Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

ゲリラ豪雨 発生状況 で検索した結果 1~10件目 / 約28,500件 - 0.36秒

ウェブ

  1. 気象庁 | アメダスで見た短時間強雨発生回数の長期変化について
    アメダスで観測した1時間降水量50mm以上と80mm以上の短時間強雨の年間発生 回数の長期変化について示します。 ... 1時間降水量50mm以上のアメダス1,000地点 あたりの年間発生回数は、統計期間(1976~2016年)では10年あたり約20回の割合で  ...
    www.jma.go.jp > ... > 参考リンク集
  2. 【2017ゲリラ豪雨傾向】発生総数は多発した昨年並、北・西日本では5~8 ...
    2017年7月12日 ... 株式会社ウェザーニューズ(本社:千葉市美浜区、代表取締役社長:草開千仁)は、7~9 月の『ゲリラ豪雨傾向』を発表しました。今シーズンは全国で7043回発生する予想で、 多発した昨年と同程度になる傾向です。特に東北北部や近畿北部、 ...
    jp.weathernews.com/news/17035/
  3. 2016年のゲリラ雷雨発生回数&要因 | ウェザーニュース
    2016年10月25日 ... 2016年のシーズン(7/12〜9/30)は、寒気を伴った低気圧や台風の影響で、8月はじめと 後半がゲリラ雷雨のピークとなりました。 ... そのため、寒気を伴った低気圧の影響を 受けやすい状況となり、午前中から容赦なくゲリラ雷雨が発生しました。
    weathernews.jp/s/topics/201610/170105/
  4. ゲリラ豪雨発生件数は - 白谷のノート
    冠水:局地豪雨で 床上浸水23棟--都内西北部 関東地方は5日、南から湿った空気 が流れ込んで大気が不安定になり、東京都板橋区板橋で ... ホーム > ニュースな数字 > ゲリラ豪雨発生件数は、10年前より35%、20年前より50%増加.
    www.shiratani.net > ホーム > ニュースな数字
  5. 近年の局地的豪雨の特徴
    激しい雨・ひょう・突. 風が発生. 発達が進み不安定性が解消して衰弱. (個々の積乱雲 の寿命は数十分). 積乱雲が同じ場所で. 次々と発生、発達を繰り返す .... そうなれば、 雨が降るような気象状況では、より大雨となり、集中豪雨も増. 加する. •すなわち、地球 ...
    www.mlit.go.jp/common/001024684.pdf
  6. 集中豪雨、局地的な大雨、台風による大雨について
    5. 時間雨量の記録更新箇所の状況(H20年8月末(8/26~31)). 時間雨量の記録更新 箇所の状況(H20年8月末(8/26~31)). 平成20年度の局地的な大雨の発生状況. 時間 雨量のこれまでと更新値との比較. 0.0. 20.0. 40.0. 60.0. 80.0. 100.0. 120.0. 140.0.
    www.mlit.go.jp/river/shinngikai_blog/.../s1-1.pdf
  7. ゲリラ豪雨発生する原因は?図解でわかりやすく解説! | 教えたがり ...
    ゲリラ豪雨(集中豪雨・スコール・ 局地的大雨)って、本当迷惑ですよね。 昔から夕立は あったんですが、最近の ゲリラ豪雨は、雨の強さや量がソレとは 比較にならないくらい 激しいですし、 日によっては、雷や強風もセットに なっ・・・,ゲリラ豪雨や集中豪雨が頻発 ( ...
    dash-dash-dash.jp > ... > 雑学・ネタ
  8. ゲリラ豪雨】って昔はなかったの? - NAVER まとめ
    大気の状態不安定により突発的に起こる局地的な大雨をゲリラ豪雨と呼んでいることが 多い。 出典ゲリラ豪雨 とは - .... 上空の大気の状態が不安定で、積乱雲がどこで発生し てもおかしくない状況下で起こります。ただ、いわゆる夕立は数10分 ...
    matome.naver.jp/odai/2137645690265713401
  9. ゲリラ豪雨発生するしくみとその対処法まとめ - NAVER まとめ
    ゲリラ豪雨は、基本的には夏の夕立と同じようなシステムで発生します。上空の大気の 状態が不安定で、積乱雲がどこで発生してもおかしくない状況下で起こります。 ただ、 いわゆる夕立は数10分で止んで、大きな災害を起こすようなことはありません。一方で ...
    matome.naver.jp/odai/2145308681089066401
  10. 集中豪雨の増加傾向と水害への対応 - 東京海上日動リスク ...
    1 時間の降水量が 50mm 以上の短時間強雨の発生回数も増加する傾向にある(図 2) 。このように、将来. の気候変動の予測、過去の降水量データの分析のいずれも、大雨 や集中豪雨発生頻度が高まることを. 示唆して .... 土嚢・防水板・ポンプ等の防災設備 は、稼動する状況にあるか、すぐに取り出し使用すること. が可能で ...
    www.tokiorisk.co.jp/risk_info/up_file/201306171.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.