Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

クマリン血液凝固阻止剤 グルコサミン で検索した結果 1~10件目 / 約702件 - 0.34秒

ウェブ

  1. EFSAがクマリン凝固剤 (特にワルファリン) - 「健康食品」の安全性 ...
    2011年12月8日、欧州食品安全機関 (EFSA) は、クマリン凝固剤 (特にワルファリン) を処方されている患者におけるグルコサミン併用の安全性に関して以下の声明を公表 (1 )。 EFSAは、クマリン凝固剤の服用患者におけるグルコサミンの安全性に関する科学 的な声明を提示するよう「栄養製品、栄養及びアレルギーに関する科学パネル」(NDA パネル)に求めた。 1. クマリン凝固剤 (特にワルファリン) を処方されている一部の 患者において、グルコサミンの摂取開始に伴い血液凝固を示す国際標準比 (INR) が 上昇 ...
    hfnet.nih.go.jp/contents/detail1844.html
  2. グルコサミン - Wikipedia
    単一成分、またはコンドロイチン(コンドロイチン硫酸)との混合物として、栄養補給 サプリメントや健康食品として販売されている。経口摂取の場合の変形性膝(-しつ)関節 症への効果はない。 またクマリン血液凝固阻止剤を利用している患者にとっては グルコサミン含有サプリメントは健康リスクが指摘されている。グルコサミンクマリン 血液凝固阻止剤(有効成分ワルファリン又はアセノクマロール含有)を同時に摂取すると 、血液凝固阻止作用が異常に強まるリスクがあるとドイツ連邦リスク評価研究所(BfR) によって指摘されて ...
    ja.wikipedia.org/wiki/グルコサミン
  3. 意見書「グルコサミン含有サプリメントは、クマリン血液凝固阻止剤を服用 ...
    概要(記事), ドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)は、意見書「グルコサミン含有 サプリメントは、クマリン血液凝固阻止剤を服用している患者に健康リスクがある」(2009 年8月14日付)を公表した。概要は以下のとおり。 BfRは以前(2007年)の意見書※で、 サプリメントへのグルコサミンの使用の健康リスクを評価し、以下の3つのリスク群を 特定した。(※訳注:当該リスク群を保護するための表示を包材に付すよう提言。) a) 糖尿病又はグルコース不耐性の者 b)心血管疾患のリスクのある者 c)クマリン血液凝固 阻止剤を服用して ...
    www.fsc.go.jp/fsciis/foodSafetyMaterial/.../syu03070890314
  4. 安全性評価シート
    商品名:グルコサミン. 安全性評価シート. 食経験の評価. ①喫食実績. による食経. 験の 評価. 喫食実績の有無: ☑あり ☐なし. (「あり」の場合に実績に基づく安全性の評価を 記載). 当該商品『グルコサミン』は、ハードカプセルに機能性関与成分グ. ルコサミンを 500mg 充填した商品(一粒の重量は 570mg であり、こ. のうちハードカプセル重量 .... 拍数、血液生化学検査値に有意な変化は無かった。 以上の事から、グルコサミン ... クマリン系抗凝固剤を服用している患者がグルコサミン含有サプリメント. を摂取すると、 抗凝固 ...
    www.caa.go.jp/foods/pdf/A139-anzen.pdf
  5. 販売しようとする機能性表示食品の科学的根拠等に関する ... - 消費者庁
    機能性関与成分グルコサミンクマリン系抗凝固剤(特にワルファリン)の. 相互作用 につきましては、抗凝固作用が増幅されるリスクがあるとの報告があ. りますが、当社 商品の対象者は健常者であり、1 日摂取目安量 1,500mg を守り、. 過剰摂取に留意し て頂ければ相互作用を起こす可能性は低いと考えておりま. す。 以上の結果より、機能 性関与成分であるグルコサミンは、適切に使用すれば、. 安全性に特段の問題は無く、 安心してご使用して頂けると考えております。 (3)摂取する上での注意事項( ...
    www.caa.go.jp/foods/pdf/A139-ippan.pdf
  6. 【医師監修】グルコサミンに副作用はある? | ヘルスケア大学
    特定の薬を内服している場合も確認を. 血液を固まりにくくする薬「ワルファリン」を代表と するクマリン血液凝固阻止剤を服用している場合には、グルコサミンの摂取に関して 医師に必ず確認をとるようにしてください。高用量のグルコサミンとコンドロイチン硫酸の 併用により、ワルファリンなどの作用を強め、止血作用が働かなくなったり、出血を 引き起こす可能性が指摘されています。
    www.skincare-univ.com > ... > グルコサミンの基礎知識
  7. 循環器疾患における抗凝固・抗血小板療法に関する ... - 日本循環器学会
    循環器疾患における抗凝固・抗血小板療法に関するガイドライン(2009年改訂版). Guidelines for management of anticoagulant and antiplatelet therapy in cardiovascular disease(JCS 2009). 目 次. 合同研究班参加学会:日本循環器学会, 日本冠疾患学会,日本胸部外科学会,日本血栓止血学会,. 日本小児循環器学会, 日本神経学会,日本心血管インターベンション学会,日本人工臓器学会,. 日本心臓 血管外科学会,日本心臓病学会,日本脳卒中学会,日本脈管学会,日本臨床血液学会 . 班 長 堀 正 二 大阪 ...
    www.j-circ.or.jp/guideline/pdf/JCS2009_hori_d.pdf
  8. 化学物質 - National Institute of Health Sciences
    2.海事フォーラム:福島の海洋環境リスク評価のための EU-日本会合の結果. 3.食品 及び飼料に関する緊急警告システム(RASFF). 【EFSA】. 1.EFSA はビスフェノール A の安全性について助言し 2012 年の意見レビューを確認. 2.現在 EFSA が化学物質の 食事暴露評価に使用している方法の概要. 3.暴露評価のための食品分類および品目 システムの開発報告書とその実施と利用につい. てのガイドライン. 4.クマリン血液凝固 抑制剤を使用している患者にとってのグルコサミンの安全性につい.
    www.nihs.go.jp/hse/food-info/.../2011/foodinfo201125c.pdf
  9. 健康食品の有効成分と注意事項 | 薬事情報センター | 一般社団法人 愛知 ...
    健康食品の素材, 主な有効成分, 注意事項, 期待される働き. ア, 青汁, カロチノイド類、 フラボノイド、クロロフィル、ビタミンC、カルシウム、食物繊維, ビタミンKに止血作用が あるため、血液凝固阻止剤や血栓治療薬を服用している人は、薬剤の作用を弱める おそれがあるので注意する。 ・抗酸化作用・整腸作用. アルファルファ, クマリン誘導体、 サポニン類、ステロール類、イソフラボン類、ビタミンA、C、E、K, ビタミンKに止血作用が あるため、血液凝固阻止剤や血栓治療薬を服用している人は、薬剤の作用を弱める おそれが ...
    www.apha.jp > HOME > 薬事情報センター
  10. クマリン血液凝固阻止剤を利用している患者にとってはグルコサミン含有 ...
    クマリン血液凝固阻止剤を利用している患者にとってはグルコサミン含有サプリメントは 健康リスクが指摘されている。グルコサミンクマリン血液凝固阻止剤(有効成分 ワルファリン又はアセノクマロール含有)を同時に摂取すると、血液凝固阻止作用が異常 に強まるリスクがあるとドイツ連邦リスク評価研究所(BfR)によって指摘されている.
    matome.naver.jp/odai/.../2141926576701849603
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.