Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

η 一般化 で検索した結果 1~10件目 / 約2,010,000件 - 0.39秒

ウェブ

  1. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般化効果量. このところ,論文を投稿する際には“効果量を記載するように”という声を 聞くことが多くなったように思います。 一般的によく用いられる分散分析の効果量の指標 としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2(偏オメガ二乗)があります。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?...
  2. 反復測定分散分析における効果量
    5. 被験者内計画における. 偏効果量と一般化効果量の違い. 5. 1要因の場合... 2要因 の場合... 3515. 3750.153. 1250.83. 1250.83. 2. = +. = +. = ×As. A. A p. SS. SS. SS η. 3274. 3750.153. 375.17. 1250.83. 1250.83. 2. =.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../effect.pdf
  3. 心理学研究における効果量の活用と報告 - J-Stage
    という量になることがある。この種の効果量は偏効果. 量(partial effect size)と呼ばれる 。さらに,これらを. なるべく多くの研究デザイン間で比較するための量と. して,一般化 効果量 η=. (当該要因の 散). (当該要因の 散)+. それ以外の操作. されていない要因.
    www.jstage.jst.go.jp/article/arepj/52/0/52_234/_pdf
  4. 効果量 - Researchmap
    本発表の概要. • d, g, η p. 2, P rep. , といった用語の意味が分かるよ. うにする. • デモ によって,各指標の性質の違いを見る. 3 .... r族の効果量. • 分散割合の指標. –分散 説明率 r2. –分散分析の効果量. • η2. • 偏η2. • ε2. • ω2. • 一般化η2. 24 ...
    researchmap.jp/%3Faction%3Dmultidatabase_action_main_ ...
  5. 【書きかけ】一般化線形モデルの流れ - SlideShare
    µ = η ✒ ✑ 上記のような表現が、古典的線形モデルの一般化に当たる。ここで、 ηi = g( µi) とするとき、g(·) をリンク関数と呼ぶ。このような形式においては、古典的な線形 モデルは、1 つめで正規分布を仮定し、3 つ目でリンク関数を µ = η と指定 ...
    www.slideshare.net/tomoshigenakamura/glm-v1
  6. 実験心理学者にとっての効果量 - 専修大学学術機関リポジトリ
    2(一般化オメガ二乗)の3種類があります。ηの場合とだいたい同じよ. うなかたちで 使い分けることができると思います。 さらに効果量の報告に関してもう1点だけ言って おきたいこととして,MSEの有用性について. 指摘しておきたいと思います。MSEというの は分散 ...
    ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository...
  7. 一般化線形モデル - biostatistics - biopapyrus
    一般線形モデルは Y = Xβ の式を利用してモデル化するに対して、一般化線形モデルは 、リンク関数 G を用いて、次のようにモデル化を行う。 G(E[Y])=Xβ. 一般化線形モデル では、上式の右辺を線形予測子 ηと読んでいる。一般に、η = Xβ と略して書いたりする。
    stats.biopapyrus.jp/glm/lm-glm.html
  8. 量的データの解析方法2(分散分析、その2)
    による調整をする auto=T 球面性検定の効果が有効であった参加者内効果. について、 Greenhouse-Geisserのεによる調整をす. る. (ANOVA君/ANOVA君の使い方). 4. 効果量 eta=T η(イータ)二乗 peta=T. 偏η(イータ)二乗 geta=T. 一般化η(イータ)二乗.
    cog.inf.kyushu-u.ac.jp/~shidoji/japanese/.../06ANOVA2.pdf
  9. spss 分散分析 偏イータ2乗
    GEEは一般化線型モデル→一般化推定方程式 で選択される。 GZLMは .... SPSSは 分散分析の効果量として偏イータ2乗(partial eta squared)(偏η2)が出力される。 SPSS ... Timothy et al(2002)はSPSS ver9が偏η2のことをη2と言っていると指摘して いる。
    www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/spss/tokidoki24.html
  10. 専門的な質問で恐縮ですが教えてください。心理学の統計解析および結果の記 ...
    さらに,分散分析でηを使えば,検定ごとに,異なった効果量(3種類か?)が使われる ... そのp6上を見ると,F値でも,t値でも,η^2を使っています。 ... ですので、こちらの論文 では一般化η二乗を用いるのが適切なのではないかと思いました。
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 心理学
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.