Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

判官贔屓 で検索した結果 1~10件目 / 約106,000件 - 0.4秒

ウェブ

  1. 判官贔屓 - Wikipedia
    判官贔屓(ほうがんびいき)とは、第一義には人々が源義経に対して抱く、客観的な視点 を欠いた同情や哀惜の心情のことであり、さらには「弱い立場に置かれている者に対して は、あえて冷静に理非曲直を正そうとしないで、同情を寄せてしまう」心理現象を指す。「 判官」の読みは通常「はんがん」だが、『義経』の伝説や歌舞伎などでは伝統的に「 ほうがん」と読む。 目次. [非表示]. 1 第一義. 1.1 概説; 1.2 判官贔屓と源頼朝・梶原 景時; 1.3 文芸作品における判官贔屓; 1.4 判官贔屓と義経生存伝説. 2 語義の拡大; 3 脚注.
    ja.wikipedia.org/wiki/判官贔屓
  2. 判官贔屓(ほうがんびいき) - 語源由来辞典
    判官贔屓. 【意味】 判官贔屓とは、不遇な身の上の人や弱い者に同情して肩を持ったり、 応援すること。判官びいき。 【判官贔屓の語源・由来】. 判官とは平安時代に置かれた検 非違使の尉のことだが、判官贔屓の「判官」は「九郎判官」と呼ばれた源義経をさす。 平家討伐に功績のあった義経は人々から賞賛されたが、兄の頼朝に憎まれた。 奥州 平泉に逃げた義経は、藤原秀衡に助けられたが、秀衡の死後、秀衡の子である泰衡に 襲われ、自ら命を絶った。 あえない最期を遂げた義経に人々が同情し、贔屓したこと から、「 ...
    gogen-allguide.com > ホーム > 「ほ」から始まる言葉
  3. 判官贔屓とは - はてなキーワード - はてなダイアリー
    判官贔屓」とは - 《ほうがんびいき・はんがんびいき》 弱者に対して「弱いから」と言う 理由で、えこひいきしてしまうこと。 ここで「判官」とは九郎判官義経のこと。源義経が兄 の頼朝に妬まれて滅んだことに、人...
    d.hatena.ne.jp > はてなキーワード > 一般
  4. 判官贔屓(ハンガンビイキ)とは - コトバンク
    デジタル大辞泉 - 判官贔屓の用語解説 - 「ほうがんびいき(判官贔屓)」に同じ。
    kotobank.jp/word/判官贔屓-606178
  5. 判官贔屓の読み方なんですが「ほうがんびいき」「はんがんびいき」どちらが ...
    判官贔屓の読み方なんですが「ほうがんびいき」「はんがんびいき」どちらが正しいの でしょうか? 「判官」の単独であれば【はんがん】と読むことはありますが、「九郎判官 義経」や「判官贔屓」の場合は【ほうがん】と読んでい...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 日本語
  6. 判官贔屓の意味って何?日本人が弱い方を応援する理由! | ニュース ...
    よく日本人は判官贔屓(ほうがんびいき)と言いますが、そもそも判官贔屓とはどういう 意味なのでしょうか? また、なぜ日本人は判官贔屓なのでしょうか? 今回は判官贔屓 の意味と、日本人が判官贔屓な理由についてお伝えします。
    yahuhichi.com > ニュースと共に生きる TOP > 投稿
  7. 判官贔屓」 の正しい読み方: tak shonai's "Today's Crack" (今日の一撃)
    判官贔屓」 の正しい読み方. 「ユニークな語釈」 とやらで人気のある 『新明解国語辞典』 (三省堂) だが、私はかなり批判的である。マイクロソフトの辞書ソフト、"Book Shelf Basic" の国語辞書に採用されているのも、本当は気に入らない。 今日、また気に入ら ない語釈を発見してしまったので、ここでイチャモンをつけたい。 何が気に障ったのか というと、「判官贔屓」 である。これを 「ほうがんびいき」 の読みで引くと、なんと、"「はん がんびいき」の老人語" と出てくるのである。とんでもない乱暴な語釈である。
    tak-shonai.cocolog-nifty.com/crack/2005/03/_.html
  8. 判官贔屓 - 故事ことわざ辞典
    判官贔屓の意味・英語表現・由来・類義語・対義語・用例・出典を解説。
    kotowaza-allguide.com > ホーム > 「ほ」から始まる句
  9. 判官」の読み方は? | ことば(放送用語) - 放送現場の疑問・視聴者の ...
    歌舞伎や浄瑠璃に登場する「~判官」の読みは以下のとおりです。* [ハンカ゚ン]・・ 『 仮名手本忠臣蔵』の「塩谷判官<えんやはんがん>」『小栗判官車街道』、『オグリ』の「 小栗判官<おぐりはんがん>」[ホーカ゚ン]・・ 『勧進帳』などの源「九郎判官<くろう ほうがん>」義経。源義経を「判官<ほうがん>」というのは、義経が検非違使の「尉< じょう>」という職位にあり、「尉」の別称が「判官」だったためとされています。「判官贔屓 (ほうがんびいき)」ということばも、兄頼朝に冷たく扱われる悲運・薄命の武将 ...
    www.nhk.or.jp > ... > 放送現場の疑問・視聴者の疑問
  10. 判官びいき
    判官びいきという言葉がある。衆知のように夭折した源義経を自然にかばう日本人特有 の心情である。確かに日本人は、義経のように悲劇性をはらんだ人物に強く惹かれる 傾向がある。 私自身、スポーツを観ていても、いつの間にか弱い者を応援している自分 に気付くことがある。この「判官びいき」を、もう少し厳密に定義すれば、本来才能があり 余るほどありながら、その才能が開花しないままに終わってしまったような人物を、自然 にかばってしまう日本人特有の優しい心情とでも言えるだろうか。 広辞苑には「源義経を 薄命 ...
    www.st.rim.or.jp/~success/y_e1.htm
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.