Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

小平浪平 で検索した結果 1~10件目 / 約81,200件 - 0.25秒

ウェブ

  1. 小平浪平 - Wikipedia
    小平 浪平(おだいら なみへい、1874年1月15日 - 1951年10月5日)は、日本の技術者 ・実業家で、株式会社日立製作所の創業者である。 東京帝国大学工科大学電気工学科 (現東京大学工学部)を卒業し、日立製作所取締役社長や同社の専務取締役などを 歴任した。 1910年には、国産初の5馬力誘導電動機(モーター)を完成させた。 目次. [ 非表示]. 1 来歴・人物; 2 脚注. 2.1 注釈; 2.2 出典. 3 参考文献. 来歴・人物[編集]. 小平 は1874年1月15日、小平惣八、チヨの次男として栃木県下都賀郡家中村大字合戦場( 現・ ...
    ja.wikipedia.org/wiki/小平浪平
  2. 小平浪平(おだいらなみへい)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 小平浪平の用語解説 - [生]1874.4. 栃木[没] 1951.10.5.日立製作所の創設者。東京大学電気工学科卒業。東京電灯 (東京電力の 前身) 技師在職中,電気機械の国産化を志し,日立鉱山内で誘導電動機の自家生産を 開始,1910年日立製作所として独立,本格的生産に入った。...
    kotobank.jp/word/小平浪平-40490
  3. 史上最強の社内ベンチャーの旗手「国産技術の確立者」小平浪平 | 月刊 ...
    その青年技師の名は小平浪平(1874-1951)といった。 国産技術を確立した日立 製作所創業者・小平浪平 写真提供:日立製作所. 日立製作所の創業者である。じつは「 世界の日立」は、この通称“日立製作所創業小屋”から始まったのである。「日立」 にまつわる経済人といえば、“鉱山王”久原房之助(1869-1965)や久原から事業を 引き継いだ日産コンチェルン総帥・鮎川義介(1880-1967)の名がおもい浮ぶが、日産 コンツェルン傘下の日立製作所を、技術一筋でゼロから築き上げ、今日の「日立 グループ」の中心的存在に ...
    www.projectdesign.jp/201507/philosophy/002298.php
  4. 日立製作所創業者 小平浪平:目次 | 先駆者たちの大地 | man@bowまな ...
    いま、ふたたび開拓精神を. 世界屈指の総合電機メーカー日立製作所。 その出発は、 鉱山の機械修理工場だった。 自主技術を志した小平浪平が製作した3台の5馬力 電動機から90年の歴史が始まった。 いま、日立製作所は、巨大ゆえの悩みに直面して 、大胆な変革を始めようとしている。 「第二の創業」と位置づけられるその変革は、小平 浪平の開拓者精神の復活にかかっている。 1874~1905年 如何にして大々的事業を為 さん · 1900~1906年 日本人の手で自主技術の開発を · 1901~1910年 5馬力電動機 に託した ...
    manabow.com/pioneer/hitachi/
  5. 日立のV字回復と「創業者精神」 :日本経済新聞
    日立製作所の業績向上に一段と弾みがついてきた。2月3日に発表した2010年10~12 月期の営業利益は前年同期比81%増の1198億円、純利益は同2.8倍の620億円。「 情報・通信システム」「電力システム」「社会産業システム」などに分類された11部門 すべての営業利益が増益となった。11年3月期通期の純利益予想も従来の2000億円 から2300億円に上方修正し、1991年3月期に記録した最高益(2301億円)を20年ぶり に更新する可能性も出てきた。 小坂鉱山時代の小平浪平. 2年前、日立は「 ...
    www.nikkei.com/.../DGXNASDD2103U_R20C11A200...
  6. 日立製作所の創業者 小平浪平氏に学ぶ、“失敗”の極意 連載:トヨタに ...
    日立製作所の創業者 小平浪平氏に学ぶ、“失敗”の極意. 変化の激しい時代である。 勝ち抜くためには新たな何かを生み出すほかはないが、挑戦やイノベーションには しばしば「失敗」がつきまとう。だからこそ多くの企業で「失敗を恐れるな」「果敢に挑戦 しろ」といった言葉がよく聞かれるが、風土としてそれがしっかりと定着している企業は 案外少ないのではないだろうか。挑戦の風土をつくるには、失敗さえも糧にする仕組み づくりが欠かせない。 執筆:カルマン 代表取締役社長 若松 義人 ...
    www.sbbit.jp > トップページ > 組織改革 > 人材育成・人材獲得
  7. 日立製作所創業者 小平浪平 先駆者たちの大地 IRマガジン | 「NET-IR ...
    果たして、本山には次々と良鉱が発見され、久原鉱業所日立鉱山(現、ジャパン エナジーのルーツ)はまたたくまに日本有数の銅山に発展した。ここで、工作課長を担当 していたのが小平浪平だった。 小平浪平は、明治7年、栃木県下都賀郡の素封家に 生まれた。父の惣八は、塗料工場などに手を出しては失敗し、多額の借財を残して明治 23年に病没した。兄の儀平は第一高等中学校(後の第一高等学校)に通う秀才だった。 浪平も東京英語学校に通っていたが、最早二人を遊学させることは困難だった。儀平は 学校をやめ、 ...
    www.net-ir.ne.jp/ir_magazine/.../vol034_6501.html
  8. 小平浪平とは - 日本の創業者列伝 Weblio辞書
    小平浪平とは?日本の創業者列伝。 (1874~1951) 実業家・技術者。栃木県生まれ。 東大卒。日立製作所の創業者。 >>『三省堂 大辞林』の表記・記号についての解説を 見る.
    www.weblio.jp/content/小平浪平
  9. 日本リーダーパワー史(138) 83年前の関東大震災で示した日立創業者 ...
    日本リーダーパワー史(138) 83年前の関東大震災で示した日立創業者・小平浪平の リーダーシップ. 2011/04/07 2015/01/02. 日本リーダーパワー史(138). 大震災と リーダーシップ・日立創業者・小平浪平の決断力. <大震災、福島原発危機を乗り越える 先人のリーダーシップに学ぶ>. 前坂 俊之(ジャーナリスト). 今回の大震災で日立 製作所が受けた影響は茨城県や福島県での6工場で建物の一部が倒壊、屋根、外壁が 落下する被害が出た。グループの社員では、24人が軽傷を負い、2人が骨折。建屋や 生産設備が ...
    www.maesaka-toshiyuki.com > ホーム > 人物研究
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.