Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

η二乗 解説 で検索した結果 1~10件目 / 約16,200件 - 0.24秒

ウェブ

  1. 研究論文における効果量の報告のために ―基礎的 ... - Atsushi Mizumoto
    かりやすく紹介し,その使用の目的と注意点を解説する。 2. 効果量とは .... (correlation ratio,η)を用い,η2(eta squared,イータ2乗)で効果量が表されることが多 ... め,η2 は,分散説明率と呼ばれる相関係数(r)を 2 乗した r2 や R2 (回帰分析の決定係数,.
    www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  2. 効果量effect size:η^2(イータ二乗)の計算方法 - いつものこと
    SPSS出力 被験者間効果の検定 従属変数: SCORE ソース タイプ III 平方和 自由度 平均平方 F 値 有意確率 偏イータ 2 乗 修正モデル ... 効果量effect size:η^2(イータ 二乗)の計算方法 ... ここに概念がわかりやすく解説してある。 lotusland ...
    lotusland.hatenablog.com/entry/20080530/1212129953
  3. 分散分析 効果量:イータ2乗、偏イータ2乗 - Gooブログ
    効果量η^2について効果量に関してはAPAも論文投稿に際して言及することを求めて いるが、分散分析の場合、偏η^2とη^2の区別が必要。SPSSでは偏η^2を算出するが、 その説明はη^2になっている。一般に論文に効果量として付記するなら ...
    blog.goo.ne.jp/.../7301425ab7ea8ab7dd1173a701ba9e...
  4. 効果量について - Memorandums - Gooブログ
    以前にも載せた検定の際の効果量の記載について。前項と同じ下記サイトで、相関係数 、t検定、分散分析などの効果量d,fなどを解説・整理している。分散分析については、η2 (etasquared:イータ二乗)、partialη2,ηp2(partialetasquared:偏 ...
    blog.goo.ne.jp/.../44ad4f7168cda8b7eef9a36f64ce006...
  5. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般化効果量. このところ,論文を投稿する際には“効果量を記載するように”という声を 聞くことが多くなったように思います。 一般的によく用いられる分散分析の効果量の指標 としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2(偏オメガ二乗)があります。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?...
  6. 4-1 分散分析とは
    イータ 2 乗(eta squared: η2). 全体の分散における求めたい要因. の分散比で分散 説明率がわかる. 要因の増加につれ、他の要因の. 影響により、個々の要因の効果. 量 が小さくなる。 偏イータ 2 乗(partial eta squared: ηp2) 他の独立変数 ...
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../20140514Ch4_1.pdf
  7. ম঩भॸشঐ ৰୡੱ৶৾঻पधढथभ஍ટ - 専修大学学術機関リポジトリ
    次に多いのがη2(イータ二乗)で18%,ω2(オメガ二乗)はほとんど報告されていない。 どうし. てこういう結果になったかというと,これはFritzらの考察ですが,1つの理由として はηp. 2は計算. がすごく簡単である。それからもう1つの大きな理由としては,SPSSが ...
    ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository...
  8. SPSS ときど記
    SPSSは分散分析の効果量として偏イータ2乗(partial eta squared)(偏η2)が出力され る。SPSSのこの出力に関して2つの論文がでている(Timothy et al, 2002; Pierce et al, 2004)。Timothy et al(2002)はSPSS ver9が偏η2のことをη2と言っていると指摘して ...
    www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/spss/tokidoki24.html
  9. Title 研究論文における効果量の報告のために - 関西大学学術リポジトリ
    かりやすく紹介し,その使用の目的と注意点を解説する。 2. .... (correlation ratio, n)を 用い, n2(eta squared, イータ2乗)で効果量が表されることが多 ... め,n2は, 分散説明率 と呼ばれる相関係数(r)を2乗した まや R(回帰分析の決定係数,.
    kuir.jm.kansai-u.ac.jp/.../KU-1100-20080321-01.pdf
  10. 効果量メモ(効果サイズ,エフェクトサイズ,effect size) - researchmap
    効果量についての解説は,けっこうあやしい感じだったり中途半端なものも多い です ので,しっかりした文献にあたることが ... 効果量といわれるとCohenのdや(偏)イータ 二乗などを思い浮かべる方が多いかもしれませんが,ここではまず非 ...
    researchmap.jp/jo0f4s8qj-32069/
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.