Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

効果量 分散分析 被験者内効果 で検索した結果 1~9件目 / 約120,000件 - 0.31秒

ウェブ

  1. 反復測定分散分析における効果量
    3. 偏η2と偏ω2. 3. 他の独立変数の個数やそれらの有意性に. よる影響を除いた指標. ここで,. N=データ数. 被験者内と被験者間の要因を比べるとき,. 被験者内要因の 効果量を不当に高く推定. Error. Effect. Effect p. SS. SS. SS. +. =.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../effect.pdf
  2. 統計的検定における検定力と効果量 - 教育認知心理学講座
    本日の発表内容. ・t検定と分散分析. ・「平均」の比較と「分散分析. ・分散分析の復習. ・検定力. ・効果量. 1. Page 3. t検定と分散分析. ・ t検定 ... Page 8. 分散分析. 7. ○ 分散分析表(2要因被験者内). Page 9. 分散分析. ○ 平均平方.
    cogpsy.educ.kyoto-u.ac.jp/personal/Kusumi/.../utsumi.pdf
  3. 研究論文における効果量の報告のために ―基礎的 ... - Atsushi Mizumoto
    キーワード: 効果量,統計的検定,検定力,サンプルサイズ,メタ分析. Keywords: effect ... 論文のうち,記述統計や相関分析以外の統計的手法が用いられている22本 では,効果量の. 報告が行われているの ... するかを証明するためには,t 検定や分散 分析(ANOVA)などの分析を行い,基準として p. 値が 0.05 ... サンプル数,あるいは 被験者数)が大きくなればなるほど,統計的に有意であるという結果に. なりやすい ... < . 05),実質的効果があまりない効果量が小さい)場合もあれば,有意差がなくても(p. > .05),効果量 ...
    www.mizumot.com/files/EffectSize_KELES31.pdf
  4. 効果量と検定力分析入門 ―統計的検定を正しく使うために― 水本 篤 ...
    いう,主張したいこととは逆の仮説をとりあえず立てて,その「平均値の差がない」確率. が低い場合には,「平均 ..... 分散分析. 主効果,交互作用,多重比較の効果量は他の 分散分析と同じ. カイ 2 乗検定 (χ. 2 test). 2×2 の分割表 φ (= w) .10 .30 .50. 2×2 以外 .
    www.mizumot.com/method/mizumoto-takeuchi.pdf
  5. ANOVA君/反復測定デザインにおける効果量 - 井関龍太のページ
    一般的によく用いられる分散分析効果量の指標としては,ηp2(偏イータ二乗)とωp2( 偏オメガ二乗)があります。 ... これらの指標を用いた場合には,被験者間計画で得られ た効果と反復測定要因を含む計画(被験者内計画と混合要因計画) ...
    riseki.php.xdomain.jp/index.php? ...
  6. 効果量 - Researchmap
    効果量: サンプルサイズの影響を受けない,. より純粋な効果の ... 分散分析効果量 η2. 6 ... 号が得られる確率を示す. • 現状,2群のt検定以外の場面では用いられ. てい ない。ただし今後は様々なものが提案さ .... ANOVA(1要因被験者内).
    researchmap.jp/%3Faction%3Dmultidatabase_action_main_ ...
  7. 『認知科学』における効果量と検定力,その必要性 - J-Stage
    においても,t 検定の標本効果量 ˆd や分散分析にお. ける標本効果量 .... ものではない . これまでの研究論文では,実質科学的な差を表す. 指標として有意差を実験の結論 として扱っているも. のが多い. ..... 有意差が検出される必要標本数は,被験者分析 では.
    www.jstage.jst.go.jp/article/jcss/18/1/18_1.../ja
  8. R言語で統計解析入門: 効果量(effect size・効果の大きさ・エフェクト ...
    差得点の効果量 同一被験者を使用し,介入行う前後で2回測定を行う.A群が事前・B 群が事後の2群の結果を比較する場合などである. ・分母は,対応のないA・Bの2群で 用いた「2群のプールした分散」を使用せずに,「2群の得点差の不偏分散」を使用する
    monge.tec.fukuoka-u.ac.jp/r_analysis/effect_size_01.html
  9. 効果の 有無 効果の 大きさ - 専修大学
    ଶ. 1要因被験者内ANOVA. 要因の. 分散 ஺. ଶ. 誤差分散 ா. ଶ. 被験者の. 分散 ௌ. ଶ. 1要因被験者内分散分析. r族の母効果量被験者内や2要因以上. 63. 要因Aの. 分散 ஺. ଶ. 誤差分散 ா. ଶ. 交互作用AB. の分散. ୅୆. ଶ. 全分散 ்.
    www3.psy.senshu-u.ac.jp/~ken/DevPsy2015_okada.pdf
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.