Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

分散分析 反復測定 anovakun で検索した結果 1~10件目 / 約20,200件 - 0.29秒

ウェブ

  1. ANOVA君/反復測定デザインにおける信頼区間 - 井関龍太のページ
    これは,通常の標準誤差の代わりに,分散分析における誤差項のMSeを用いて信頼 区間を計算するというやり方です。 ... これはストレートな方法ですが,この方法を使った 場合,通常よく用いられる反復測定分散分析とは異なるモデルに対応 ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  2. ANOVA君 - 井関龍太のページ
    フリーの統計ソフトウェア「R」で動作する分散分析関数です。 被験者間要因(独立測度) ,被験者内要因(反復測度)のいずれか,または,両方を含むタイプの分散分析を扱い ます; 単純主効果の検定を行います(一次の交互作用についてのみ) ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php?ANOVA君
  3. ANOVA君とanovatan - SlideShare
    井関龍太先生(理化学研究所)が作成された分散分析 用の関数 【ANOVA君で できること】 ・被験者間要因,被験者内要因, ... 次回DARMの宣伝 テーマ「混合モデル を使って反復測定分散分析をする」 発表者: 井関龍太(独立行政法人理化学 ...
    www.slideshare.net/TakashiYamane1/anovaanovatan
  4. Rによる 反復測定分散分析
    反復測定データの分析上の問題. • 反復測定データ・・・1人の参加者が複数. の条件を 経験している(被験者内要因). • 各水準のデータ間 .... ANOVA君・・・分散分析用に作成 した関数. • 要因計画法に沿った使用を想定. • 球面性に配慮した検定 ...
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../iseki.pdf
  5. SPSS Win
    SPSS Win. 繰り返し要因のある分散分析(混合要因を含む). [分析-一般線形モデル- 反復測定] (Advancedオプションがないと選択できない). [反復測定因子の定義]画面. 「 被験者内因子名」欄に繰り返し要因についての適当な名前を付ける; 「水準数」欄に ...
    tokada.w3.kanazawa-u.ac.jp/spssbas/ar.htm
  6. 反復測定データの分析
    8. 第2章 一般線型モデル. 反復測定データの分析は,まず. 「 ANOVA分割法計画」. 9. 料理の道具. 2.1 ANOVA分割法計画. 2.2 MANOVA(多変量分散分析). 2.3 修正 ANOVA. Boxのε,H-HとG-Gの推定方法がある. 10. 分散分析_1. 完全無作為要因 計画.
    www.sigmath.es.osaka-u.ac.jp/~kano/research/.../REPEAT.ppt
  7. 二元配置分散分析(対応あり) | 統計解析ソフト エクセル統計 - ベルカーブ
    二元配置分散分析の一種ですが、同一被験者で反復してデータを測定する場合に使用 します。全体の変動は、被験者間因子、被験者因子、被験者内因子、被験者間因子と 被験者内因子との交互作用、誤差に分解されます。被験者による変動のうち、被験者群  ...
    bellcurve.jp/ex/function/anova2rp.html
  8. 1要因の分散分析
    分散分析表. 分散分析の結果が示される。 3つの条件におけるデータの値に差があるか 否かを検定した結果である。 「合計」(全体 ... 分析 → 一般線形モデル → 反復測定; 「 被験者内因子名」に「角度」と入力; 「水準数」には,4回反復測定を行っているので「4」と  ...
    psy.isc.chubu.ac.jp/~oshiolab/teaching.../04.../da04_02.html
  9. 統計検定を理解せずに使っている人のために III - J-Stage
    になる.この場合,パラメトリック検定では,one way repeated measures ANOVA( 反復測定による一元配. 置分散分析)がある.この検定は繰り返しのない二元配. 置分散 分析と同じである.ノンパラメトリック検定法の. 場合はFriedman検定が知られている.
    www.jstage.jst.go.jp/article/kagakutoseibutsu/51/.../_pdf
  10. 1要因の分散分析反復測定
    データ. データのダウンロード → data_IQ.xls. データの内容は以下の通りである。 ID( 番号),IQ(知能指数),w1~w4(4週の1分あたりの平均解答数). 1要因の分散分析反復測定). まず,平均解答数が4週間でどのような変化をしているのかを把握したい。
    www.f.waseda.jp/oshio.at/edu/data_c/08/02.html
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.