Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

テロ支援国再指定 で検索した結果 1~10件目 / 約2,140,000件 - 0.38秒

ウェブ

  1. テロ支援国家 - Wikipedia
    以下の4か国。 シリアの旗 シリア:1979年12月29日に指定; イランの旗 イラン:1984年 1月19日に指定; スーダンの旗 スーダン:1993年8月12日に指定; 朝鮮民主主義人民 共和国の旗 北朝鮮:大韓航空機爆破事件(1987年11月)を受け1988年1月に指定、 2007年2月13日の六者会合での合意を受け2008年10月11日に指定解除(ただし経済 制裁は逆に強化継続)。その後、米国下院がVXガスを使った金正男暗殺事件(2017年 2月)を理由に再指定を求める ...
    ja.wikipedia.org/wiki/テロ支援国
  2. 社説|「テロ支援国再指定/制裁の効果測りつつ対話を | 河北新報 ...
    2017年11月22日 ... 米国のトランプ政権は北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定した。核兵器・ミサイル開発を 加速させる北朝鮮に、追加で独自制裁が科される。ただ、米国の制裁は既に拡大、強化 されており、実質的な効果は薄いとみられる。 再指定は「象徴的」(ティラーソン国務長官 )な意味合いが強いという。 歴代米政権が北朝鮮の核開発を阻止できなかった「過去の 過ちを繰り返さない」よう、核放棄に応じるまで圧力を優先し最大化する。そうしたトランプ 大統領の決意を表したものといえるからだ。 北朝鮮が反発するのは ...
    www.kahoku.co.jp/editorial/20171122_01.html
  3. 米「テロ支援国再指定」 中朝協議進まず決断 :日本経済新聞
    2017年11月21日 ... 【ワシントン=永沢毅】トランプ米大統領が20日、北朝鮮を「テロ支援国家」に再指定した 背景には、中国と北朝鮮の立場の違いを埋められなかった中朝協議がある。今回の タイミングは中国特使が北朝鮮から帰国した直後。中朝協議の結果を受けて、核・ ミサイル開発にこだわる北朝鮮の姿勢に大きな変化がみられないと判断し、最終決定を 下した。米国は21日に追加制裁を発表する予定で、さらなる圧力を北朝鮮にかける考え だ。 米政府高官は3~14日のアジア歴訪のさなか、「歴訪を終えるまでに、 ...
    www.nikkei.com/.../DGXMZO23728040R21C17A1EA...
  4. テロ支援国再指定」による北朝鮮に与える経済的ダメージ(辺真一 ...
    2017年11月21日 ... トランプ政権が今朝(21日)北朝鮮をテロ支援国再指定した。 北朝鮮はブッシュ政権 の2008年に核施設凍結(冷却塔の爆破など)の見返りにテロ支援国指定の解除を 取り付けた。それがトランプ政権下で9年ぶりに復活したことになる。 テロ支援国指定 による制裁対象には以下のような事項が含まれる。 1)米国軍需物資リストに含まれる 品目と技術の対北輸出. 2)米商務省統制品目リストに含まれる二重用途(軍事用及び 民間用)使用品目及び技術の無許可輸出. 3)対外援助法、農水産物開発法、 ...
    news.yahoo.co.jp/byline/.../20171121-00078391/
  5. テロ支援国再指定:対北軍事行動の可能性高まる – アゴラ
    2017年11月24日 ... 米国は中国特使が訪朝を終えた段階で北朝鮮をテロ支援国指定した。北朝鮮を「 殺人政権」と認定した。9年ぶりの再指定だ。今後、北朝鮮が米国と国際社会の圧力に 屈しない場合、米国の軍事行動の可能性がますます高まるはずである。 今回、金正恩 朝鮮労働党委員長は中国の対北特使に会わなかった。金正恩委員長に代わって対外 的に北朝鮮を代表する金泳南最高人民会議議長も中国特使と会わなかった。これは米 、中の対話提案を拒んだことに他ならない。それで、トランプ大統領は北朝鮮 ...
