Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

二要因分散分析 修正総和 反復 で検索した結果 1~9件目 / 約34,300件 - 0.33秒

ウェブ

  1. 反復測定分散分析における効果量
    2. 分散分析の効果量の基本的な指標:. (分散説明率). (より正確な母集団推定値). ここで,. SS=平方 ... 被験者内と被験者間の要因を比べるとき,. 被験者内要因の効果 量を不当に高く推定. Error. Effect. Effect p. SS. SS. SS. +. = 2 η.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../effect.pdf
  2. SPSS ときど記
    SPSS ときど記(30) 2000/ 5/27 分散分析 反復測定・被験者内要因; SPSS ときど記( 29) 2000/ 5/26 分散分析 その後の多重比較 ... マクロを走らせる; SPSS ときど記(22) 2000/ 5/13 分散分析 効果量 η; SPSS ときど記(21) 2000/ 5/11 分散分析 観測検定力  ...
    www.ec.kagawa-u.ac.jp/~hori/spss/tokidoki2.html
  3. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般的によく用いられる分散分析の効果量の指標としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2( 偏オメガ二乗)があります。 ... これらの指標を用いた場合には,被験者間計画で得られ た効果と反復測定要因を含む計画(被験者内計画と混合要因計画) ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  4. SPSS Win
    繰り返し要因のある分散分析(混合要因を含む). [分析-一般線形モデル-反復測定] ... [ 反復測定]画面. 左側の変数一覧から,繰り返しのある要因の各水準を選択し 右側の「 被験者内変数」の該当する個所に設定する; 被験者間要因(繰り返し ... その場合は, 危険率の修正をしない対比較(ADJ以下なし)で算出し,手計算で危険率を修正する※ 詳細はSPSS勝手にFAQ参照 ... 線形,次,3次それぞれの直線ないしは曲線傾向の 検定結果.
    tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spssbas/ar.htm
  5. 一般線形モデル(反復測定)
    同じ被験者で実験を2回繰り返した場合の1回目のデータと2回目のデータのように、 データに対応がある場合があります。 ... 反復測定による分散分析では、まずMauchly( モークリー)の球面性の検定をみる。 ... 小さくなるので、Greenhouse-Geisser(グリーン ハウス・ゲイザー)のイプシロンを利用して自由度を修正したものを採用することになり ます。
    www.koka.ac.jp/morigiwa/sjs/les30103.htm
  6. 3.3 Repeated Measures ANOVA(反復測定分散分析) | jamoviクイック ...
    また,反復測定分散分析のノンパラメトリック版としてフリードマン検定がありますが, この検定は1要因の場合しか扱うことができません。 **Repeated ... η²(イータ乗) 効果量としてη²を算出します。 partial η²(偏イータ乗) 効果量として偏η²を算出します。
    bookdown.org/sbtseiji/jamovi.../sec-anova-repeated.htm...
  7. 2要因分散分析
    悲嘆」の分散分析. 恋愛期間(短期間・長期間)と別れのタイプ(自分から・相手から)を 独立変数,失恋行動チェックリストの3つの下位尺度を従属変数とした,2要因分散 分析を行う。 なお,SPSS Advanced Modelがインストールされている場合には,多 変量 ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching_folder/data.../04.html
  8. ANOVA効果量の検定 | Kosugitti Labo ver.9
    しかし、繰り返しのある(反復測定の、within計画の、内要因計画の、群内要因の*1) 分散分析については明言していない。読解力 ... 要因Aについて計算してあるのだけど、 偏相関比η^2=0.2836、効果量f=0.6283で、fとしては大きいのだけど、 ...
    kosugitti.net/archives/2706
  9. 反復測定データの分析
    8. 第章 一般線型モデル. 反復測定データの分析は,まず. 「 ANOVA分割法計画」. 9. 料理の道具. 2.1 ANOVA分割法計画. 2.2 MANOVA(多変量分散分析). 2.3 修正 ANOVA. Boxのε,H-HとG-Gの推定方法がある. 10. 分散分析_1. 完全無作為要因 計画.
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.