Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

北条早雲 で検索した結果 1~10件目 / 約264,000件 - 0.31秒

ウェブ

  1. 北条早雲 - Wikipedia
    北条 早雲(ほうじょう そううん)は、室町時代中後期(戦国時代初期)の武将で、戦国 大名となった後北条氏の祖である。伊勢 宗瑞(いせ そうずい)とも呼ばれる。北条早雲 は戦国大名の嚆矢であり、早雲の活動は東国の戦国時代の端緒として歴史的意義が ある。 目次. [非表示]. 1 名称と生年; 2 生涯. 2.1 出自; 2.2 幕府申次衆・奉公衆; 2.3 駿河下向; 2.4 伊豆討入り; 2.5 小田原城奪取; 2.6 相模平定. 3 年表; 4 妻子; 5 偏諱を 与えた人物・名前について; 6 早雲の出自と生年の論争. 6.1 出自に関する論争; 6.2 生年に関する ...
    ja.wikipedia.org/wiki/北条早雲
  2. 北条早雲【詳細版】戦国時代の幕開け~北条早雲の生涯 -戦国武将1100 ...
    北条早雲(北條早雲)は、一介の素浪人から戦国大名になった下剋上の始まり、戦国 時代の幕開けとなった人物とされてきたが、そもそも、何の実力も無い者が一国の主に なる事は非常に困難である。 その後の研究では、北条早雲(北條早雲)の出自もわかっ てきた為、最新の研究内容を踏まえて、新たな北条早雲について、詳細に記載したいと 思う。 北条早雲(ほうじょう-そううん)は小田原城を奪い、相模を統一すると言う偉業を 達成するのだが、亡くなる時点でも「北条」と言う姓名を使用することは生涯なかった。 北条姓を ...
    senjp.com/soun/
  3. 北条早雲とは (ホウジョウソウウンとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
    北条早雲(ほうじょう・そううん 1432?/1456? ~ 1519)とは、後北条氏の初代当主 にして最初の戦国大名である。出自、生年、名前については後述する。姉妹に駿河守護 今川義忠の正室・北川殿。弟に弥二郎。子に北条氏綱、北条幻庵。孫に北条氏康等。甥 に今川氏親。 当初は幕府の官僚であったが義兄の今川義忠を頼って下野。その後一度 は幕府に復職したが、甥の氏親の当主就任の為に尽力したことで独自の所領を得る。 そこから伊豆、相模を攻めとり、後に言う後北条氏百年の基礎を築いた。 また、彼の 伊豆 ...
    dic.nicovideo.jp/a/北条早雲
  4. 【初代】北条早雲(伊勢宗瑞)ってどんな人? [ざっくりわかる北条氏] | 攻城 ...
    北条早雲という名前. また、「北条早雲」という名は存命中には使われていませんでした。 そもそも「北条」を名乗るようになったのは2代・氏綱の時代からです。なので本来なら ここでは「伊勢宗瑞」(あるいは出家前の「伊勢盛時(伊勢新九郎盛時)」)で説明すべき なのですが、通りのよい「早雲」を使います。
    kojodan.jp/blog/story/2793.html
  5. 北条早雲を5分で!北条政子や北条時宗とはまったく関係ない? | れきし ...
    北条早雲(ほうじょうそううん)といえば、「最初の戦国大名」として有名ですね。 彼から「 戦国時代」がはじまったのです。 今回、北条早雲のかんたんな経歴、北条政子や北条 時宗との関係を紹介していきますよ。 北条早雲、プロフィール 北条早雲(ほうじょうそう うん) 出身地:備中(岡山県) 生誕:1432年.
    r-ijin.com > れきし上の人物.com TOP > 室町時代
  6. 小田原市 | 北条五代
    戦国時代、小田原城を本拠に関東一円を支配した戦国大名が北条氏(後北条氏とも 言う)です。歴代当主五人は、北条五代と呼ばれています。 明応4年(1495)、関東で 理想の国家を作ろうと、大森氏を退け、北条早雲が伊豆韮山から小田原城に入りました 。以後、北条氏は小田原を拠点として、多くの人材を上方から招き、産業を興し、着々と 勢力を伸ばしていきました。二代目氏綱が関東支配の礎を築き、三代目氏康の時代に は城下町の形態も整えられ、小田原は関東における政治、経済、産業、文化の中心 として繁栄 ...
    www.city.odawara.kanagawa.jp > ... > 小田原城の歴史
  7. 小田原市 | 早雲出自の謎
    北条早雲画像(早雲寺写し). 今年は、北條早雲が明応四年(1495年)に大森藤頼(ふじ より)を遂(お)って小田原城に入ってから、ちょうど五百年になる。 [注:この記事は平成 7年度に広報おだわら紙上に連載] この、早雲に始まる北條氏を、鎌倉時代の執権北條 氏と区別して、後北條氏といっているが、後北條氏五代およそ百年間、小田原は関東の 政治・経済の中心だったのである。さて、五代百年にわたる繋栄の基礎を築いたのは いうまでもなく初代の早雲であるが、一代でのしあがったということもあって、その前半生  ...
    www.city.odawara.kanagawa.jp > ... > 新・北条五代記
  8. 北条早雲(ほうじょうそううん)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 北条早雲の用語解説 - [生]永享4(1432)[没]永 正16(1519).8.15. 伊豆戦国時代の大名。後北条氏の祖。伊勢新九郎長氏と称したが, 入道して宗瑞と号した。出自は不明で,室町幕府政所執事伊勢氏の一族とも,鎌倉幕府 執権北条氏の子孫ともいい,出身地も伊勢,京,備中...
    kotobank.jp/word/北条早雲-132154
  9. 戦国時代を始めた武将・北条早雲に学ぶ成功術 - 店通 -店舗流通ネット ...
    小田原北条家の祖・北条早雲は、初めて戦国大名となった人物で、その後歴史に名を 遺した織田信長や武田信玄、徳川家康などの名だたる武将がその戦術を手本にしたと 言われています。 現代の皆様に、戦国の世の幕を切って落とした風雲児『北条早雲』の 成功術をご紹介します。
    www.tenpo.biz > 店舗流通ネット > 飲食店業界特集
  10. 北条早雲(伊勢宗瑞)は、どうして最初の戦国大名になったのか? | 歴史 ...
    2017年8月8日 ... 北条早雲は伊豆や相模(神奈川県)に独立した勢力を築いた、史上初の戦国大名です。 元々は室町幕府に仕える役人でしたが、駿河の守護大名・今川氏の後継者争いに介入 し、功績を立てて一城を与えられました。 以後は中央に戻ることなく、甥の今川氏親を 補佐しつつ、伊豆や相模に侵攻し、独自の勢力圏を構築していきます。 そして領民の 生活を重視する新しい統治体制を構築し、武家政治のあり方に大きな影響を及ぼしまし た。 この文章では、早雲はどうして最初の戦国大名になったのか、について ...
    app.k-server.info > ホーム > 戦国時代
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.