Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

武田泰淳 で検索した結果 1~10件目 / 約93,900件 - 0.29秒

ウェブ

  1. 武田泰淳 - Wikipedia
    武田 泰淳(たけだ たいじゅん、1912年(明治45年)2月12日 - 1976年(昭和51年)10月 5日)は、日本の小説家。第一次戦後派作家として活躍。主な作品に『司馬遷』、『蝮の すゑ』、『風媒花』、『ひかりごけ』、『富士』、『快楽』など。 妻は随筆家の武田百合子、娘 は ...
    ja.wikipedia.org/wiki/武田泰淳
  2. Amazon.co.jp: 武田 泰淳: 本
    秋風秋雨人を愁殺す: 秋瑾女士伝 (ちくま学芸文庫). 2014/9/10. 武田 泰淳 ... ニセ札 つかいの手記 - 武田泰淳異色短篇集 (中公文庫). 2012/8/23. 武田 泰淳 ... 淫女と豪傑 - 武田泰淳中国小説集 (中公文庫). 2013/1/23. 武田 泰淳 ...
    www.amazon.co.jp/本-武田-泰淳/s?ie=UTF8...1...
  3. 富士 (中公文庫) | 武田 泰淳 |本 | 通販 | Amazon
    Amazonで武田 泰淳の富士 (中公文庫)。アマゾンならポイント還元本が多数。武田 泰淳作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また富士 (中公文庫)も アマゾン配送商品なら通常配送無料。
    www.amazon.co.jp/富士...武田-泰淳/dp/4122000211
  4. 武田泰淳のおすすめの小説4選!社会問題を織り交ぜた珠玉の本 | ホン ...
    【ホンシェルジュ】 戦中・戦後の混沌とした社会の中で人間の内面を探求し描き続けた 作家、武田泰淳。社会的であると同時に哲学的作品が多く存在し、人間の内側にある 複雑で深い闇が感じられます。そんな武田泰淳の作品から代表作を4 ...
    honcierge.jp > ホンシェルジュ > 特集記事 > おすすめ小説ランキング
  5. “巨人”武田泰淳の自伝的作品『快楽』を、最後の編集担当者・村松友視が ...
    武田泰淳の自伝的作品ともいえる、『快楽』(けらく)は、未完の作品にも関わらず、第5 回日本文学大賞を受賞した代表作のひとつ。その作品との出会いから、世界観について 、作家の村松友視が語ります。
    pdmagazine.jp/people/keraku/
  6. 武田泰淳(たけだたいじゅん)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 武田泰淳の用語解説 - [生]1912.2.12. 東京[ 没]1976.10.5. 東京小説家。東京大学支那文学科在学中左翼運動に参加,1932年 中退。 34年竹内好らと「中国文学研究会」を創設,35年機関誌『中国文学月報』 (のち『  ...
    kotobank.jp/word/武田泰淳-93060
  7. 富士 感想 武田 泰淳 - 読書メーター
    しかし、それは嫌でも三島由紀夫の「三」を連想せざるを得ない(武田泰淳は「三島 由紀夫が死んでくれたおかげで『富士』を書き上げることが出来た」とどこかで言っていた が)あるいは、「アッハ」「プフィ」といった埴谷雄高の『死霊』への目配せなど、この作品 自体 ...
    bookmeter.com/books/440544
  8. 71夜『ひかりごけ』武田泰淳|松岡正剛の千夜千冊
    武田泰淳. ひかりごけ. 新潮文庫 1954. ISBN:410109103X. 戦後文学の最高の実験作 のひとつが『ひかりごけ』である。 まず、構成が意外なしくみになっている。 最初は淡々と した小説のように始まっていて、文筆家の「私」が羅臼を訪れたときのことを回顧して ...
    1000ya.isis.ne.jp/0071.html
  9. 東京新聞:武田泰淳「原点」上海に 特攻隊題材の作品「神鷲」発見:社会 ...
    2017年8月23日 ... 戦後派文学を代表する作家で、小説「ひかりごけ」で知られる武田泰淳(たいじゅん)(一 九一二~七六年)が、日中戦争末期の中国・上海で執筆した作品があることが二十三日 、分かった。神風特攻隊を題材としており、奈良大の木田隆文准 ...
    www.tokyo-np.co.jp > トップ > 社会 > 紙面から > 8月の記事一覧
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.