分類されます。このような 炎症部位や範囲 ...
    www.keio-med.jp/gastro/ibd-center/crohn/
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.