Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

公案 牛過窓 で検索した結果 1~10件目 / 約3,920件 - 0.29秒

ウェブ

  1. 第三十八則 牛過窓櫺(ぎゅうかそうれい) - 洪福寺
    トップ > 語録提唱 > 第三十八則 牛過窓櫺(ぎゅうかそうれい) ... 五祖曰く,譬(たと)えば 水牯牛(すいこぎゅう)の窓櫺(そうれい)を過ぐるが如く,頭角(ずかく)四蹄(してい)都(す) べて過ぎ了(おわ)る,甚麼(なん)に因(よ)ってか尾巴(びは)過ぐることを得ざる。 ... 思い, 心,意識。それがまずすっと通り過ぎた。この則は十年,十五年と修行した人間に見せる 公案ですから,もう思いやら分別やら意識やら,そんなものは通り越している。頭が すっと窓を通り越した。そして角がすっと通り越した。怒りで角が生える。
    koufukuji.yokohama/analects/267
  2. 牛過窓櫺(ごかそうれい)/ 無門関 タオに生きる
    牛過窓櫺(ごかそうれい) 「うしそうれいをすぐ」とは、禅の公案集「無門関」の第三十八 則に出てくる公案です。 たとえば牛が通り過ぎるのを窓の格子ごしに見ているとする。 頭 が通り過ぎ、続いて角が、前脚、後脚と通り過ぎる。 ところが、しっぽの部分だけが いつまでたっても通り過ぎないのだ。 これはどういうことだろう? 禅の公案ですから、 これが正解というものがあるわけではありません。 解釈の仕方は、人の数だけあっても いいわけですし、考えるという行為自体に意味があるとも言えるものです。 牛3
    paostao.blog66.fc2.com/blog-entry-468.html
  3. 無門関 第三十八 牛過窓櫺 | 曹洞宗 成願寺 寺便り
    第三十八 牛過窓櫺. この公案は、思い出深い修業時代の独参(師匠と弟子一人との 問答)の折に師匠から頂いたものです。 水牛が窓櫺(牛小屋の窓)を、頭角四蹄(頭、角、 手足、体)が、通っても尾が通れない。なんで大きな体が通っているのに、小さい尾っぽ が通れないのか?というのが今日の問題になります。 これはとても厄介な問題で、 どうしても通らなければならない。そこで、頭角四蹄は、何を指していて、尾っぽは何を 指しているのだろうと考える。 牛というとお盆に飾る精霊牛を思い出します。
    www.joganji.com/teratayori/?p=55
  4. 無門関第38則「牛が窓をとおる」 | ビジネスマンの人間力育成をサポート ...
    無門関』(むもんかん)を書かれた無門和尚(むもん-おしょう)の5代前の禅の祖師に、五 祖法演(ごそ-ほうえん)禅師がおられます。 五祖法演(ごそ-ほうえん)禅師は、中国 における臨済宗中興の祖といわれる大禅者で、後世にも大きな影響を与えました。 その せいもあってか、『無門関』には、五祖法演(ごそ-ほうえん)禅師の公案が4つも採用され ています。 今日は、その中から、第38則「牛過窓櫺(ごか-そうれい)」をご紹介しましょう 。「牛過窓櫺(ごか-そうれい)」とは、「牛が窓をとおり過ぎる」という意味 ...
    www.utok.jp/無門関第38則「をとおる」/
  5. 牛過窓櫺-解題: エトワールの部屋
    無門閑の第38則「牛過窓櫺」の公案も難透と呼ばれています。エトワールには、これの どこが難しいのかさっぱり分かりません。この公案の後世の解説書は、設問の解釈を 完全に誤っています。窓の外を通る牛の尻尾が見えないのは牛の尻尾がなかったから などというトンデモ解説もあるようですが、そもそも牛は窓の外をとおり過ぎたのではない です。 五祖は謎々を出しました。 「水牛が窓枠をくぐったときに、頭も、角も、四つの蹄も くぐりおわったのに、尻尾だけくぐり終わらないのはどうしてだ」. エトワールが思うに、 こんなの ...
    hoshiyuki.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_cacf.html
