Yahoo! JAPAN

検索設定 - この検索結果ページについて

勧請するとは で検索した結果 1~10件目 / 約283,000件 - 0.25秒

ウェブ

  1. 勧請(かんじょう)とは - コトバンク
    ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 勧請の用語解説 - 仏教用語。「勧め請う」意。 (1) 本来,真心こめて仏に願って説法を請い,仏が永遠にこの世にあって人々を救って くださるようにと請願する意。 (2) 日本では,仏神の霊や像を寺社に新たに迎えて奉安 ...
    kotobank.jp/word/勧請-48893
  2. 勧請(かんじょう)の意味 - goo国語辞書
    かんじょう【勧請】とは。意味や解説、類語。[名](スル)1 神仏の来臨や神託を祈り願う こと。また、高僧などを懇請して迎えること。2 神仏の分身・分霊を他の地に移して祭る こと。「熊野権現 (くまのごんげん) を勧請する」 - goo国語辞書は29万語以上を収録。
    dictionary.goo.ne.jp > ... > 仏教・儒教・ヒンズー教など
  3. 勧請の意味とは?勧請とは何か、解説いたします|終活ねっとのお坊さん
    2018年5月26日 ... 勧め請うという意味の仏教用語です。本来の「勧請」とは仏様がいつでもこの世におられ て人々を教え導いてくださるようにお願いすることです。また、高層などを懇請して迎える ことです。釈迦が悟りを開いたとき、梵天がきて法を説くように請い ...
    syukatsulabo.jp > ... > 終活ねっとのお坊さん > 法事に関する用語一覧
  4. 勧請する(かんじょうする)」の意味や使い方 Weblio辞書
    勧請する」はサ行変格活用の動詞「勧請する」の終止形のこと。Weblio辞書では「勧請 する」の意味や使い方、用例、類似表現などを解説しています。
    www.weblio.jp/content/勧請する
  5. 勧請(かんじょう)の意味や使い方 Weblio辞書
    勧請」の意味は神仏の来臨を請うこと。Weblio辞書では「勧請」の意味や使い方、用例 、類似表現などを解説しています。 ... かんじょう 【勧請】. 勧め請うことで、至誠の心で仏 の化導を請願することだが、転じて仏神を祭ることをもいう。また寺院建立にさいして、 ...
    www.weblio.jp/content/勧請
  6. 分霊 - Wikipedia
    分霊(ぶんれい、わけみたま)とは、神道の用語で、本社の祭神を他所で祀る際、その神 の神霊を分けたものを指す。 目次. 1 語法. 1.1 勧請. 2 個別の事例. 2.1 八幡神社; 2.2 靖国神社. 3 降神・昇神; 4 関連項目. 語法[編集]. [icon]. この節の加筆が望まれてい ます。 分霊を他の神社に移すことを勧請(かんじょう)という。神道では、神霊は無限に 分けることができ、分霊しても元の神霊に影響はなく、分霊も本社の神霊と同じ働きを するとされる。
    ja.wikipedia.org/wiki/分霊
  7. 勧請(かんじょう)とは?仏教に由来する神道の用語の意味を解説 ...
    勧請(かんじょう)」とは仏陀に請い願うときに用いられる仏教用語ですが、日本では神仏 習合の歴史を経る中で、神道の用語として独特な広がり方をしました。勧請されて全国 に浸透した神社の隆盛からは、ご利益を求める人々の営みがうかがい知れます。
    amaterasu49.media > トップ > 意味解説 > 神道用語
  8. 勧請(かんじょう)とは… | 用語集|住職|本光寺案内|本光寺《公式》
    勧請(かんじょう)とは… 「勧め請う」ということで、仏に永くこの世に住して法を説き衆生 を救済せんことを勧め請うたり、仏菩薩等に道場に影現して証誠せんことを勧め請うたり する。 神仏の威霊や尊像などを招請して寺社等に安置することも勧請といい、また法要  ...
    www.honkouji.com/glossary/show/71
  9. 「分霊」と「勧請」は違うのですか? - もともと、仏神の加護を願うことを勧請...
    勧請という用語が本地垂迹により本地仏である神道の神にも使われるようになって、今 ではむしろ神道用語として多用され ... 分霊といえば御霊分け(みたまわけ)をする事を 指し、勧請は別の土地なり、自宅なりに分け御霊を招き入れる事をさし ...
    detail.chiebukuro.yahoo.co.jp > ... > 宗教
  10. 神社人 - 神社用語(勧請
    神仏の分霊をお願い、迎えまつること。遠方の神社に祀られている神様を自社、 あるいは、地元地域に迎え、奉ること。かつて、ご分霊を勧請する際には、神馬(しんめ) の背中に、ご神体を乗せ、移動していたという。 (例)京都の伏見稲荷神社より倉稲魂命 ( ...
    jinjajin.jp/modules/contents/index.php?content_id=19
  1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  次へ »
検索設定 - この検索結果ページについて

Copyright (C) 2019 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.