Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

おらおらでひとりいぐも 芥川賞 で検索した結果 1~10件目 / 約798,000件 - 0.42秒

ウェブ

  1. おらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞 | 若竹千佐子 |本 | 通販 ...
    Amazonで若竹千佐子のおらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞。アマゾンなら ポイント還元本が多数。若竹千佐子作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能 。またおらおらでひとりいぐも 第158回芥川賞受賞もアマゾン配送商品なら通常配送 無料。
    www.amazon.co.jp/おらおらでひとりいぐも-第158回...
  2. おらおらでひとりいぐも | 若竹千佐子 | 日本の小説・文芸 | Kindleストア ...
    昨年度の文藝賞を受賞した若竹千佐子の『おらおらでひとりいぐも』は、主人公桃子さん 74歳の、内面から勝手に湧きあがってくる東北弁の声ではじまる。 24歳の秋、 .... でも、 最近の芥川賞ってこんなもんだよね〜深く心に響いたり深く記憶に残ったりしない。
    www.amazon.co.jp/おらおらでひとりいぐも.../B077YW...
  3. おらおらでひとりいぐも :若竹 千佐子|河出書房新社
    おらおらでひとりいぐも 74歳、ひとり暮らしの桃子さん。おらの今は、こわいものなし―― 新たな「老い」を生きるための感動作。青春小説の対極、玄冬小説の誕生! 第54回 文藝賞、第158回芥川賞受賞作。
    www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309026374/
  4. 63歳処女作で芥川賞受賞!『おらおらでひとりいぐも』を読書家はどう読ん ...
    2018年2月24日 ... 青春小説の対極に位置する「玄冬小説」が、第158回芥川賞を受賞した。『おらおらで ひとりいぐも』は63歳にして小説家デビューを果たした若竹千佐子氏の処女作。夫に 先立たれ、子どもたちともうまく関係を結べないと感じている74歳の桃子 ...
    ddnavi.com > トップ > レビュー
  5. 73歳の久米宏の心に、芥川賞作『おらおらでひとりいぐも』が沁みた理由 ...
    発売よりわずか2ヵ月強で50万部を超える快進撃を見せている小説が、芥川賞を受賞 した若竹千佐子さんの『おらおらでひとりいぐも』だ。この作品は2017年秋、63歳の若竹 さんが第54回文藝賞を受賞したデビュー作。一体なぜこれほどまでにヒットしているのか  ...
    gendai.ismedia.jp/articles/-/54573
  6. おらおらでひとりいぐも』と、ゼッタイ読むべき芥川賞作品5冊 - MEETIA
    2018年3月9日 ... 2017年下半期の芥川賞(第158回)に選ばれた若竹千佐子『おらおらでひとりいぐも』が 売れている。芥川賞受賞から一ヶ月満たずして発行50万部を突破。過去10年の芥川賞 において、又吉直樹『火花』、村田沙耶香『コンビニ人間』に次ぐ数字 ...
    meetia.net/book/oraora-akutagawa/
  7. 芥川賞-選評の概要-第158回|芥川賞のすべて・のようなもの
    2018年2月20日 ... および、受賞作・候補作に対して各選考委員がどのような評価を下したのか、選評から 判断してマークで示しています。 || 出典『文藝春秋』平成30年/2018年3月号 || 受賞: 石井遊佳「百年泥」、若竹千佐子「おらおらでひとりいぐも」 || 候補: 木村 ...
    prizesworld.com/akutagawa/senpyo/senpyo158.htm
  8. おらおらでひとりいぐも 感想 若竹千佐子 - 読書メーター
    おらおらでひとりいぐもの感想・レビュー一覧です。 ... 検索. トップ · 読書メーターとは · 本 ランキング · 作家ランキング · トップ · 若竹千佐子; おらおらでひとりいぐも. 【サイン本 プレゼント実施中】“平成最後の年である今こそ読むべき1冊”を20名様に!
    bookmeter.com/books/12394579
  9. 「著者と語る」若竹千佐子・芥川賞作家 『おらおらでひとりいぐも』 - YouTube
    2018年3月9日 ... デビュー作『おらおらでひとりいぐも』で第158回芥川賞を受賞した若竹千佐子さん(63) が登壇した。若竹さん ...
    www.youtube.com/watch?v=HzrMsNeJbrU
  10. 【きょうの人】「おらおらでひとりいぐも」で芥川賞の若竹千佐子さん 涙 ...
    東北弁の語り口が印象的な受賞作「おらおらでひとりいぐも」では、東京オリンピックの年 に上京し子を育て、夫もみとった74歳の主婦が老境の自由を見つける。タイトルは宮沢 賢治の詩「永訣(えいけつ)の朝」の一節。〈ひとりで死んでいく〉覚悟 ...
    www.sankei.com/life/news/.../lif1801170012-n1.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.