Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

グラウカス・リサーチ・グループ で検索した結果 1~10件目 / 約8,860件 - 0.39秒

ウェブ

  1. グラウカス - Glaucus Research
    Glaucus Research Group California, LLCという名前は、小さいながらも力強い海洋 生物グラウカス・アトランティカス(アオミノウミウシとして知られる)にちなんで名付けられ ています。グラウカスは、自身より大きく、より強力な毒をもつカツオノエボシ(クラゲの ような生物)を食べてしまいます。また、グラウカスは獲物が持つ毒に対して耐性を持って おり、この毒を蓄積して捕食者に対して放出することができます。 Glaucus Research Group California, LLCは、キャピタル・マーケットの経験、会計、法律、 ...
    glaucusresearch.com/japan/
  2. 伊藤忠商事vs.空売りファンド、緊迫する攻防 | 週刊東洋経済(ビジネス ...
    企業の不正会計を調査し、「空(カラ)売り」を仕掛けたうえでリポートを公開する米空売り ファンド、グラウカスリサーチグループが日本に初上陸。伊藤忠商事を標的にし、 揺さぶっている。 同グループは7月27日、東芝の不適切会計と比較する強い論調で、「 伊藤忠が過年度決算で利益の水増しを行っている」とする調査リポートを公表。目標 株価を、前日終値の半値である631円に据え、「強い売り」を推奨した。当日の株価は 一時約10%下落し、1135円と年初来安値を更新した。 リポートで訴える不正会計 ...
    toyokeizai.net > ... > ビジネス > 週刊東洋経済(ビジネス)
  3. 伊藤忠パニックの衝撃…ファンドの餌食になる日本企業、突然の攻撃的 ...
    2017年5月11日 ...グラウカスリサーチグループは16年7月27日、伊藤忠の会計処理について疑問を 呈するリポートを出し、「目標株価は631円」とした。リポートが出る前、同月26日の株価 は1262円であり、半値に暴落するという衝撃的な内容だった。リポートが発表された 直後に株価は一時、前日比126円50銭(10%)安の1135円50銭まで下げ、年初来の 安値を更新した。 その後は下げ渋り、終値は79円50銭(6.3%)安の1182円50銭だった 。短期筋の売りが膨らんだため、出来高は4162万株(前日は625万株)と6.6 ...
    biz-journal.jp > Business Journal > 企業・業界
  4. 年率62%、伊藤忠にケンカを売る空売りヘッジファンド、チェイノス【ヘッジ ...
    2017年12月5日 ... 7月27日、日本の株式市場に衝撃が走った。アメリカの投資ファンド、グラウカスリサーチグループが、「伊藤忠商事が1531億円相当の減損損失の認識を意図的に 回避し、2015年3月期の当期純利益を過大報告したと考えている」という調査レポートを.
    media.yucasee.jp > トップ > メイク・マネー
  5. グラウカスリサーチグループ | イエロージャーナル
    遂に「空売りファンド」が日本に初上陸し、東証などの株式市場に衝撃が走っている。 グラウカスリサーチグループ(米・カルフォルニア州)が先陣を切り、伊藤忠商事(東京 都港区北青山)をターゲットに選んだ。グラウカス側は伊藤忠の業績に異議を唱える レポートを発表し、更に自社が伊藤忠株を空売りしていることを明言。実際に株価が下落 した展開もあった。株価が下がれば下がるほど利益を上げるという「空売りファンド」の 攻撃に伊藤忠は耐えられるのだろうか。更に別の商社も狙われているという ...
    www.yellow-journal.jp/tag/グラウカスリサーチグループ/
  6. 【経済インサイド】日本初上陸の「空売りファンド」の標的は伊藤忠商事だっ ...
    その日、伊藤忠株は売り込まれ、一時は前日比126円50銭(10.0%)安の1135円 50銭まで急落し、年初来安値を更新。「売ったのは個人投資家やヘッジファンドなどの 短期筋が中心だった」(ネット系証券)ようだ。 このリポートを手掛けたのは、「グラウカスリサーチグループ」という米国の投資ファンドだ。11年に設立され、本拠は カリフォルニア州にあるが、テキサス州にも拠点があるという。これまでに米国や香港、 東南アジアで23件の投資実績があるとしている。 日本企業が対象のリポートは ...
    www.sankei.com/premium/news/.../prm1608200003-n2.html
  7. 空売り投資家「グラウカス」が日本上陸。伊藤忠(8001)は第2の東芝事件 ...
    先月「グラウカスリサーチグループ」(以下、グラウカス)なる米国の空売りファンドが 日本に上陸を果たしました。不正の闇を抱える企業に狙いを定めて空売りを仕掛け、 レポートでそれを暴き株価の大幅下落を待つ――「グラウカス」とは毒を持つ生物を 食らう海洋生物のことで、まさに同ファンドのスタイルを象徴しています。そして同ファンド が日本での最初の標的に定めたのが、伊藤忠商事(以下、伊藤忠 証券コード8001) です。刺激的な金融メルマガ「闇株新聞プレミアム」が、グラウカスvs伊藤忠の闇の ...
    diamond.jp > トップ > 連載コラム > 闇株新聞[2017年]
  8. 伊藤忠CFO、「不正会計」指摘に怒りの大反論:日経ビジネスオンライン
    8月2日、東京証券取引所の兜クラブ。2016年度第1四半期の決算発表をした伊藤忠 商事の鉢村剛CFO(最高財務責任者)は、米国の空売りファンド、グラウカスリサーチグループが「不正会計」と指摘していた問題について、大反論を展開した。 問題の レポートをグラウカスが公表したのは7月27日。英語版で42ページ、日本語版では44 ページにも及ぶもので、冒頭では東芝の不正会計問題を引合いに出し、「弊社の見解 では、伊藤忠商事は財務報告の訂正と不正会計の存在を認めることを命じられる次 ...
    business.nikkeibp.co.jp > ... > ニュースを斬る
  9. 金融庁などの調査、受けていない=伊藤忠のリポートで米グラウカス幹部
    グラウカスリサーチグループのリサーチ・ディレクターを務めるソーレン・アンダール 氏は8日に会見し、伊藤忠商事(8001.T)の過去の会計処理に問題があるとしたリポート に関連して、金融庁や証券取引等監視委員会、日本取引所グループ(
    jp.reuters.com/article/claucus-itochu-idJPKCN10J0H3
  10. 伊藤忠株が下落、米グラウカスのレポートを嫌気 - ロイター
    東京株式市場では27日、伊藤忠商事(8001.T)株が下落。上場企業の不正を調査・発見 し、空売りをする米グラウカスリサーチグループ(カリフォルニア州)が27日、伊藤忠 に関するレポートを公表したことが嫌気されている。レポートでは、コロ.
    jp.reuters.com/article/hotstock-itochu-idJPKCN10708T
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.