Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

イータ 効果量 被験者内 で検索した結果 1~10件目 / 約4,580件 - 0.36秒

ウェブ

  1. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般的によく用いられる分散分析の効果量の指標としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2( 偏オメガ二乗)があります。 ... これらの指標を用いた場合には,被験者間計画で得られ た効果と反復測定要因を含む計画(被験者内計画と混合要因計画) ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  2. 反復測定分散分析における効果量
    3. 偏η2と偏ω2. 3. 他の独立変数の個数やそれらの有意性に. よる影響を除いた指標. ここで,. N=データ数. 被験者内と被験者間の要因を比べるとき,. 被験者内要因の 効果量を不当に高く推定. Error. Effect. Effect p. SS. SS. SS. +. =.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../effect.pdf
  3. 研究論文における効果量の報告のために ―基礎的 ... - Atsushi Mizumoto
    書物でも効果量が断片的に取り扱われているか,もしくはまったく取り上げられていない 場合. が多い。また,APA ... サンプル数,あるいは被験者数)が大きくなればなるほど, 統計的に有意であるという結果に ..... 分散分析 偏イータ2乗」『SPSS ときど記 (242)』.
    www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  4. 分散分析 効果量イータ2乗、偏イータ2乗 - Gooブログ
    効果量η^2について効果量に関してはAPAも論文投稿に際して言及することを求めて いるが、分散分析の場合、偏η^2とη^2の区別が必要。 ... したがって、一般にη^2よりも 大きな値になるが、対応のない1要因の場合はη^2に一致する。 ... 分散分析 偏イータ2 乗 ... 二乗)の計算方法 (SARITOTE): SPSS出力 被験者間効果の検定 従属変数: SCORE ソースタイプ III 平方和自由度平均平方F 値有意確率偏イータ 2 乗 ...
    blog.goo.ne.jp/.../7301425ab7ea8ab7dd1173a701ba9e...
  5. 4-1 分散分析とは
    対応あり要因:異なる水準に同じ被験者を割り当てた被験者内要因(within-subjects factor). のこと。その要因で構成 .... 効果量. 長所. 短所. イータ 2 乗(eta squared: η2). 全体の分散における求めたい要因. の分散比で分散説明率がわかる.
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../20140514Ch4_1.pdf
  6. 英語教育評価論 9 月 10 日 p. 62~71 §4-3 1 元配置分散分析 (対応あり ...
    2018年9月10日 ... 効果量 d に変換可能. ◇他の分散分析デザイン. と比較できない. 偏イータ 2 乗 partial eta squared: ηp. 2. ◇独立変数が増えても. 低くならない. ◇SPSS で算出できる. ◇ 被験者内要因と被験者. 間要因を比較できない. 一般化イータ 2 乗.
    www.u.tsukuba.ac.jp/~hirai.akiyo.ft/.../hyoka9-10.pdf
  7. 効果量 - Researchmap
    効果量……聞いたことありますね? • もう少し詳しく勉強しよう. • 論文で報告する頻度が 増えてきたので,求め ... 効果量: サンプルサイズの影響を受けない, .... 分散分析では ,慣習的に,ρではなくη(イータ) ... ANOVA(1要因被験者内).
    researchmap.jp/%3Faction%3Dmultidatabase_action_main_ ...
  8. 効果量effect size:η^2(イータ二乗)の計算方法 - いつものこと
    SPSS出力 被験者間効果の検定 従属変数: SCORE ソース タイプ III 平方和 自由度 平均平方 F 値 有意確率 偏イータ 2 乗 修正モデル 268.667(a) 5 53.733 ... 効果量 effect size:η^2(イータ二乗)の計算方法 ... 偏η2にはこの性質はない
    lotusland.hatenablog.com/entry/20080530/1212129953
  9. ম঩भॸشঐ ৰୡੱ৶৾঻पधढथभ஍ટ - 専修大学学術機関リポジトリ
    論文に書くという,そのくらいの認識で効果量をとらえている人が多いのではないか, さらに進. んで言うと,査読者で .... 次に多いのがη2(イータ二乗)で18%,ω2(オメガ 二乗)はほとんど報告されていない。どうし. てこういう結果に .... 以上の被験者内要因を 含むという意味で考えてみると,圧倒的多数が被験者内要因を含む要因. 計画を使って いる ...
    ir.acc.senshu-u.ac.jp/?action=repository...
  10. SPSS ときど記
    SPSS ときど記(30) 2000/ 5/27 分散分析 反復測定・被験者内要因; SPSS ときど記( 29) 2000/ 5/26 分散分析 その後の多重比較検定→事後の多重比較; SPSS ... ときど 記(23) 2000/ 5/15 スクリプト マクロを走らせる; SPSS ときど記(22) 2000/ 5/13 分散 分析 効果量 η; SPSS ときど記(21) 2000/ 5/11 分散分析 観測検定力 ..... ソース, タイプ III 平方和, 自由度, 平均平方, F 値, 有意確率, イータの2乗, 非心度パラメータ, 観測検定力.
    www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/spss/tokidoki2.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.