    agora-web.jp/archives/2029670.html
  6. 米、北朝鮮をテロ支援国再指定=「最大限の圧力」-大規模追加制裁も ...
    2017年11月21日 ... 【ワシントン時事】トランプ米大統領は20日、閣議の冒頭で、北朝鮮をテロ支援国家に 指定すると発表した。2008年に指定解除して以来9年ぶり。トランプ政権は核・ミサイル 開発を加速させる北朝鮮に「最大限の圧力」をかける戦略で、今回の再指定もその一環 。大規模な追加制裁を実施することも明らかにした。北朝鮮の反発は必至で、米朝間の 緊張が一段と高まる可能性がある。国務省によると、指定は20日付。〔写真特集〕緊迫 !南北の非武装地帯~トランプ氏は視察断念~ ティラーソン国務長官 ...
    www.jiji.com/jc/article?k=2017112100096&g=use
  7. 「高い代価」警告=テロ支援国再指定非難-北朝鮮:時事ドットコム
    2017年11月22日 ... 【ソウル時事】朝鮮中央通信によると、北朝鮮の朝鮮アジア太平洋平和委員会は22日、 報道官声明を出し、トランプ米大統領によるテロ支援国家再指定決定を「暴挙」と非難、「 高い代価を払うことになる」と警告した。北朝鮮外務省報道官も「重大な挑発」と批判し、 「米国の敵対行為が続く限り、われわれの抑止力は一層強化される」と威嚇した。 いずれも具体的な対応措置には触れていないが、北朝鮮が2カ月以上にわたり自制 してきた弾道ミサイル発射実験など挑発行為を再開する可能性もある。
    www.jiji.com/jc/article?k=2017112201296&g=use
  8. クローズアップ2017:テロ支援国再指定 米朝緊迫化は必至 - 毎日新聞
    2017年11月22日 ... トランプ米大統領が20日、北朝鮮をテロ支援国家に再指定したことで、米朝関係は緊迫 の度合いを高めることが確実となった。米国は圧力強化を通じた非核化交渉を目指すが 、北朝鮮は核・ミサイル実験の再開で対抗しかねず、「外交への希望」(ティラーソン米国 務長官)が直面するハードルは、高くなりつつある。
    mainichi.jp/articles/20171122/ddm/003/030/101000c
  9. 米国:北朝鮮「テロ支援国再指定 中朝会談、不発か 「正恩氏が拒否」の ...
    2017年11月22日 ... 【北京・河津啓介】米国政府による北朝鮮のテロ支援国家の再指定は、20日に中国の 特使が北朝鮮から帰国した直後に発表された。特使が金正恩(キムジョンウン)朝鮮 労働党委員長と会談したかを中朝双方が公表せず、「会談拒否」の観測も呼ぶ異例の 展開と相まって、中国の手詰まり感が漂う。 中国外務省の陸慷(りくこう)報道局長は21 日の定例記者会見で、再指定について「各国が緊張の緩和と対話の再開に利する行動 を望む」と述べ、米朝双方に自制を求めた。だが、現実には米朝など関係国 ...
    mainichi.jp/articles/20171122/ddm/007/030/126000c
  10. 北を「テロ支援国再指定/米トランプ政権 追加制裁公表へ/9年ぶり
    2017年11月22日 ... 【ワシントン=遠藤誠二】米トランプ政権は20日、北朝鮮をテロ支援国家に再指定したと 発表しました。2008年に指定解除して以来9年ぶりです。 トランプ大統領は20日、閣議 に先立ち発言し、「核(開発)の破壊行為によって世界に脅威を与えていることに加え、 海外での暗殺を含め、北朝鮮は国際テロの活動を繰り返し支援している」と強調。「より 厳しい制裁と懲罰を北朝鮮と、関係する個人に科す。残忍な政権を孤立させるため、 圧力をかけるわれわれの取り組みを最大限、後押しする」と述べるとともに「 ...
    www.jcp.or.jp/akahata/aik17/2017.../2017112207_01_1.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.