Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

東郷平八郎 で検索した結果 1~10件目 / 約821,000件 - 0.36秒

ウェブ

  1. 東郷平八郎 - Wikipedia
    東郷 平八郎(とうごう へいはちろう、弘化4年12月22日(1848年1月27日) - 昭和9年( 1934年)5月30日)は、日本の幕末から昭和時代初めの武士(薩摩藩士)、海軍軍人。 最終階級は元帥海軍大将。日清戦争では「浪速」艦長として高陞号事件に対処。
    ja.wikipedia.org/wiki/東郷平八郎
  2. 東郷平八郎 | 近代日本人の肖像 - 国立国会図書館
    解説. 父は鹿児島藩士。戊辰戦争に従軍。維新後、明治4年(1871)にイギリス海軍に 留学。帰国後、海軍中尉となる。日清戦争では浪速艦長として活躍。その後、海軍大学 校長、常備艦隊司令長官、舞鶴鎮守府司令長官等を歴任し、日露戦争前の36年に連合  ...
    www.ndl.go.jp/portrait/datas/141.html
  3. 東郷平八郎(とうごう へいはちろう)とは - コトバンク
    美術人名辞典 - 東郷平八郎の用語解説 - 海軍軍人・元帥・侯爵。鹿児島県生。名は実 良。日清戦争に浪速艦長として活躍し、日露戦争では連合艦隊司令長官として日本海 海戦を指揮する。東宮御学問所総裁。昭和9年(1934)歿、88才。
    kotobank.jp/word/東郷平八郎-18977
  4. 東郷平八郎誕生地 (とうごうへいはちろうたんじょうち)|鹿児島市明治 ...
    弘化4(1847)年-昭和9(1934)年。薩英戦争時は17歳であったが、父、兄2人とともに 参戦。慶応2(1866)年、藩の海軍に入る。明治元年の戊辰戦争では、井上良馨らと軍艦 春日の士官として阿波沖海戦、越後方面警備、翌年には宮古湾および函館の海戦に 参加 ...
    www.meijiishin150countdown.com > ... > 加治屋・中央地区
  5. 世界各国でオマージュされる東郷平八郎|日本史の珍説【刀剣ワールド ...
    東郷平八郎と言えば、日露戦争、日本海海戦で連合艦隊司令長官として卓越した リーダーシップを発揮し、世界屈指の戦力を誇ったロシアのバルチック艦隊を破って日本 を勝利に導いた人物。なぜ東郷平八郎が世界各国で注目され、今なお称えられている のか ...
    www.touken-world.jp/tips/18115/
  6. 東郷平八郎|武将・歴史人の日本刀【刀剣ワールド(刀剣広場)】
    東郷平八郎」と言えば、日露戦争の日本海海戦で大勝し、日本の勝利を確実なものに した人物として世界的に有名です。その東郷が日露戦争で佩用(はいよう:腰から下げる こと)した日本刀(刀剣)は、嘉仁親王(後の大正天皇)が下賜した物。そして、この日本 ...
    www.touken-world.jp/tips/19138/
  7. 東郷平八郎とは?名言や子孫、肉じゃがやイケメン説・身長についても ...
    第二次世界大戦後、敗戦した日本でGHQは日本にある軍国主義を思わせる モニュメントなど撤去していきました。しかし、ある人物に関わる物には一切手を触れ なかったといいます。 その人物は「東洋のネルソン」と呼ばれた東郷平八郎(とうごう へいはちろう) ...
    history-men.com > HOME > 幕末・明治維新
  8. 東郷平八郎 - アジア歴史資料センター
    東郷平八郎に関する資料は、当アジア歴史資料センターに収録されています。 具体的に 資料を探しだす方法は、以下のとおりです。 1.「検索メニュー」画面に進んで、「 キーワード検索」をクリックします (あるいは「キーワード詳細検索」でもけっこうです)。 2 .
    www.jacar.go.jp/nichiro/cloud_togo.htm
  9. 東郷平八郎とは (トウゴウヘイハチロウとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
    明治38年(1905年)5月27日、ロジェストウェンスキー中将率いるバルチック艦隊が日本 海に現れ、東郷平八郎大将率いる連合艦隊と対戦することになる。会敵後、極めて短期 間の間で戦いの雌雄は決し、翌28日にはバルチック艦隊は壊滅した。一方、連合艦隊 ...
    dic.nicovideo.jp/a/東郷平八郎
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.