Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

交互作用 分離 計算 で検索した結果 1~9件目 / 約247,000件 - 0.29秒

ウェブ

  1. 二元配置の分散分析の仕組み(どうやって,処理の効果と誤差を分離する ...
    誤差を分離します.誤差=データの値-全体平均-行の効果-列の効果から計算でき ます. 6.したがって,ここでは総変動=土の効果+餌の効果+誤差変動(繰り返しが ないと交互作用は検出できません)と分解できました. 7.誤差変動に比べて,水の効果  ...
    www.ipc.shimane-u.ac.jp/food/kobayasi/twowayanova.htm
  2. 繰り返しのある二元配置の分散分析の仕組み(どうやって交互作用を ...
    データから,主効果,交互作用,誤差を分離する前に,主効果,交互作用,誤差がすでに わかっている場合に,データがどのように ... 説明した方法と同じです.2反復の値を平均 した値を使って,下のように計算すれば,餌と水の効果をそれぞれ分離できます.
    www.ipc.shimane-u.ac.jp/food/.../twowayanova_interaction.ht...
  3. 教材3_繰り返しのある二元配置の分散分析2013
    このように処理間に交互作用があるときは繰り返しのない分散分析では誤った結果を 出す危険がある. 水道水. 人工餌. 深層水 ... 交互作用の分だけ増加. 交互作用と誤差 の効果を分離する ... 繰り返しのある二元配置(エクセルによる計算). 繰り返しのある二 元 ...
    www.ipc.shimane-u.ac.jp/food/.../twowayanova2narration.ppt...
  4. [Q&A] L12直交表の交互作用の評価について - ものづくり.com
    しかし、この入り方が均等であれば、交互作用の評価にはなりうるわけです。L8やL9、 L16 では列間交互作用が特定列にはいるから分離計算できますが、特定列を無視して 割り付けてしまうと、交互作用の入り方は不均一になります。L12は ...
    www.monodukuri.com/qa/detail/243
  5. 多変量解析の使い方の こつ - 国立保健医療科学院
    の組合せの中からR2最大のものを選ぶという方法もあるが、計算が .... フッ素の影響と 、紅茶の影響と、分離して評価できる。 ... 交互作用=3.0. P=0.03. 紅茶. 色素. 紅茶色素 の. 主効果=2.0. ▫ 二元配置分散分析(交互作用あり). ▫ 重回帰分析(交互作用あり).
    www.niph.go.jp/soshiki/jinzai/.../etc/hotetsu2009.pdf
  6. 繰り返しのある二元配置分散分析 - 我楽多頓陳館
    この基本式に従って表4.3.1のデータについて平方和と自由度と分散を計算し、分散 分析表にまとめると次のようになります。 .... そのため交互作用を残差から分離した二元 配置分散分析は、交互作用があるかどうかを検討するためのものと ...
    www.snap-tck.com/room04/c01/stat/stat04/stat0403.html
  7. 生物統計学3 - 生物測定学研究室 - 東京大学
    2018年11月16日 ... ... ているが,これを,処理の分散成分(処理平均平方)と誤差の分散成分(誤差平均 平方)とに分離して,その大きさを比較することにより,処理の効果を見積もるものである . ... と計算される.標本全体の持つ情報は,総平方和 ST(Total Sum of Squares)で 表現される.これは,. model ..... 分散分析表をみると,年次効果と施肥量効果は主効果 と交互作用ともに有意 となったが,密度に関しては有意とはならなかった.
    lbm.ab.a.u-tokyo.ac.jp/~omori/noko/linearmodel.html
  8. よくある質問 - 品質管理なら日本科学技術連盟
    (2)計算が煩雑になる多水準の因子で、直交多項式による分解を使って1次効果や2次 効果を求めるとき、計算がとても煩雑になります。 ... 実験計画法によって計画された 実験によって得られたデータから,要因の主効果や交互作用,実験誤差を抽出し, それらを比較して,主効果と交互作用が本当に存在 ..... 実験計画法では、因子AとB ならびにA×Bの組合せによる(交互作用)効果と誤差の効果を分離できる様にデータを 採取します。
    www.juse.or.jp/src/faq/index.php?w=&t=6
  9. 分散分析アルゴリズム
    スの人数が異なる場合でも、もちろん分散分析はできるが、計算の仕方が面倒になる。 しかし、. ここでは分散分析の原理 ..... 交互作用. 10.083. 1. 10.083 1.247 0.297. 誤差 . 64.666. 8. 8.083. 全体. 130.916 11. として計算されることが多い。しかし計算方法が 楽に ..... 各要因による変動と交互作用による変動を分離する。 (−0.29)2 × 6 + (0.29)2 ...
    kosugitti.sakura.ne.jp/wp/wp-content/uploads/.../anovaful.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.