Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

効果量 二要因分散分析 対応あり で検索した結果 1~10件目 / 約976,000件 - 0.39秒

ウェブ

  1. 研究論文における効果量の報告のために ―基礎的 ... - Atsushi Mizumoto
    論文のうち,記述統計や相関分析以外の統計的手法が用いられている22本では,効果 の. 報告が行 ..... この式から明らかなように,η2 では,全体における,ある要因の 占める割合(分散説明率)が ... (2) 重回帰分析 f 2 .02 .15 .35 r .10 .30 .50. (3) t 検定 (t‐test). 対応あり・. なしともに同じ d .20 .50 .80 η2 .01 .06 .14 ... (5) 二元配置分散 分析.
    www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  2. 効果量と検定力分析入門 ―統計的検定を正しく使うために― 水本 篤 ...
    相関分析 r .10 .30 .50. 重回帰分析. R2 .02 .13 .26 f 2 .02 .15 .35. t 検定 (t‐test) r と d は. 対応ありの場合. は注意 r .10 .30 .50 d .20 .50 ... 従属変数ごとの. 分散分析. 主 効果,交互作用,多重比較の効果量は他の分散分析と同じ. カイ 2 乗検定 (χ. 2 test). 2 ×2 の分割表 φ (= w) .10 ..... 対応のある要因. ANOVA: Repeated measures, within factors で検定力算出. Effect size f: 0.25(効果量中) α error prob: 0.05. Power (1–β  ...
    www.mizumot.com/method/mizumoto-takeuchi.pdf
  3. 反復測定分散分析における効果量
    2. 分散分析効果量の基本的な指標:. (分散説明率). (より正確な母集団推定値). ここで,. SS=平方 ... 被験者内と被験者間の要因を比べるとき,. 被験者内要因効果 を不当に高く推定. Error. Effect. Effect p. SS. SS. SS. +. = 2 η.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../effect.pdf
  4. R言語で統計解析入門: 効果量(effect size・効果の大きさ・エフェクト ...
    (2) 対応のある群の差の効果量計算 Cohen's d (g) = 平均値の差/差得点の不偏標準 偏差値 ... (2) 対応あり・標本数が同じ一元配置の分散分析効果量計算 ..... η2 = SSa / SSt = 群間(要因)の平方和/全体の平方和 = R2 (決定係数) (式 3.44)p78
    monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/r_analysis/effect_size_01.html
  5. 『認知科学』における効果量と検定力,その必要性 - J-Stage
    t 検定と分散分析を中心に解説し,さらに,これま. で『認知科学』に掲載された論文に 対し検定力分析. を行った結果を示す. 2. .... 対して有効な分析であり,有意差が出る ように標本 ... これらが t 検定における効果量の大きさの目. 安となっている. 表 1 t 検定 の必要標本数 d = 0.2 d = 0.5 d = 0.8. 対応なし ...... ここでは,多要因分散分析につい. て検定力分析の具体的な方法を説明する.多要因分. 散分析の要因 A の母効果量 f は  ...
    www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/18/1/18_1.../ja
  6. 心理学研究 における効果量・検定力・ 必要標本数の展望的事例分析
    内の数値は,両群を合わせた場合の標本数を示してい. る。 2分散分析については,多 要因分散分析要因 A. の母効果量 f は以下 .... 分散分析. Mdn. 0.11. 0.46. 0.86. M. 0.17. 0.52. 0.75. Table 4 t 検定の標本効果量. 全体. 対応あり 対応なし. Min. 0.000.
    www.jstage.jst.go.jp/article/jjpsy/83/1/83_51/_pdf
  7. 分散分析における効果量の計算 | Sunny side up! - 清水裕士
    平均値の差の検定(t検定)の効果量d族の効果量とは,Cohenのdをはじめ,2群の 平均値の差を標準化した効果量のこと ... つまり,2群というのは対応ある場合だと2変数 になりますが,同じようにプールされた標準偏差を計算して,効果量を計算できます。 ... 2要因以上の場合でも,すべてが参加者間要因であれば,1元配置分散分析と同じよう な方法で計算ができ,誤差項の平均 ... 頻度主義統計、ベイズ統計、統計モデリング からみた「真値」【追記あり】 · 自動微分の話と、madnessパッケージの紹介 ...
    norimune.net/1512
  8. 効果量 - Researchmap
    効果量……聞いたことありますね? • もう少し詳しく勉強しよう. • 論文で報告する頻度が 増えてきたので,求め. 方も知ってお .... r族の効果量. • 回帰分析. – yの分散のうち,xで 説明できる分散とできない分. 散を考える. • σ. 2分散,yハット = x. 25. 独立変数 x ... r 族の効果量. • SS(平方和)おさらい. – 全体の平方和. • SSt = Σ( x – 全体平均). 2. – 要因Aの平方和. • SSa = Σ( (各群の平均値 – 全体平均). 2 ×各群のn ).
    researchmap.jp/%3Faction%3Dmultidatabase_action_main_ ...
  9. 効果の 有無 効果の 大きさ - 専修大学
    ଶ. 1要因被験者内ANOVA. 要因の. 分散 ஺. ଶ. 誤差分散 ா. ଶ. 被験者の. 分散 ௌ. ଶ. 1要因被験者内の分散分析. r族の母効果量:被験者内や2要因以上. 63. 要因Aの. 分散 ஺. ଶ. 誤差分散 ா. ଶ. 交互作用AB. の分散. ୅୆. ଶ. 全分散 ்.
    www3.psy.senshu-u.ac.jp/~ken/DevPsy2015_okada.pdf
  10. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般的によく用いられる分散分析効果量の指標としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2( 偏オメガ二乗)があります。 しかし,他の多くの統計手法がそうであるように,これらの 指標もまた反復測定デザインには適切に対応していないのです。
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.