Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

ギョーム・アポリネール で検索した結果 1~10件目 / 約11,800件 - 0.42秒

ウェブ

  1. ギヨームアポリネール - Wikipedia
    ギヨームアポリネール(Guillaume Apollinaire, 1880年8月26日 - 1918年11月9日) は、イタリア出身のポーランド人の詩人、小説家、美術批評家。本名ヴィルヘルム・ アポリナリス・コストロヴィツキ(Wilhelm (Albert Vladimir) Apollinaris de Kostrowitzky,  ...
    ja.wikipedia.org/wiki/ギヨームアポリネール
  2. 目でも読む詩。アポリネールの《カリグラム》 - NAVER まとめ
    ギヨームアポリネール/Guillaume Apollinaire(1880-1918). 20世紀初頭のパリで、 前衛芸術の旗手として、詩、小説、演劇に縦横の活躍をみせ、近代詩から現代詩への 方向を決定づけた才人。 出典Amazon.co.jp: アポリネール詩集 (新潮 ...
    matome.naver.jp/odai/2139141270657872801
  3. Amazon.co.jp: ギヨームアポリネール:作品一覧、著者略歴 - アマゾン
    Amazon.co.jp の ギヨームアポリネール 著者ページでは、ギヨームアポリネールの本 をご購入いただけます。ギヨームアポリネールの ... 2000/8. ギヨーム アポリネール、 Guillaume Apollinaire ... 1997/11. ギョーム アポリネール、 Apollinaire,Guillaume ...
    www.amazon.co.jp/ギヨームアポリネール/.../B001HP...
  4. ギヨームアポリネールの生涯と作品 - フランス文学と詩の世界 - 東京を描く
    ギヨームアポリネール Guillaume Apollinaire (1880-1918) は、20世紀初頭の フランスにおける、ほとんどあらゆる前衛芸術に係わりを持った。今日では詩人としての 名声が確立しているが、彼はむしろ美術批評家として出発したのであり、ピカソや ブラックの ...
    poesie.hix05.com/Apollinaire/apollinaire00.html
  5. アポリネールのカリグラム - 葉書で読みとくフランスの第一次世界大戦
    カリグラム」とは、通常の文章のように直線状に書くのではなく、絵のような形に言葉を 配置して視覚的効果を狙う詩的技法のことを指す。 ここでは、第一次世界大戦に従軍 したギヨームアポリネールの詩集『カリグラム』に収められている詩「二等牽引砲兵」の  ...
    cartespostales.kitakama-france.com/index.php?アポリネールの...
  6. ギョームアポリネール訳詩 - UU-AIR
    ギョームアポリネール訳詩. 訳:市 川 裕見子. 猫. 私が家にのぞむもの:. もののわかっ た女、. 本の間を行き来する猫、. 年がら年中の友人たち. 彼らなくしては生きていけない から。 ハツカネズミ. 晴れわたる日々、時のハツカネズミよ、. おまえたちが少しずつ少し  ...
    uuair.lib.utsunomiya-u.ac.jp/.../1/gaikokubungaku60_14.pdf
  7. 【完全解説】ギヨームアポリネール「20世紀初頭の前衛芸術の方向性を ...
    ギヨームアポリネール(1880年8月26日-1918年11月9日)はフランスで活躍した詩人 、劇作家、短編作家、小説家、美術批評家。 アポリネールは20世紀初頭の最も重要な 詩人の一人であり、また20世紀初頭の最も重要な前衛美術の批評家とみなされている 。
    www.ggccaatt.net/guillaume-apollinaire/
  8. ギョームアポリネール『一万一千本の鞭』 (1907、仏): ウンベルケナシの ...
    世界には、あからさまな下品が不足しているのではないか。 アポリネールはシュール レアリズムの先駆者。象徴派の影響を受けた詩人、作家。 1907年に出版した『一万一 千本の鞭』は本国で発禁処分を受け、1970年まで出版されなかった。
    gyujin-information.cocolog-nifty.com/.../12/1907-cf55.html
  9. ミラボー橋の二人 [アポリネールとマリー・ローランサン] : 感性の時代屋
    ミラボー橋」ギョームアポリネール 堀口大學 訳 ミラボー橋の下をセーヌ川が流れ われ らの恋が流れる わたしは思い出す悩みのあとには楽しみが来ると 日も暮れよ 鐘も鳴れ 月日は流れ わたしは残る手と手をつなぎ 顔と顔を向け合おう
    guchini.exblog.jp/18424387/
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.