Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

交互作用 反復測定 で検索した結果 11~19件目 / 約60,300件 - 0.3秒

ウェブ

  1. 統計検定を理解せずに使っている人のために III - J-Stage
    後のパラメータを測定し,ある物質が影響を与えたかど. うかを検定 ... repeated measures ANOVA(反復測定による一元配 ..... 交互作用はA因. 子×B因子と表記され る場合が多い.まず,交互作用に. 有意差があるかどうかを見る.交互作用に有意差が でる.
    www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/.../_pdf
  2. 薬理学研究における経時データ解析の考え方 血圧降下試験 ... - J-Stage
    く「反復測定分散分析(Repeated measures ANOVA)」. といわれる理由である. 薬 理学研究で使われている反復測定分散分析では,. 群と時点の交互作用が有意であっ た場合に,時点ごと. に多重比較法を適用する手順が標準的な方法として定. 着している .
    www.jstage.jst.go.jp/article/fpj/133/6/133_6.../_pdf
  3. 反復測定データの分析 - JMP.com
    JMP では、反復測定の分析のために2つの方法を提供して. います。それは、一変量で の ... 者」は、一変量の反復測定データにおける被験者内変動を説. 明するために用い られ .... の)水準ごとに(時点間の)有意性を表す交互作用「薬剤*. 時間」が示されている  ...
    www.jmp.com/japan/support/.../repeated_measures.pdf
  4. 反復測定の例 - JMP.com
    興味があるのは、新薬のいずれかにコレステロール値を下げる効果があるかどうかと、 処置と時刻の間に交互作用があるかどうか ... AR(1)は、共通の分散パラメータを仮定し 、異分散Toeplitz共分散行列は、反復測定変数の単位ごとに異なる分散を推定します。
    www.jmp.com/japan/support/.../flm-mixed-models-26.shtml
  5. 二元配置分散分析(対応あり) | 統計解析ソフト エクセル統計 - ベルカーブ
    二元配置分散分析の一種ですが、同一被験者で反復してデータを測定する場合に使用 します。全体の変動は、被験者間因子、被験者因子、被験者内因子、被験者間因子と 被験者内因子との交互作用、誤差に分解されます。被験者による変動のうち、被験者群  ...
    bellcurve.jp/ex/function/anova2rp.html
  6. EZRで反復測定分散分析(repeated-measures-ANOVA)を行う方法② ...
    今回は其の19からの続きで、反復測定分散分析(repeated-measures-ANOVA)を 行います。 .... 今回、知りたかったことは「時間経過に伴う握力の改善の程度は男女で 異なるか」ということですので、この交互作用が重要な点となります。
    haru-reha.com > ホーム > シロート統計学講座
  7. ANOVA / ANCOVA / 反復測定 ANOVAのための検定力 | Excel統計 ...
    XLSTAT-Pro は, 分散分析(ANOVA),反復測定分散分析,および共分散分析( ANCOVA)を適用するツールを提供している.XLSTAT-Power は,これらの ... 被験者内 因子と被験者間因子の間の交互作用での反復測定ANOVA の場合: H0: 被験者内-間 の ...
    www.xlstat.com/.../statistical-power-for-anova-ancova-r...
  8. SPSS 入門: 値の比較 - 心理学 - 立命館大学
    被験者内要因 (反復測定) · 2要因の分散分析と単純主効果 · どちらも被験者間要因 · 交互作用の分析(単純主効果) · 条件間で被験者数が異なるとき · 1つの被験者間要因 と1つの被験者内要因 (反復測定) · 交互作用の分析 (単純主効果).
    www.psy.ritsumei.ac.jp/~hoshino/spss/
  9. 反復測定 - 心理学 - 立命館大学
    2つの被験者内要因についての分散分析 (反復測定) ... 一般線形モデルから,反復 測定を選択します。 ... 分散分析の結果は,a の主効果が F(1, 4) = 8.1, MSE = 2.1,b の主効果が F(3, 12) = 6.0, MSE = 1.1, a と b の交互作用が F(3, 12) = 7.1, MSE = 1.4 ...
    www.psy.ritsumei.ac.jp/~hoshino/spss/anova02.html
  « 前へ1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.