Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

山本嘉次郎 で検索した結果 1~10件目 / 約1,650,000件 - 0.24秒

ウェブ

  1. 山本嘉次郎 - Wikipedia
    山本 嘉次郎(やまもと かじろう、1902年3月15日 - 1974年9月21日)は、日本の映画 監督、俳優、脚本家、随筆家である。脚本を書く際や、俳優としてデビューした当初は、 平戸延介、平田延介名義を使用することも多かった。
    ja.wikipedia.org/wiki/山本嘉次郎
  2. 山本嘉次郎(やまもとかじろう)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 山本嘉次郎の用語解説 - [生]1902.3.15. 東京 [没]1973.9.21. 東京映画監督。慶應義塾大学中退後,新劇や映画の俳優,脚本家など の経験を積み,1932年日活に入り『細君新戦術』で監督になる。のち PCL (東宝の ...
    kotobank.jp/word/山本嘉次郎-144331
  3. 山本嘉次郎 - 日本映画データベース
    山本嘉次郎 ..... 農学士杉山次郎作; 1926.03.12 港の謙吉 タカマツプロ吾嬬 ... 林徳生 (領事館員); 1926._._ 楠公の唄 タカマツ・アズマプロ ... アリョノフ; 1926._._ 国境 の血涙 タカマツプロ ... その恋人; 1927._._ 二人の女性 タカマツ・アズマプロ .
    www.jmdb.ne.jp/person/p0149740.htm
  4. 山本嘉次郎
    おびただしい東宝喜劇映画を作る一方、『馬』『ハワイ・マレー沖海戦』など道標的名作を 残し、黒澤明、高峰秀子、エノケンなどを育て上げ、カツドウヤと自称した映画監督山本 嘉次郎は、戦後はこれといった作品を作っていない。 しかし、生活を愛し、スコッチ ...
    www.geocities.co.jp/Hollywood-Miyuki/.../yamamoto.html
  5. 黒澤明 助監督時代 ~山本嘉次郎に学び、高峰秀子とは恋仲に~
    面接時に意気投合した山本嘉次郎監督の「エノケンの千万長者」。この一作で黒澤は 映画作りにやりがいを感じ、映画で食っていくことを決める。また後の大女優高峰秀子 とも恋仲になるが…
    star-director.info/category1/entry4.html
  6. 師匠山本嘉次郎が語る黒澤明を面接したときの話!「絵だって映画だって ...
    黒澤明が師と仰ぐ山本嘉次郎がクロサワを語る. 黒澤明は画家を夢見ていたが、絵では 食っていけないと感じていた。 また兄丙午の死によって、長男のような責任も感じ始めて いた。 とにかく父母を安心させたいという一心で後の東宝にあたるP・C・L映画製作所 ...
    star-director.info/category9/entry86.html
  7. Amazon.co.jp: 山本 嘉次郎: 本
    カツドウヤ自他伝 (1972年). 1972. 山本 嘉次郎. - · ¥ 2,700中古 ... カツドオヤ 紳士録 (1956年) (ユーモア新書). 1956. 山本 嘉次郎. 新書 · ¥ 1,200中古 ... カツドオヤという名の人類 (1953年) (現代随筆選書). 1953. 山本 嘉次郎. - · ¥ 2,000 中古 ...
    www.amazon.co.jp/...山本-嘉次郎/s?...27%3A山本%20...
  8. 全41作品。山本嘉次郎監督の映画ランキング - 映画格付
    雷撃とは死ぬことなり“という海軍省報道部の企画による戦意昂揚映画。3人の海軍少佐 を中心に、航空兵が魚雷を積んで敵空母に突入するまでが描かれる。公開は敗戦色 濃い1944年12月7日。もはや戦勝ムードなど出せるわけもなく、ひたすら死臭漂うこの  ...
    cinema-rank.net/s-kantoku/116908
  9. 山本嘉次郎
    東京出身。父の山本嘉太郎(同墓)は天狗煙草の総支配人を務めた。兄は山本嘉一郎 。愛称はヤマカジ。 慶応義塾大学理財科を中退。10代で帰山教正(かえりやまのりまさ) らの純映画劇運動の洗礼を受け、若い頃から映画に興味をもつ。1922(T11)日活に ...
    www6.plala.or.jp > 歴史が眠る多磨霊園 > 著名人リスト > や行
関連検索:
山本嘉次郎監督で検索
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.