  6. 牛過窓櫺 - finalventの日記
    牛過窓櫺. 無門関 第三十八則 牛過窓櫺というのがある。 五祖云く、譬えば水こ牛の窓 櫺を過ぐるが如き、頭角四蹄都べて過ぎ了るに、甚麼としてか尾巴過ぐることを得ざる。 漢文的には二つの分かれる解釈があったかと思うが、通常は、「水牛が格子窓を 通り過ぎるようなものだ。頭も角も足も4本全て通り過ぎたのに、なぜ尻尾だけが 通り過ぎることが出来ないのか」 という ... ということで公案の難問中の難問。 私はこれ は、昨日だったか書いた、人は己を知ることができない、というアポリアとして受け取っ ...
    d.hatena.ne.jp/finalvent/20070305/1173054800
  7. 第三十八則・牛過窓櫺: 無門関を読み解く - 無門関に生きる - ココログ
    無門関第三十八則・牛過窓櫺. 五祖云ク、譬ヘバ水[怙]牛ノ窓櫺ヲ過グルガ如キ、頭(ヅ )角四蹄都テ過ギ了リ、甚麼ニ因ッテカ尾巴過グルコトヲ得ザル。 無門云ク、若シ這裏 ニ向ッテ顛倒ニモ一隻眼ヲ著得シ、一転語ヲ下シ得バ、以ッテ上四恩ヲ報ジ、下三 ... 大きな牛が、狭い木の窓格子をとおりぬけたのだが、最後に尾っぽだけが残って通れ ないのは何故だろうか?という公案です。 牛が格子を通りぬけたというのは、難関を通り ぬけて悟ったことだと思われますが、ところが身体全体が通ったのに、体の ...
    mumonkan.cocolog-nifty.com/blog/2010/11/post-9171.html
  8. 続・備忘録 牛過窓櫺について
    牛過窓櫺について. Posted by はてな 0 comments 0 trackback. 「牛過窓櫺」は ほんとうに仏法にとっては最後に通るところです(仏道においてはまだであるが)。 この 公案を透過すればそのものは無上正等正覚に至ったものですよ。 それほどの公案。 スポンサーサイト. Category : 宗教. △PageTop. ≪ 禅の問答 HOME 仏の知恵 ≫ ...
    kuebikoblog.blog116.fc2.com/blog-entry-22.html
  9. 心理相談アドバイザー on Twitter: "[blog update] 牛過窓櫺(ぎゅうかそう ...
    Next. Next Tweet from user. 心理相談アドバイザー @paostao 16 Aug 2010. Follow Following Unfollow Blocked Unblock Pending Cancel. More. Copy link to Tweet; Embed Tweet. [blog update] 牛過窓櫺(ぎゅうかそうれい)/ 無門関: 牛過窓 櫺(ぎゅうかそうれい)「うしそうれいをすぐ」とは、禅の公案集「無門関」の第三十八則に 出てくる公案です。たとえば牛が通り過ぎるのを窓の格子ごしに見ているとす http://bit.ly/ dke0wp. 2:17 PM - 16 Aug 2010. 1 Like; 優美. 0 replies 0 retweets 1 like. Reply. Retweet.
    twitter.com/paostao/status/21345494549
  10. 牛過窓櫺の解答は ( その他文化活動 ) - 木偶の坊多聞 - Yahoo!ブログ
    禅の公案に「牛過窓櫺(ぎゅうかそうれい)」があります。 「水牛が窓の格子を通り過ぎる のだが,なぜか尻尾だけが通り過ぎることが出来ない。なぜか?」 これは過ぎたことに 何時までも心をとらわれていることを示したもので,過ぎたことは忘れなさいとの教...
    blogs.yahoo.co.jp/kuu0753core/1958699.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.