Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

京大iPS研 研究不正 で検索した結果 1~10件目 / 約132,000件 - 0.32秒

ウェブ

  1. 京大iPS研・ねつ造事件、その重大な問題点…調査の焦点は「組織の ...
    2018年1月30日 ... 京都大学iPS細胞研究所の山水康平助教が、脳の血管内皮細胞をつくり出すことに 成功したとする昨年3月発表の論文に、データのねつ造と改ざんが発覚した。1月24日の 講演会で同研究所の山中伸弥所長は、「私たちの信用が一夜にして失われてしまった」 と改めて謝罪した。世界最先端の研究を進めている同研究所で、なぜ不正は起きた のか。元東京大学医科学研究所特任教授であり、医療ガバナンス研究所理事長の上 昌広氏は語る。 「学者として出世するために、実績がほしかった。実績をつくる ...
    biz-journal.jp > Business Journal > 企業・業界
  2. 京大iPS研の論文不正 米科学雑誌が論文取り下げ | NHKニュース
    2018年2月14日 ... 京都大学iPS細胞研究所に所属する助教が中心となって発表した論文にねつ造などの 不正があった問題で、掲載したアメリカの科学…
    www3.nhk.or.jp/news/html/.../k10011328941000.html
  3. 京大iPS研で論文不正 図でデータの捏造や改ざん - 毎日新聞
    2018年1月22日 ... 京都大(京都市)は22日、京大iPS細胞研究所の山水康平(やまみず・こうへい)・特定 拠点助教(36)が昨年2月に発表したヒトのiPS細胞(人工多能性幹細胞)に関する論文 で、データの捏造(ねつぞう)・改ざんがあったと発表した。論文を構成する図や補足図に 計17カ所で捏造と改ざんがあり、論文の主張に沿うよう有利にデータが操作されていた という。京大は論文の撤回を申請しており、今後、関係者の処分を行う予定。他の研究 や今後の研究には影響はないとしている。同研究所を含め、京大で論文 ...
    mainichi.jp/articles/20180123/k00/00m/040/059000c
  4. 社説:京大iPS研究所不正 先頭組織での残念な操作 - 毎日新聞
    2018年1月24日 ... ノーベル医学生理学賞受賞者の山中伸弥教授が所長を務める京都大iPS細胞研究所 で、助教(36)による論文不正が発覚した。 iPS細胞研究は、難病治療や新薬開発など につながるとして、国民の大きな期待が寄せられている。
    mainichi.jp/articles/20180124/ddm/005/070/032000c
  5. 助教「見栄えよくしたかった」 京大iPS研の論文不正:朝日新聞デジタル
    2018年1月23日 ... 京都大は22日、iPS細胞研究所(CiRA〈サイラ〉、山中伸弥所長)に所属する特定拠点 助教が執筆し、海外の科学誌に掲載された論文に、捏造(ねつぞう)や改ざんの研究 不正があったとする調査結果を発表した…
    www.asahi.com/articles/ASL1Q5GZ6L1QPLBJ005.html
  6. 京大iPS研助教の論文で捏造・改ざん 調査結果を発表:朝日新聞デジタル
    2018年1月22日 ... 京都大iPS細胞研究所(山中伸弥所長)の特定拠点助教が発表した論文の図に、捏造( ねつぞう)や改ざんの研究不正があることが分かった。京都大は山中所長や副学長が 22日会見し、調査結果を発表した。 京大に…
    www.asahi.com/articles/ASL1Q5CHKL1QPLBJ004.html
  7. 京大iPS研で論文不正 山中教授ら謝罪 :日本経済新聞
    2018年1月22日 ... 京都大は22日、iPS細胞研究所の山水康平特定拠点助教らが2017年2月に発表した 論文について、捏造(ねつぞう)と改ざんの不正行為があったと発表した。内容に疑義が あるとの指摘を受けて調査したところ、
    www.nikkei.com/.../DGXMZO25988540S8A120C1000...
  8. 京大iPS研不正論文、米科学誌が取り下げ :日本経済新聞
    2018年2月14日 ... 京都大学iPS細胞研究所は14日、同研究所研究者らが発表し不正が発覚した論文 について、論文を掲載した米科学誌が13日付で取り下げたと明らかにした。iPS研は 論文に掲載されたグラフなどを捏造(ねつぞ.
    www.nikkei.com/.../DGXMZO26891660U8A210C100...
  9. 研究活動上の不正行為に係る調査結果について ... - CiRA - 京都大学
    2018年1月22日 ... 本日、iPS細胞研究所における研究活動上の不正行為(捏造・改ざん)に係る調査結果 について、記者会見を行いましたので、お知らせします。 このような、あってはならない 事態が発生したことを真摯に受け止め、今後全学をあげて再発防止に取り組むとともに 、教職員として不適切な行為に対しては厳正に対処していきます。 調査結果の概要 京都大学における公正な研究活動の推進等に関する規程第9条1項及び京都大学 における研究活動上の不正行為に関する調査要項第3条に基づく調査委員会を ...
    www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/.../other/180122-181000.html
  10. 研究概要 | 山下 潤 教授 | 主任研究者 | 京都大学iPS細胞研究所 ...
    研究室では、ES細胞(胚性幹細胞:embryonic stem cells)及びiPS細胞(人工多能 性幹細胞:induced pluripotent stem cells)を用いて、心血管系の細胞分化・再生 に関する研究を行っている。 我々は、ES細胞を用いて中胚葉由来組織である血管 および心臓の分化研究を行ってきた。血管は、内腔を一層におおう内皮細胞とそれを外 から取りまく壁細胞の2種類の細胞からなり、その中を血球細胞が流れている。内皮 細胞増殖因子(VEGF)の受容体の一つであるFlk1は中胚葉のマーカーと考えられている 。我々は、ES ...
    www.cira.kyoto-u.ac.jp/j/.../yamashita_summary.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.