Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

ポツダム進級 で検索した結果 1~10件目 / 約3,610件 - 0.27秒

ウェブ

  1. ポツダム進級 - Wikipedia
    ポツダム進級(ポツダムしんきゅう)とは、大日本帝国陸軍、大日本帝国海軍が1945年8 月15日のポツダム宣言受諾後に軍人の階級を一つ進級させたこと。 退官手当や恩給が なるべく多くもらえるようにするために行った。ポツダム進級で昇進した階級は、ポツダム 少尉、ポツダム少佐など、「ポツダム」を階級の前に入れた俗称で呼ばれる。 佐官以下 だけが対象とされ、将官の進級はないとされるが、1945年11月1日中将へ進級した中澤 佑、木村昌福、矢野志加三の三名もポツダム中将と呼ぶ。
    ja.wikipedia.org/wiki/ポツダム進級
  2. ポツダム少尉 - Wikipedia
    ポツダム少尉(ポツダムしょうい)とは、ポツダム宣言受諾後に戦闘が基本的に終了した8 月15日から11月30日まで継続した陸軍省と海軍省によって、この間の日本軍において 少尉に任官した軍人の通称である。全員が1階級昇進して除隊した(この期間の昇進を ポツダム進級と呼ぶ)。主に、学徒動員や士官学校の士官候補生などが、これによって 士官とされる少尉に任ぜられた。人数が多く、任官者が自嘲的に自らを「ポツダム少尉」 と呼んだことからこの名称が広まった。倉田卓次のように「ポツダム少尉」を自称した 人物 ...
    ja.wikipedia.org/wiki/ポツダム少尉
  3. ポツダム進級とは - Weblio辞書
    ポツダム進級とは? ポツダム進級(ポツダムしんきゅう)とは、大日本帝国陸軍、大日本 帝国海軍が1945年8月15日のポツダム宣言受諾後に軍人の階級を一つ進級させたこと 。[続きの解説]「ポツダム進級」の続きの解説一覧1&nb...
    www.weblio.jp/content/ポツダム進級
  4. ポツダム進級: 日本海軍の士官と資料
    ポツダム進級というのはご存じの方も多いと思いますが、これは日本が昭和20年8月 15日にポツダム宣言を受諾して敗戦して後に最後の定期進級が行われたものを指し ます。当時軍にいた方でも自分がポツダム進級をしたのかどうかなど、よくわからない人 も結構いるようで、昭和十三年度入団者によってまとめられた十三年桜という本をみると 、戦後しらべてはじめて事情をしったということもかかれており、当時はそれほど アナウンスがされなかったのかもしれません。そのためか自衛隊発足時も、自分が ポツダム進級した ...
    naval.way-nifty.com/blog/2008/02/post_bdd9.html
  5. ポツダム進級で上等兵曹から兵曹長へ進級された方への短剣支給... - Yahoo ...
    ポツダム進級で上等兵曹から兵曹長へ進級された方への短剣支給及び士官服の支給 はどうなったのですか、1もはや解散も決まっているから書類上の記載ですませた。 わずかな期間と言えども支給した。 士官の軍服や軍装...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 歴史 > 日本史
  6. ポツダム進級 - 歴史 解決済み| 【OKWAVE】
    歴史 - 陸軍は、将官への進級がなかったそうですが、海軍は、将官の進級があったそう です。 なぜ、陸軍と海軍とでは、違うのですか。 どんな事情があったのですか。 現代史 、なかでも旧日本軍については、まっ.
    okwave.jp > OKWAVE > 学問・教育 > 人文・社会科学 > 歴史
  7. 今も「ポツダム少尉」のお役所人事 | 公務員の行状 - 楽天ブログ
    今では完全に死語となっています。どれほどの日本人が記憶にとどめているでしょうか ? 「ポツダム少尉」「ポツダム大尉」「ポツダム進級」という言葉がありました。第2次世界 大戦の敗戦で軍人が特別昇進・昇給し手当てを増額するというものです。 敗戦の責任を 取り、国民に謝罪するどころか、負けて昇進・昇給するという世界に例を見ないであろう 日本の役人の税金、国民を食い物にする体質・文化は、敗戦という究極の場面に…
    plaza.rakuten.co.jp/rogutykubo5/diary/200604090000/
  8. ポツダム伍長とは何か - mmpoloの日記 - はてなダイアリー
    最下級でもポツダム上等兵になったのだ。 小島信夫も親父も上等兵だったので、兵長を 飛ばして伍長になったのだ。ちなみに陸軍の階級は、2等兵、1等兵、上等兵、兵長、 伍長、軍曹、曹長、准尉、少尉、中尉、大尉、少佐、中佐、大佐、准将、少将、中将、大将 、元帥、大元帥(天皇)となる。これは小学生のころ親父から教わった。中学生になると 親父とは会話をしなかった気がする。親父は7年間中国戦線にいたのに上等兵だった ことについて、出世すると除隊にならない気がして進級試験にわざと落ちる ...
    d.hatena.ne.jp/mmpolo/20080203/1201991127
  9. 祖父の軍歴 その1 「調査開始」 : 『大日本者神國也』
    父親の話では「最終時は大尉やった」(写真に大尉のものが1枚も無いので停戦後進級 の所謂ポツダム進級か?)、「高崎にもいてた」(歩兵第十五聯隊?何で?)と言う事で 分からないことだらけです。 『歩兵第八聯隊史』も取り寄せてみましたがよく分かりませ ん。 母方の祖父は召集により野砲兵第四聯隊留守隊に入営、支那大陸からフィリピン 攻略に参加しますが、マラリアに罹患、瀕死のところをたまたま野砲兵第四聯隊の幅員 に伴い内地に帰還します。 こちらも軍歴が短いことや、妻(祖母)が存命の事 ...
    shinkokunippon.blog122.fc2.com/blog-entry-16.html
  10. 質問!ITmedia - ポツダム進級
    陸軍は、将官への進級がなかったそうですが、海軍は、将官の進級があったそうです。 なぜ、陸軍と海軍とでは、違うのですか。どんな事情があったのですか。現代史、なか でも旧日本軍については、まったく知識がありまITmediaのQ&Aサイト。IT関連を中心に 皆さんのお悩み・疑問をコミュニティで解決。トラブルやエラー、不具合などでお困りなら 検索を、それでもだめなら質問を登録しましょう。
    qa.itmedia.co.jp > ... > 学問・教育 > 人文・社会科学 > 歴史
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.